宿泊 - 韓国旅行情報

ホンフィグァン[韓国観光品質認証] (홍휘관[한국관광 품질인증/Korea Quality])

ホンフィグァン[韓国観光品質認証] (홍휘관[한국관광 품질인증/Korea Quality])

1482     2021-09-24

忠淸南道公州市ペンミゴウルキル6-6
+82-10-9701-3141, +82-41-858-8890

忠淸南道公州市にあるホンフィグァンは、韓屋宿泊体験施設である。黄土と木の香りが漂う韓屋の趣が感じられる。ホンフィグァンの前方にはユネスコ世界遺産である公州公山城が、背後には錦江が流れている。
6の客室はすべてオンドル部屋で、2人部屋、3人部屋、4人部屋で構成されている。客室に入ると垂木と梁が見える高い天井が目を引く。伝統寝具と韓紙が貼られた窓、素朴なコットンカーテンときれいな色の座布団が部屋に飾られている。また、TV、冷蔵庫、ドライヤー、清潔なトイレが完備されている。屋外の庭ではチェギチャギ、ユンノリなど韓国の伝統遊びを楽しむこともできる。コーヒーと韓国伝統茶は2階のコミュニティ室で、トースト、ドリンク、果物、シリアルなどの朝食は食堂で無料で提供される。また、近くに公州山城市場、国立公州博物館、ユネスコ世界遺産である「公州武寧王陵と王陵園」などの観光名所があるため、ホンフィグァンのレンタルサイクルで周辺を観光することもできる。

コーロン シークラウドホテル[韓国観光品質認証](코오롱씨클라우드호텔[한국관광품질인증제/ Korea Quality] )

コーロン シークラウドホテル[韓国観光品質認証](코오롱씨클라우드호텔[한국관광품질인증제/ Korea Quality] )

1828     2021-09-02

釜山広域市 海雲台区 海雲台海辺路 287
+82-51-933-1000

コーロン・シークラウドホテルは釜山初のレジデンスホテルで、地上30階から眺める海雲台(ヘウンデ)の海の光景が素晴らしいホテルです。

すべての客室に調理器具や食器類を取り揃えており料理も客室内で可能で、ホテル1階から3階のショッピングアーケードには様々なレストラン、タイマッサージショップ、コンビニなどご宿泊時に便利な施設がたくさんあります。
客室からは海雲台海水浴場を臨むことができるオーシャンビューとなっており、青い海と爽快な海風を感じながら眺める風景は大変素晴らしいものがあります。

全209室の客室にはスーペリア、デラックス、エグゼクティブスイートなど様々な客室があり、全室無料Wi-Fi完備となっています。
海雲台海水浴場が眺められる屋外プールやジェットバス、フィットネスセンター、ランドリーサービス、24時間セキュリティーシステム、広い駐車スペースなど多彩な施設でお客様をお迎えいたします。

釜山・金海国際空港からはリムジンバスでおよそ50分の距離にあり、釜山駅からはタクシーで約50分、釜山地下鉄2号線海雲台駅から徒歩5分のところにあります。

景福宮24ゲストハウス2(三玄窟)[韓国観光品質認証](경복궁24게스트하우스2 (삼현굴) [한국관광품질인증/Korea Quality])

景福宮24ゲストハウス2(三玄窟)[韓国観光品質認証](경복궁24게스트하우스2 (삼현굴) [한국관광품질인증/Korea Quality])

1412     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 紫霞門路5カキル 21-4
+82-10-9903-0251

ソウルにはいまだ昔の姿を残している場所があります。その中でも代表的なところが鐘路区の景福宮周辺の地域。

 景福観の右手には北村(プクチョン)が、左手には西村(ソチョン)があります。この2箇所のエリアはいずれも韓屋と昔ながらの商店が路地に所狭しと軒を連ねているところで散策する楽しさがあるところですが、それぞれの地域が醸し出す雰囲気がまったく違います。
 高級感あふれる北村に対して、西村はやや庶民的で情にあふれた感じが漂います。西村は画家や詩人が多く住んでいた町ということもあり、路地を散策すると東洋画の画家・朴魯寿(パク・ノス)の家屋や詩人・尹東柱(ユン・ドンジュン)が下宿した家、小説家・李箱(イ・サン)の家などがあり、昔の姿そのままの韓屋や古くからの商店も数多く残っています。このような古きよき雰囲気が残る町ゆえ、韓国国内だけでなく海外からの観光客も増えてきています。

