李豊女クロサムパプ(이풍녀 구로쌈밥) - エリア情報 - 韓国旅行情報

李豊女クロサムパプ(이풍녀 구로쌈밥)

李豊女クロサムパプ(이풍녀 구로쌈밥)

0m    4514     2016-12-05

慶尚北道 慶州市 瞻星路155
+82-54-749-0600、0060

「クロサムパプ」は、故郷の家のように心安らぐ空間で、おふくろの味を味わえるお店です。丹精込めて作られる料理をリーズナブルな価格で味わえます。店主の李豊女(イ・プンニョ)さんは、1996年5月に韓国伝統文化保存会から伝統文化保存名人長に選定されています。おいしい慶州サムパプ(野菜包みご飯)を味わえることから、マスコミでも紹介され、今では慶州の名所となっています。

新羅音祭り・エミレ展(신라소리축제 에밀레전)

新羅音祭り・エミレ展(신라소리축제 에밀레전)

69m    827     2020-09-23

慶尚北道 慶州市 瞻星路 147
+82-53-427-5114

2012年に始まった新羅音祭り・エミレ展は仏教放送が主催し文化体育観光部と慶尚北道、慶州市、仏国寺などの後援により開催されます。お祭りは慶州瞻星台芝生広場で6トンにもなるエミレ模型の鐘つきや大鐘つき体験、新羅文化体験、新羅看燈会再演など様々なプログラムが行われます。新羅音祭り・エミレ展は現存する世界の鐘の中でも最も美しく、純粋な韓国伝統方式で作られた聖徳大王神鐘の価値を伝える意味合いもあります。

新羅文化体験場(신라문화체험장)

新羅文化体験場(신라문화체험장)

71m    877     2017-04-26

慶尚北道 慶州市 瞻星路 147

新羅文化院では大陵苑と瞻星台の間の約992m²(300坪)の敷地に、慶州ならではの特性を生かした様々な文化体験ができる新羅文化体験場をつくりました。文化財の形のチョコレート作り、金冠作り、凧作り、国楽公演などの伝統体験が可能です。

慶州東部史跡地帯(경주 동부 사적지대)

慶州東部史跡地帯(경주 동부 사적지대)

108m    624     2018-03-28

慶尚北道 慶州市 瞻星路 157

慶州東部史跡地帯は慶州を代表する史跡が数多くある地域で、東西は雁鴨池から校洞まで、南北は半月城南方の南川から古墳公園前の瞻星路に至る広大な範囲に及びます。

この地域は新羅の王都の中心部であったため、半月城、雁鴨池、瞻星台、鶏林など重要な遺跡が集中しているほか、新羅17代の王・奈勿王をはじめとした数十に達する新羅時代の古墳が完全か形で密集しているところでもあります。

また、この地域の地面の下には盛り土がなくなった多くの古墳があるものと推測されています。この地域は慶州でも新羅の昔の姿をよい形で保存している地域でもあります。

史跡地域となっている一帯の面積は668,121平方メートル(約2万坪)です。


慶州 瞻星台(경주 첨성대)

慶州 瞻星台(경주 첨성대)

189m    42816     2020-07-01

慶尚北道 慶州市 瞻星路140-25

「瞻星台(チョムソンデ)」は東洋で現存する最も古い天文台です。新羅27代の善徳女王の時に作られた天文台で、空に現れる日を観測して星の位置を知るために作られました。直線と曲線が調和している石造建築物で1962年12月20日に国宝第31号に指定されました。
瞻星台の形は円筒形で大きさ30センチメートルの石362個を27段重ねて作られました。下から4.16メートルになる地点に一辺が1メートル四方の出入口がありその下に梯子をかけた跡が残っています。内部は12段まで土に埋まっており19段、20段と25段、26段の2ヶ所に内部で「井」の字の形をした長い石がかかっており、その両側が外に突き出ています。
全体の高さは9.17メートルで、下の石の一辺の長さが5.35メートルになっています。春分、秋分、冬至、夏至等の24節気を星を通して測定し井字石を東西南北の方位をさす基準にしたものと推測されます。
瞻星台を作る時に362個の石が使われましたが、これは1年を陰曆で計算してでる日数を象徴しています。

小説斎(瞻星台店)[韓国観光品質認証](소설재(첨성대점)[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

小説斎(瞻星台店)[韓国観光品質認証](소설재(첨성대점)[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

