文化 - 韓国旅行情報

ソウル市立美術館(서울시립미술관)

ソウル市立美術館(서울시립미술관)

26321     2019-02-15

ソウル特別市 中区 徳寿宮キル61

「ソウル市立美術館(ソウルシリプミスルグァン)」は、主に韓国の現代美術品を6つの展示館で展示しています。美術館はもちろん、近くに位置する徳寿宮トルダムギルで散歩を楽しんだり、貞洞劇場の伝統公演やナンタ(NANTA)劇場で公演を鑑賞することも出来ます。
韓国人はもちろんのこと、外国人たちも楽しめる美術館として国際規模の特別展も5~6ヶ月間隔で開催されます。

春川文化芸術会館(춘천문화예술회관)

春川文化芸術会館(춘천문화예술회관)

4428     2019-02-15

江原道 春川市 孝子上キル5番キル13
+82-33-259-5841

「春川文化芸術会館(チュンチョンムナイェスルフェグァン)」は市民達の文化生活の充実のため、格調の高い公演を準備しています。多様な展示企画を誘致し、展示空間を活性化することで、市民が身近に接することができる文化芸術の領域を拡大し、文化生活を楽しめるようにすることを目指しています。今後も文化芸術会館は顧客の多様な要求と最善のサービスを提供することで市民と身近な文化空間を作っていくことを目標としています。

仁川 黔丹先史博物館(인천 검단선사박물관)

仁川 黔丹先史博物館(인천 검단선사박물관)

1096     2019-02-15

仁川広域市 西区 コサヌ路121番キル7
+82-32-440-6790

黔丹(コムダン)地域では1999年から土地区間整理事業の一環として文化遺跡の発掘調査が行われています。調査結果、青銅器時代を中心に旧石器時代から朝鮮時代に至る多様な時期の遺跡と遺物が確認されました。このような発掘成果を土台に2008年11月27日に「黔丹先史博物館(コムダンソンサバンムルグァン)」が開館しました。黔丹先史博物館は先史時代の生活を時代別、地域別に展示しており、先史時代の文化を実際に体験することができる体験学習室も運営しています。

垂楊介先史遺跡展示館(수양개선사유물전시관)

垂楊介先史遺跡展示館(수양개선사유물전시관)

780     2019-02-15

忠清北道 丹陽郡 赤城面 垂楊介遺蹟路390
+82-43-423-8502

忠州ダムの建設により、水没していた地域を調査している途中に、忠北大学博物館により発見されたこの場所は、これまで発見されてきた韓国の旧石器時代の遺跡地のうち、もっとも広い面積を誇っています。さらに、旧石器後期の典型的な石器が大量に出土され、韓国はもちろんのこと、世界的にも有数の旧石器遺跡地として評価されています。「垂楊介先史遺跡展示館(スヤンゲソンサユムルジョンシグァン)」では、旧石器時代の遺跡が発見された丹陽一帯の地図を見ながら詳細な説明を聞くことができます。

忠武公物語(충무공 이야기)

忠武公物語(충무공 이야기)

13     2019-02-14

ソウル特別市 鍾路区 世宗大路地下175

「忠武公物語(チュンムゴンイヤギ)」は、李舜臣将軍の生涯と業績を展示した記念館です。先端デジタル技術と展示技法を混合活用し、李舜臣将軍の愛国心と民を愛する精神、壬辰倭乱における劇的な海戦勝利などの話を通じて将軍の業績と人間的な一面を知ることができるように工夫されています。

国立現代美術館(徳寿宮館)(국립현대미술관(덕수궁관))

国立現代美術館(徳寿宮館)(국립현대미술관(덕수궁관))

12639     2019-02-14

ソウル特別市 中区 世宗大路99
+82-2-2188-6114

「国立現代美術館(徳寿宮館)(クンニプヒョンデミスルグァン(トクスグングァン))」は韓国の近代美術の形成と展開過程を体系化し、近代美術に現れる美意識と歴史観を定立することで、民族の文化的アイデンティティーを具現化すべく設立されました。
近代美術専門機関として、近代美術の調査・研究、近代美術関連企画展および所蔵品展示、各種教育プログラムの開発と運営、学術活動や出版、近代美術関連情報の国際的交流など、様々な事業を推進しています。
1998年に開館以来、2005年まで計38回の企画および所蔵品展示を開催しており、約250万人の観覧客が美術館を訪れました。それだけでなく、作品説明会、講演会などの学術行事を開催し、美術全般に関する理解を助けており、多様な教育プログラムを開発・運営し、都心に位置した複合文化空間としての役割りを担っています。

Coexアーティウム(코엑스아티움)

Coexアーティウム(코엑스아티움)

32283     2019-02-14

ソウル特別市 江南区 永東大路513
+82-2-6000-0114

「Coexアーティウム(コエックスアティウム/Coex Artium)」は、韓国貿易協会とコエックスが共同で設立した808席規模のミュージカル専門コンサートホールで、コエックスモールの入口にあります。コエックスを訪れた外国人バイヤーはもちろん、多様な来場客の趣向を満足させるハイレベルの演劇およびミュージカル公演を紹介しています。また、日本語、英語、中国語サービスが行われています。付帯施設として貿易広報館があり、付近のコエックスセンターにある専門コンサートホールであるコエックスアートホール(184席)、オディトリウム(1058席)、コンベンションホール(7000席)、グランドカンファレンスルーム(450席)などと連携し、ソウル市を代表する複合文化施設として有名です。コエックスのホームページ(www.coex.co.kr)で公演日程をあらかじめご確認ください。