 景福宮24ゲストハウス三玄窟(サミョンクル)はこの西村のとある路地に位置する韓屋で、2016年にオープンした綺麗で快適な韓屋ゲストハウスです。
三玄窟は「純粋な心を持っていればどんなものを見ても感動する」という意味を込めた名称です。
 景福宮24ゲストハウス三玄窟は3つの客室と共用スペースとして利用される居間、キッチン、トイレからなっています。外観は伝統韓屋ですが、キッチンやトイレはどなたでも快適にご利用いただけるよう現代風に作られています。キッチンには流し台や電子レンジなどがあり、簡単な調理も可能です。ただ韓屋の特性上、室内に匂いが残る料理はできません。居間と各客室も一般的な韓屋に比べ大きく快適に宿泊できます。朝食はトーストとバター、お茶など軽食が提供され、タオルや水道も制限なくご利用いただけます。

 三玄窟は永喜堂、五福軒、七宝庵と名付けられた韓屋ゲストハウスと軒を連ねています。これらゲストハウスは同じオーナーが経営しています。韓屋の玄関はそれぞれ異なりますが、内部は繋がっており、1部屋を借りて宿泊したり、4棟すべてを借り親族みんなが集まったり会社のワークショップ会場としても利用可能となっています。

この韓屋ゲストハウスの周辺には昔からの建物が立ち並び、この韓屋ゲストハウスもそんな街並みに溶け込むような形で建っています。というのもオーナーがこの場所に建物を建てる際現代的な建物を建てることもできましたが、素朴な町の景観を汚したくないということで伝統韓屋を建てた経緯があるからです。韓屋建築時には韓国産の赤松を使い、柱や垂木、板の間、門、瓦などすべて昔ながらの韓屋の姿をそのまま再現しました。一流の建築資材を使い建てられたこの韓屋は、艶のある松の木の柱に真っ白な韓紙で仕上げられた壁がマッチし、高級感あふれる雰囲気を醸しだします。他の韓屋に続く玄関や中庭には都会の中ではあまり見受けられない玉石の砂利が敷き詰められています。松の木の香りが漂う韓屋や玉石の中庭でしばし都会の中での憩いのひとときを過すのも大変乙なものです。

 韓屋の中で静かに過すのも格別ですが、ちょっと足を伸ばして外に出て散策してみるのもおすすめ。すぐ近くのところには西村(ソチョン)の名所で歌手IUのアルバムジャケットにもなったテオ書店(대오서점=現在はカフェとして営業)や、通仁市場を散策がてら巡ることもでき、ソウルの有名な観光地・景福宮も目と鼻の先にあります。もうすこし足を伸ばせば韓屋村や仁寺洞にもすぐ行ける距離で、さらにその先の昌徳宮や徳寿宮へも1日あればぐるっと回って来ることも可能です。

 三玄窟に常駐するスタッフは英語・中国語が可能で、初めてこの辺りを訪れる外国人にも詳しく観光コースを説明してくれます。さまざまな見どころがいっぱいの町を闊歩してみましょう。


景福宮24ゲストハウス3(五福軒)[韓国観光品質認証](경복궁24게스트하우스3 (오복헌) [한국관광품질인증/Korea Quality])

景福宮24ゲストハウス3(五福軒)[韓国観光品質認証](경복궁24게스트하우스3 (오복헌) [한국관광품질인증/Korea Quality])

1439     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 紫霞門路5カキル 25
010-9903-0251