357m    77     2019-01-14

慶尚北道 慶州市 鮑石路1050番キル 46
+82-70-7357-7412

慶尚北道慶州市(キョンジュシ)瞻星台(チョムソンデ)そばの道にある小説斎(ソソルチェ)は伝統韓屋に最新施設を兼ね備えた宿泊施設です。板の間や瓦屋根など韓屋の趣が感じられる韓屋で、よく手入れされた中庭には古の時代からある井戸が当時そのままの状態であり、客人を静かにお迎えします。

全客室トイレを兼ねた浴室があり、冷暖房施設も完備、ご宿泊の方々にご不便のないよう配慮しています。
2名様から最大4名様までご宿泊可能な平屋の客室は全11室あり、広さも造りも少しずつ異なっています。
敷地入口の大門横にある離れの建物の客室には最大6名様までご宿泊が可能で、簡単な茶菓子を楽しむことができる空間もあります。入口には小説斎カフェが併設されています。

瞻星台や大陵苑、皇龍寺址など慶州の観光スポットにも近く、慶州駅や慶州高速バスターミナルへのアクセスもよい場所にあります。

慶州 奈勿王陵(경주 내물왕릉)

慶州 奈勿王陵(경주 내물왕릉)

362m    3616     2020-04-03

慶尚北道 慶州市 校洞
+82-54-779-6100

「慶州奈勿王陵(キョンジュネムルワンヌン)」は慶州郷校の北側に位置する丘の上にある大型の丸い土墳です。墓の底面や周りに自然石の稜がありますが、これは武烈王陵の場合と同じでその中に別の護石が設置されていると推測されています。三国史記には奈勿王の葬地に関する記録はありませんが、三国遺事に瞻星臺は南西にあると記録されており現在の位置と一致します。また初期の王陵としては比較的綺麗な形で現存しています。
保護区域1万2818平方メートル、底径22メートル、高さ5.3メートル

ナドゥル韓屋 [韓国観光品質認証] (나들한옥 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

ナドゥル韓屋 [韓国観光品質認証] (나들한옥 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

382m    41     2019-12-05

慶尚北道 京州市 チョクセムキル4-1
+82-54-777-7738

慶州市にある瞻星台(チョムソンデ)から徒歩1分のところにあるナドゥル韓屋は、2018年に新しくオープンしたばかりの宿泊施設です。環境に優しい伝統韓屋の建築様式を可能な限り用いており、木や土などの自然の素材に癒されるだけでなく、コの字型の建物が安心感を与えてくれます。さらに八作屋根と瓦が織りなす曲線は、伝統韓屋の悠々たる美を感じさせます。ナドゥル韓屋には全7室の客室があり、このうち「カラム」・「カヨン」・「ヌリ」のお部屋は50,000ウォン(2名様、閑散期)と、お手頃な料金で韓屋を体験できます。すべての客室にはトイレ兼浴室が付いており非常に便利で、客室ごとに温度調節ができるため、常に快適に滞在できます。宿泊者に無料で提供される朝食も、健康的な食材を使った手軽なメニューで好評です。メニューはもち麦パン、フルーツ、コーヒー、ジュース、ゆで卵、ビスケットなどで、都合によって変更されることもあります。朝食は午前8時から9時の間のご希望時間を前もって伝えておけば、部屋の前まで運んでくれます。 ナドゥル韓屋は近くの有名な観光地まで歩いて移動ができるのはもちろん、宿のそばにコンビニエンスストア、ファストフード店、レンタサイクル、韓服レンタルショップなどもあり、さらに便利で楽しい旅ができる嬉しい宿です。

慶州 鶏林(경주 계림)

慶州 鶏林(경주 계림)

