レジャー - 韓国旅行情報

麗水海洋レールバイク(여수 해양레일바이크)

麗水海洋レールバイク(여수 해양레일바이크)

2065     2020-09-22

全羅南道 麗水市 望洋路 187
+82-61-652-7882

麗水(ヨス)海洋レールバイクは、全長3.5キロメートルの見晴らしのよい海岸線の線路を走るレールバイクで、トンネルありの全区間海辺のコースとなっており、素晴らしい海辺の風景も同時に楽しめます。50台ほどあるレールバイクはスタイリッシュなデザインかつ、安全性及び快適さも追求したつくりとなっています。

[南海パレキル1コース]タレンイ・チケッキル/棚田・背負子道([남해 바래길 1코스] 다랭이지겟길)

[南海パレキル1コース]タレンイ・チケッキル/棚田・背負子道([남해 바래길 1코스] 다랭이지겟길)

238     2020-09-22

慶尚南道 南海郡 南面 平山里

南海に暮らすお母さんたちは海を生活の糧と考えています。家族の日々の暮らしのためにお母さんたちは引き潮を待って、ザルや熊手を持って干潟や磯に出向き、海草やテナガダコ、マダコ、貝を獲って来ます。その海の幸を素材に、汁物を作ったり、火を通して和え物を作り食卓のおかずに、あるいは天日干しにしてお弁当のおかずに使ったり、残ったものは嫁に行った娘の家に送ったりしています。このように自分が必要なだけ海から獲ってきて普段の暮らしに必要な分だけを獲ってくることを、ここでは「パレ(바래)」と言っています。そんなパレの風習が残るこの地域にある南海パレキルはこのような南海の人々のしたたかな生命の力が宿っている暮らしの道です。
南海パレキルは単に歩くだけでのトレッキングコースではなく、古の人々の暮らしぶりを学べる様々な体験(チゲ=背負子=体験、タレンイノン=棚田=体験、漁村体験、パレ体験など)が出来たり、地元の人々の暮らしを実感できるそんな道です。
「[南海パレキル1コース]タレンイ・チゲッキル/棚田・背負子道」は、平山港(ピョンサンハン)の港を起点に、沙村(サチョン)海水浴場を経て名勝第15号・加川(カチョン)タレンイ村まで続く海岸線を散策する道です。南海の美しい自然の下、その昔苦しい生活環境を克服するため山の斜面を削り作った平地や段々畑、棚田を横目で見ながら、海沿いに続くチゲッキル・背負子道を歩いていると、この地に住んでいた古の人々のたくましい暮らしぶりをあちらこちらで実感することができます。
なおこのコースの全長は約16キロメートルで所要時間は約5時間です。

東海ノンゴルダムキル(灯台壁画村)(동해 논골담길(등대 담화마을))

東海ノンゴルダムキル(灯台壁画村)(동해 논골담길(등대 담화마을))

3044     2020-09-22

江原道 東海市 日出路 97

ノンゴルダムキルは1941年に開港した墨湖港の歴史と村の人々の暮らしのストーリーが込められたところで東海文化院が主管した2010年高齢者生活文化伝承事業墨湖灯台談話村「ノンゴルダムキル」プロジェクトを皮切りに地域のお年寄りと芸術家が参加して現在の姿になりました。ノンゴルダムキルにはかわいらしいユニークなカフェが多く、散歩途中にひと休みすることもできます。

[江華ナドゥルキル第1コース]沁都歴史文化の道([강화 나들길 제1코스] 심도역사문화길)

[江華ナドゥルキル第1コース]沁都歴史文化の道([강화 나들길 제1코스] 심도역사문화길)

1217     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第1コース
沁都歴史文化の道は、江華バスターミナル~江華邑内~甲串墩台を結ぶ18キロメートルの区間で、朝鮮時代後期に哲宗が王の座につくまで住んでいた龍興宮や江華郷校、聖公会聖堂などを通ります。

[江華ナドゥルキル第2コース]護国墩台の道([강화 나들길 제2코스] 호국돈대길)

[江華ナドゥルキル第2コース]護国墩台の道([강화 나들길 제2코스] 호국돈대길)

837     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第2コース
護国墩台の道は甲串墩台を出発して草芝鎮までの約17キロメートルを結ぶ区間で、開港前後の列強との戦いを感じることができる点が魅力です。江華歴史博物館を出発し海岸に沿って歩くコースで、春、秋には美しい景色が楽しめます。コースの途中にある墩台には多くの歴史があります。引き潮のときには海岸の岩の道を歩くことができ、コースの途中にはフォトスポットもたくさんあります。

[江華ナドゥルキル第3コース]高麗王陵への道([강화 나들길 제3코스] 고려왕릉 가는 길)

[江華ナドゥルキル第3コース]高麗王陵への道([강화 나들길 제3코스] 고려왕릉 가는 길)