ソウルにはいまだ昔の姿を残している場所があります。その中でも代表的なところが鐘路区の景福宮周辺の地域。
景福観の右手には北村(プクチョン)が、左手には西村(ソチョン)があります。この2箇所のエリアはいずれも韓屋と昔ながらの商店が路地に所狭しと軒を連ねているところで散策する楽しさがあるところですが、それぞれの地域が醸し出す雰囲気がまったく違います。
高級感あふれる北村に対して、西村はやや庶民的で情にあふれた感じが漂います。西村は画家や詩人が多く住んでいた町ということもあり、路地を散策すると東洋画の画家・朴魯寿(パク・ノス)の家屋や詩人・尹東柱(ユン・ドンジュン)が下宿した家、小説家・李箱(イ・サン)の家などがあり、昔の姿そのままの韓屋や古くからの商店も数多く残っています。このような古きよき雰囲気が残る町ゆえ、韓国国内だけでなく海外からの観光客も増えてきています。

景福宮24ゲストハウス五福軒(オボクヒョン)はこの西村のとある路地に位置する韓屋で、2016年にオープンした綺麗で快適な韓屋ゲストハウスです。

景福宮24ゲストハウス五福軒は3つの客室と共用スペースとして利用される居間、キッチン、トイレからなっています。外観は伝統韓屋ですが、キッチンやトイレはどなたでも快適にご利用いただけるよう現代風に作られています。キッチンには流し台や電子レンジなどがあり、簡単な調理も可能です。ただ韓屋の特性上、室内に匂いが残る料理はできません。居間と各客室も一般的な韓屋に比べ大きく快適に宿泊できます。朝食はトーストとバター、お茶など軽食が提供され、タオルや水道も制限なくご利用いただけます。

五福軒は永喜堂、三玄窟、七宝庵と名付けられた韓屋ゲストハウスと軒を連ねています。これらゲストハウスは同じオーナーが経営しています。韓屋の玄関はそれぞれ異なりますが、内部は繋がっており、1部屋を借りて宿泊したり、4棟すべてを借り親族みんなが集まったり会社のワークショップ会場としても利用可能となっています。

この韓屋ゲストハウスの周辺には昔からの建物が立ち並び、この韓屋ゲストハウスもそんな街並みに溶け込むような形で建っています。というのもオーナーがこの場所に建物を建てる際現代的な建物を建てることもできましたが、素朴な町の景観を汚したくないということで伝統韓屋を建てた経緯があるからです。韓屋建築時には韓国産の赤松を使い、柱や垂木、板の間、門、瓦などすべて昔ながらの韓屋の姿をそのまま再現しました。一流の建築資材を使い建てられたこの韓屋は、艶のある松の木の柱に真っ白な韓紙で仕上げられた壁がマッチし、高級感あふれる雰囲気を醸しだします。他の韓屋に続く玄関や中庭には都会の中ではあまり見受けられない玉石の砂利が敷き詰められています。松の木の香りが漂う韓屋や玉石の中庭でしばし都会の中での憩いのひとときを過すのも大変乙なものです。

韓屋の中で静かに過すのも格別ですが、ちょっと足を伸ばして外に出て散策してみるのもおすすめ。すぐ近くのところには西村(ソチョン)の名所で歌手IUのアルバムジャケットにもなったテオ書店(대오서점=現在はカフェとして営業)や、通仁市場を散策がてら巡ることもでき、ソウルの有名な観光地・景福宮も目と鼻の先にあります。もうすこし足を伸ばせば韓屋村や仁寺洞にもすぐ行ける距離で、さらにその先の昌徳宮や徳寿宮へも1日あればぐるっと回って来ることも可能です。

五福軒に常駐するスタッフは英語・中国語が可能で、初めてこの辺りを訪れる外国人にも詳しく観光コースを説明してくれます。さまざまな見どころがいっぱいの町を闊歩してみましょう。

タジャヨン韓屋ステイ[韓国観光品質認証](다자연한옥스테이[한국관광품질인증/Korea Quality])

タジャヨン韓屋ステイ[韓国観光品質認証](다자연한옥스테이[한국관광품질인증/Korea Quality])