昌徳宮 小劇場(창덕궁 소극장)

昌徳宮 小劇場(창덕궁 소극장)

3373     2019-02-14

ソウル特別市 鍾路区 敦化門路88-1
+82-2-742-7278

「昌徳宮小劇場(チャンドックンソグッチャン)」は、韓国音楽の活性化のために指定された文化特区である国楽路の昌徳宮のすぐ前にあります。
舞台と観客席が連結して広い板の間のフロアとして製作され、落ちついた雰囲気をかもし出す、サランバンのような典型的な韓国タイプの劇場で、マダン劇、サムルノリ、唱劇 など国楽と関連した多彩な公演が行われます。
外国人観光客にとっては、韓国の独創的で美しい文化をより身近に感じられるだけでなく一風変わった芸術を経験できる場所です。また、小劇場の周りには、昌徳宮、雲峴宮、宗廟公園、仁寺洞などが隣接しています。

1mアートホール(1m아트홀)

1mアートホール(1m아트홀)

2381     2019-02-14

ソウル特別市 鍾路区 大学路12キル31
+82-2-766-7623

大学路(テハンノ)にある「1mアートホール(1mクラシックアートホール)」は子どものための、子どもだけのクラシック専用体験館として、美術館や展示館でしか見ることのできなかったキュレーターが子どもたちに専門的なクラシック音楽を分かりやすく面白く説明してくれ、クラシック音楽に対する好奇心や楽しさを教えてくれます。
1mアートホールでは演奏者を1メートルの距離から見ることができ、舞台と客席の概念をなくし同じ目の高さで公演が進行され、観客と音楽が一つになります。
1m体験クラシックはすでに東崇アートセンターで、3年間で約2万人の子どもたちが観覧した韓国で最も長く続いているクラシックプログラムです。今まで百科事典で見ていた楽器やCDで聴いていた音楽とは違った、近くで見て聴いて直接楽器の震えを感じ、面白い解説を聞きながら今まで知らなかった楽器の常識についても学び、楽しく公演を体験することができます。

煥基美術館(환기미술관)

煥基美術館(환기미술관)

6985     2019-02-14

ソウル特別市 鍾路区 紫霞門路40キル63
+82-2-391-7701

「煥基美術館(ファンギミスルグァン)」は、西洋画家・金煥基(キム・ファンギ)の作品を保存・展示している美術館です。韓国モダニズムの代表的な画家である金煥基は1930年代から抽象美術に挑戦、1950年代には韓国の自然をモチーフとして韓国の情緒を表現した画家として知られています。対比したものが調和を成すという優れた作品性で有名であり、常設展示場ではこのような特徴をもった彼の作品に出会うことができます。別館2階にある企画展示場では1年に2~3度主に若い芸術家たちを対象にした企画展が開かれています。建物1階のカフェとアートショップでは彼の作品をモチーフにしたスカーフやネクタイ、グラスセットなどを購入できます。

大田統一館(대전통일관)

大田統一館(대전통일관)

3     2019-02-12

大田広域市 儒城区 大徳大路 480

* 韓国の統一のための場所、大田統一館 *
2011年8月11日開館した大田・統一館はエキスポ科学公園内ハンビッ塔東側のエキスポ記念館1階にあります。
韓国民に南北関係の現況と北韓の実情について正しく理解してもらうことを目的に設置・運営された施設です。

各種展示t部や映像資料などを通じて北韓の実像を正確に見て感じて理解し、南北首脳会談以降の南北関係を理解するために必要な展示や資料が多数ある統一教育の場となっています。
統一館は1階およそ420平方メートルの規模で、統一への努力の足跡、映像文献資料検索、北韓生活用品展示及び体験場などがあります。

* 大田統一館でみることができる様々な情報 *
大田統一館では「北韓を知る」をテーマに、北韓の政治、経済、社会、文化などについての実写グラフィック及びショーケース展示を通じて、北韓の実像をご覧頂けます。
また「映像室」では北韓さまざまな情報検索、北韓の実情ビデオを上映しています。

「民族の念願、統一」では統一地形図、統一への努力の足跡、南北協力、対北抱擁政策などについての解説が、「わたしたちが一つになる日のために」では外国の統一事例を通じて韓国の統一について深く扱った展示があります。

平松青少年文化センター(평송청소년문화센터)

2     2019-02-12

大田広域市 西区 屯山大路 201

平松(ピョンソン)青少年文化センターは1990年、平松・李南容(イ・ナミョン)先生が生涯かけて貯めた30億ウォンを青少年会館建設のため、大田広域市に寄付したことから始まりました。一生をかけて貯めた私財を青少年のため寄贈した平松先生の業績は輝かしいものがあり、平松青少年文化センターを通じて平松先生の精神が今もなお語り継がれています。