930     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第3コース
「高麗王陵への道」は温水公営駐車場から嘉陵までの16.2キロメートルを結ぶ区間で、高麗王陵を見ることができます。伝燈寺の東門を出発し、伝燈寺境内から、三郎城の北門へと抜け、散策路を過ぎ、温水聖公会から吉亭貯水池へと向かいます。高麗最高の書き手である李奎報の墓を過ぎ3基の高麗王陵を見て回るコースです。王陵の間にある森の散策路がおすすめです。

[江華ナドゥルキル第4コース]日暮れの村の道([강화 나들길 제4코스] 해가 지는 마을 길)

[江華ナドゥルキル第4コース]日暮れの村の道([강화 나들길 제4코스] 해가 지는 마을 길)

1026     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第4コース
「日暮れの村の道」は、嘉陵から望洋墩台まで11.5キロメートルを結ぶ区間です。外浦里のエビの塩辛の市場と望洋墩台の夕焼けを楽しめることから恋人同士にも人気のコースです。嘉陵を出発しヌンネリと霞逸里を通過する平坦な農村の道ですが、自分だけの楽しみを見つけるのも歩いて回る旅行の妙味です。乾坪ナルに入ると、埠頭の風景とカモメの饗宴と夕焼け、引き潮の際の水が渦を巻く様子も見どころです。

[江華ナドゥルキル第5コース]コビ峠の道([강화 나들길 제5코스] 고비고개길)

[江華ナドゥルキル第5コース]コビ峠の道([강화 나들길 제5코스] 고비고개길)

1208     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第5コース
「コビ峠の道」は江華バスターミナルから外浦旅客ターミナルまで20.2キロメートルを結ぶ区間で、昔の人たちが江華市場に行く道を復元したものです。この区間では森林浴も同時に楽しめます。
江華島を東西に結ぶこの道は、古川里から木こり達が重い荷物を背負ってコビ峠を越え江華市場へと歩いた道と、2つの貯水池の風景、運が良ければ素朴な田舎の市場を見ることもできます。徳山森林浴場と外浦市場は徒歩旅行の醍醐味が感じられるでしょう。

[江華ナドゥルキル第8コース]渡り鳥の道([강화 나들길 제8코스] 철새 보러 가는 길)

[江華ナドゥルキル第8コース]渡り鳥の道([강화 나들길 제8코스] 철새 보러 가는 길)

1313     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第8コース
「渡り鳥の道」は草芝鎮~分五里墩台(17.2キロメートル)の区間で、美しい江華島南端の海岸コースです。草芝鎮から黄山島魚市場を過ぎ、黄山島を回る散策路と、すがすがしい風の吹く堤防の道、そして干潟の渓谷と広々とした干潟があります。夏には爽やかな風景、冬には渡り鳥の渡来地である東検島周辺でマナヅルを見ることができます。

[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

1267     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第6コース
「江華生家への道」は、江華バスターミナルから広城堡を結ぶ区間です。全18.8キロメートルで、ターミナルを出るとすぐに広々とした田んぼ道に出ます。風で揺れる稲穂の道を抜けてトガム山に登っていくと、ツツジや生姜の花がたくさん咲いています。木の合間から見える青々とした田んぼは、自然が生み出した芸術作品のように美しい景色です。高在亨の故郷であるドゥドゥミ村は静かでのんびりとした農村です。

[江華ナドゥルキル第7コース]落照の道([강화 나들길 제7코스] 낙조보러 가는 길)

[江華ナドゥルキル第7コース]落照の道([강화 나들길 제7코스] 낙조보러 가는 길)

882     2020-09-21

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第7コース
「落照の道」は、ファド公営駐車場~干潟センター~ファド公営駐車場(20.8キロメートル)区間でファド公営駐車場を抜けると人の背丈ほど高く伸びた小麦畑があります。そこを過ぎ、上峰山のイルマンポキル(1万歩の道)に入ると、空を遮るほど生い茂った木の葉のトンネルに出会います。誰も足を踏み入れなかったかのようなこのトンネルの下にはテンナンショウ、ヒメザゼンソウなどが野生の花がたくさん生息しています。このトンネルを抜けると広大な干潟がパノラマのように広がっています。冬になると世界5大干潟と干潟センターで天然記念物のクロツラヘラサギなどの渡り鳥も見られます。

渼沙里競艇公園(미사리 경정공원)

渼沙里競艇公園(미사리 경정공원)

6524     2020-09-17

京畿道 河南市 渼沙大路505 渼沙里競艇公園
+82-31-790-8114

「渼沙里(ミサリ)競艇公園」は、1986年のアジア競技大会および1988年のソウルオリンピックにおいてボート競技やカヌー競技を行う場として造られた公園で、漕艇場(湖)を中心にサッカー場、足球場といった運動施設に加え、東屋、売店、レンタサイクル施設などを備え、市民から愛されるレジャー施設となっています。