384m    15357     2020-07-29

慶尚北道 慶州市 校洞
+82-54-779-8743

瞻星台と月城の間に位置しており、史跡第19号に指定されています。慶州金氏の始祖、閼智が誕生したという伝説がある由緒深い場所で、このような話が残されています。新羅脱解王の時に、瓠公がこの林の中で鶏の鳴き声を耳にしたので、声が聞こえる方に近寄ってみると、木の枝に金の装飾がほどこされた櫃が引っかかって、光を放っていました。このことを王に話すと、王は自ら林へ行き櫃を下ろし、ふたを開けると中から男の子が出てきたので、この子の姓を金、名前を閼智とつけ、もともと始林、鳩林と呼ばれていたこの林のことを「鶏林(ケリム)」と呼ぶようになったと伝えられています。鶏林は、新羅の国号としても使われました。丸く広がっている林には、ケヤキの木などの古木が鬱蒼と茂っており、北から西にかけては小川が流れています。王は閼智を皇太子に任命しましたが、後に朴氏王族である婆娑王に王位が継承されたため、王位に就くことはできませんでした。後の時代、奈勿王の時より新羅金氏が王族となりました。境内にある碑は、朝鮮純祖3年(1803)に建てられたもので、金閼智誕生についての記録が刻まれています。大陵苑-鶏林-半月城と続く散策路の周辺には春になると黄色いアブラナが咲き、趣を一層深めてくれます。

慶州郷校(경주향교)

慶州郷校(경주향교)

519m    542     2020-08-11

慶尚北道 慶州市 校村アンキル 27-8

慶州郷校(キョンジュヒャンギョ)は、創建年未詳となっていますが、高麗時代に儒学の先賢・賢儒の位牌を祀り、地元の中等教育や地方に住む人々の教化を図る目的で創建されました。新羅時代の神文王(シンムナン)2(682)年に、教育と儀礼を司る礼部(イェブ)に属する教育機関・国学が設置された場所と言われています。
その後朝鮮時代に入り、慶州郷校は、1492(成宗23)年慶州を治めていた官庁の長・慶州府尹(キョンジュブユン)の崔応賢(チェ・ウンヒョン)が重修を行いました。
しかし、壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)の際、位牌を安置する大成殿(テソンジョン)が焼失、中にあった位牌を道徳山(トドクサン)斗徳庵(トゥドガム)に一旦移し、1600(宣祖33)年になり当時の慶州府尹・李時発(イ・シバル)が大成殿と典祀庁(チョンサチョン)を重建し、位牌を元に戻したといいます。
1614(光海君6)年には府尹の李安訥(イ・アンヌル)が明倫堂(ミョンニュンダン)の重修を行い、また同時に建物の東西に対称になるよう両廡を重建、続いて1668(顕宗9)年には補修も行いました。
慶州郷校は慶尚北道(キョンサンプクド)有形文化財第191号に指定されており、現存する建物としては、大成殿・明倫堂・東廡・西廡・典祀庁・内神門(ネシンムン)などがあります。
正面3間、側面3間の切妻屋根となっている大成殿には儒教の五聖、宋朝二賢、韓国の十八賢の位牌が祀られています。
この慶州郷校は朝鮮時代には国から田畑や奴婢・典籍などを支給され、教官が教生を教える教育機関としてその役目を果たしていましたが、現在では教育的機能はなくなっています。
慶州郷校では春と秋に孔子や儒教の先哲を祀る釈奠を行い、また月初めの1日と月の真ん中の15日に香を焚いていますが、郷校の責任者に当たる典校1人と掌議数人がこれを行っています。

淑英食堂([백년가게]숙영식당)

淑英食堂([백년가게]숙영식당)

545m    229     2019-08-28

慶尚北道 慶州市 鶏林路60
+82-54-772-3369

[中小ベンチャー企業部2019年[百年店(ペンニョンカゲ)」に選定]

慶州(キョンジュ)観光の要所・天馬塚(チョンマチョン)や瞻星台(チョムソンデ)そばにある「淑英食堂(スギョンシクタン)」は黄土色の外観や草葺屋根の建物が田舎の雰囲気をかもし出す韓食堂です。

食事のメニューは2種類あり、麦飯にナムルやコチュジャンを混ぜて食べる「チャルポリパプ定食」(2人以上から注文可能)や、同じチャルポリパプにおかずが数種類追加で出てくるお一人様向けの「ナホルロ(おひとりさま)定食」があります。
「パジョン」や「タニシとツルニンジンの和え物」は酒の肴として人気のメニューですが、食事のときに注文してもおすすめの一品です。
チャルポリパプや代々引き継がれてきたこの店秘伝の方法で醸造されたトンドンジュ(濁酒)は食事の後でもお腹に残らないすっきりした味わいで人気です。
いずれの料理も慶州市乾川(コンチョン)地域のもち麦・チャルポリやもち米、スンドゥブ(おぼろ豆腐)など、韓国産の素材にこだわった料理となっています。