1389     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 栗谷路10キル81-3
+82-10-7131-9685

タジャヨン韓屋ステイはソウル地下鉄1号線・3号線・5号線の乗換駅・鐘路3街駅から徒歩2分のところにあります。
ソウル地下鉄2号線・乙支路3街駅からも徒歩5分の距離です。
韓国の有名史蹟である宗廟、景福宮、昌徳宮に近く、仁寺洞、広蔵市場などのショッピングタウンにも徒歩10分圏内で、明洞ショッピングタウンも歩いて30分で行ける距離にあります。
散策におすすめの北村韓屋村、清渓川、南山ソウルタワーにも徒歩で30分圏内です。

ソウルの中心部にあり、地下鉄・バスなどの公共交通機関を利用してどこへでも行けるアクセスのよい場所にあります。
またここ鐘路区(チョンノグ)栗谷(ユルゴク)路周辺は韓食堂をはじめさまざまなおいしいお店やカフェ、工房や商店などが多く、韓国国内はじめ海外からも多くの観光客が訪れる名所でもあります。
タジャヨン韓屋ステイはこのように観光名所に近く都心にあるにもかかわらず、東側には宗廟、南側には大覚寺という寺の近くにあり大変閑静なところがセールスポイント。

タジャヨン韓屋ステイは1940年代から50年代ごろに建てられたと推定される一般家庭の韓屋でした。2015年に補修工事を行いリニューアルしたため、現在では大変きれいで快適な韓屋となりました。
ただ大黒柱や板の間などの古くからある木材は補修工事でも取り払われず建築当時そのままの状態で古い韓屋の趣をいまに伝えています。韓屋の構造はソウルの伝統的な一般家庭の間取りです。
入口の大門をくぐると、小さな中庭をコの字型に囲むように韓屋が建っています。
中庭側に小さな縁側があり、ここに座って同宿の旅行客と会話を交わす光景もよく見られます。ソウルにある普通の韓屋のようにあまり大きな建物ではありませんが、旅行客同士で話が弾み親睦を深めるにはちょうどよい環境です。

客室は全3室で、居間とキッチンは共用となっています。客室にはすべて新しい洋式トイレが完備しており、快適に過すことができます。室内は過度な装飾はせず韓屋の建物自体のよさを生かしたデザインとなっています。
各室とも布団は韓国伝統のものを使用、トイレ、テレビ、エアコン、wifi等も完備しています。

朝食は事前予約制で、韓国の家庭料理を楽しめます。オーナーはさまざまな食事をおいしくご提供できるよう日夜努力しているとのこと。韓国の家庭料理を体験したい外国の方々に特におすすめです。

韓国茶道体験も有料で実施しています。それ以外にもさまざまな体験プログラムを随時実施していますので、ご希望の方は宿泊の予約する際に予め確認してみましょう。

ヨンウ(ヨヌ)ハウス[韓国観光品質認証](연우하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

ヨンウ(ヨヌ)ハウス[韓国観光品質認証](연우하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

1795     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 北村路12キル 5-13

伝統韓屋宿泊施設であるヨンウハウス(ヨヌハウス)はソウル特別市鐘路区嘉会洞(カフェドン)にあります。
大小の路地が網の目のように広がる北村(プクチョン)韓屋村にあり、静かで素晴らしいロケーションです。ヨンウハウスの周辺には昌慶宮、昌徳宮、景福宮などソウルの名所が集中するエリアで、多くの外国人、特に東南アジアやヨーロッパからの観光客が数多く宿泊するエリアとなっています。
ヨンウハウスの客室はあまり多くありません。素晴らしい2つの客室がありますが、客室ごとに浴室を完備しています。
ヨンウハウスは古くからある韓屋をゲストハウスにしているため、衛生管理には細心の注意を払っています。定期的に衛生管理会社に依頼し、建物全体の消毒作業も行っています。
ヨンウハウスの魅力は屋根からの風景が素晴らしいこと。梯子を使って屋根に上ると北村韓屋村の全景が一望でき、昼間は韓屋村の伝統美が、夜には韓屋の曲線美あふれる屋根と照明が織りなす端正ながらも華麗な風景を臨むことができます。