慶州歴史遺跡地区[ユネスコ世界文化遺産](경주역사유적지구[유네스코 세계문화유산])

567m    28003     2020-03-05

慶尚北道 慶州市 太宗路757
+82-54-779-6100

2000年11月、ユネスコ世界文化遺産に登録された「慶州(キョンジュ)歴史遺跡地区」は、新羅時代の古都である慶州の歴史と文化がそのまま残された遺跡地域です。
遺跡の性格によって、5つの歴史遺跡地区に分かれています。まず、新羅の仏教美術の宝庫である南山地区です。慶州の南山は野外博物館と言われるほど、新羅の息遣いが聞こえることろで、新羅王朝が終わりを遂げた鮑石亭や塔谷の磨崖彫像群、天龍寺址の三層石塔、七仏庵の磨崖石仏、仏谷の石仏坐像など、37の仏教遺跡があります。
次に、新羅千年王朝の王宮であった月城地区です。鶏林、新羅王宮の別宮であった東宮と月池、そして東洋最高の天文施設である瞻星台などがあります。
3つ目は新羅王や王妃、貴族たちの古墳群分布地域である大陵苑地区です。区画によって、路東里古墳郡、路西里古墳群、皇南里古墳群、五陵古墳群、財買井などがあり、墓の発掘調査で当時の生活を把握できる金冠、天馬図、土器など、貴重な遺跡が出土しました。
4つ目は新羅仏教の精髄である皇龍寺地区で、皇龍寺や芬皇寺の石塔が保存されています。そして、5つ目は王京の防御施設である山城地区で、400年前につくられたと推定される明活山城が含まれています。

※慶州歴史遺跡地区には計52の指定文化財が、世界文化遺産地域に含まれています。
南山地区(史跡第311号)
菩提寺磨崖石仏(地方有形文化財第193号)、弥勒谷石仏坐像(宝物第136号)、茸長寺谷三層石塔(宝物第186号)
石仏坐像(宝物第187号)、茸長寺址磨崖如来坐像(宝物第913号)、天龍寺址三層石塔(宝物第1188号)
南澗寺址 幢竿支柱(宝物第909号)、南澗寺址石井(地方文化財資料第13号)、慶州南山里三層石塔(宝物第124号) 慶州拜里石仏立像(宝物第63号)、潤乙谷磨崖仏坐像(地方有形文化財第195号)、三陵(史跡第219号)
仏谷石仏坐像(宝物第198号)、神仙庵磨崖菩薩半跏像(宝物第199号)、七仏庵磨崖石仏(宝物第200号)
塔谷磨崖彫像群(宝物第201号)、慶州南山三陵渓石造如来坐像(宝物第666号)
三陵渓谷磨崖観音菩薩像(地方有形文化財第19号)、三陵渓谷磨崖石迦如来坐像/線刻如来坐像(地方有形文化財第158号/159号)
三陵渓谷線刻六尊仏(地方有形文化財第21号)、笠谷石仏頭(地方有形文化財第94号)、寝息谷石仏坐像(地方有形文化財第112号)
列岩谷石仏坐像(地方有形文化財第113号)、薬水渓谷磨崖立仏像(地方有形文化財第114号)
白雲台磨崖石仏立像(地方有形文化財第206号)、鮑石亭址(史跡第1号)、慶州南山城(史跡第22号)、書出池(史跡第138号)
逸聖王陵(史跡第173号)、定康王陵(史跡第186号)、憲康王陵(史跡第187号)
奈勿王陵(史跡第188号)、祇摩王陵(史跡第221号)、景哀王陵(史跡第222号)、慶州蘿井(史跡第245号)
慶州南山洞石造龕室(地方文化財資料第6号)

月城地区
鶏林(史跡第19号)、慶州月城(史跡第16号)、東宮と月池(史跡第18号)、瞻星台(国宝第31号)
奈勿王陵鶏林月城地帯(史跡および名勝第2号)


大陵苑地区
味鄒王陵(史跡第175号)、慶州大陵苑一帯(史跡第512号)、五陵(史跡第172号)
東部史跡地帯(史跡第161号)、財買井(史跡第246号)

皇龍寺地区
慶州皇龍寺址(史跡第6号)、慶州芬皇寺模塼石塔(国宝第30号)


山城地区
慶州明活城(史跡第47号)