インウハウス(イヌハウス)[韓国観光品質認証](인우하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

インウハウス(イヌハウス)[韓国観光品質認証](인우하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

2008     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 桂洞6ギル 9号
02-742-1115

北村(プクチョン)には昔からこの地域を見守り続ける韓屋とそこに住む人々がいます。北村に長年住む夫婦が経営するインウハウス(イヌハウス)がそのひとつ。

韓屋をただ見学するだけでなく、韓屋を体験したいという方にインウハウスはおすすめ。
インウハウスはソウル特別市鐘路区桂洞(ケドン)の路地の奥に位置しています。
インウの家という意味のインウハウスには8歳になるインウ君と弟のヨンウ、そしてお父さんとお母さんが住んでいます。インウハウスの主人であるインウ君のお父さんは幼い時北村で育ち、2010年に現在の家に新しい居を構えました。

幼い時に育った家はインウハウスから少し離れた嘉会洞(カフェドン)の路地にあるヨンウハウス(ヨヌハウス)。現在、両親が切り盛りしているヨンウハウスもクチコミによって、大変有名な韓屋ゲストハウスとなっています。

二つのゲストハウスの共通点は北村に長い間住む地元の人が住んでゲストハウスを経営しているという点。韓屋をただ見るだけなら民俗村に行くだけでも十分ですが、韓屋の真の素晴らしさは陽が差しこみ風が吹きぬけるような本当に人々が住んでいる場所でしか分かりません。韓屋が輝いて見えるのは自然とその中に住む人々がいるからに他なりません。インウハウスはまさにそんな息づく人々の香りがするそんな家です。

インウハウスの外観は桂洞の路地のどこでも見かけるごくありふれた姿。ただ玄関前の路地には綺麗な花々が咲いた植木鉢が並び、石塀の前に小さな黒板を掲げてあり、そんな風景からもお客さんを迎えるインウハウスの温かい心遣いがうかがえます。

玄関の大門を開けて中に入ると、美しい庭に燦燦と注ぐ陽の光と軒下のほんわかとする風景、縁側を飾る素朴な小物などが目に入り、風情あふれる雰囲気を演出しています。
よく目を凝らしてみるとインウハウスの軒下には燕の巣があります。毎年春になるとツバメの一家がやってくるというのがこのゲストハウスの自慢となっています。

お客さんが宿泊するのはサランチェがあるトッキバンとヘジャングムバンの2部屋で、共同で使うノリバンのスペースも別途あります。
部屋に入ると、まさにソウルを抜け出したかのような静かな空間となっています。この近辺が閑静な路地沿いにあるおかげだからです。
室内は書芸作品や螺鈿装飾の家具があり趣を与えています。華麗さはありませんが、故郷の家に戻ってきたかのような素朴でのんびりできる雰囲気です。部屋ごとにトイレ完備しており、朝はトーストや韓国のお餅が入ったスープ・トッククなどの食事も提供されます。

お子さんと一緒の時間を送りたい方にはインウハウスはうってつけ。インウとヨンウと同じような年代のお子さん連れのご家庭なら、お子さんも大喜びのことでしょう。はじめて出会った子ども達が幼馴染のように路地であちらこちら駆け回ったり、庭や小さな縁側を遊び場にして仲良く遊んだりする光景をインウハウスではよく見かけます。ツバメの巣をのぞいたり韓屋を体験したりすることも子どもには楽しい遊びでもありいい勉強にもあります。

他にも、韓服を着て写真を撮ったり伝統韓紙工芸体験、伝統メドゥプブレスレッド作り、うちわ作りなどさまざまな伝統遊びも楽しむことができます。外国人観光客にも人気が高いプログラムで、子どもと一緒ならさらにおすすめです。
前の路地をちょっと抜けると食堂やカフェ、コンビニなどもあり不便さを感じず過すことができます。
近くには景福宮や昌徳宮、仁寺洞、三清洞なども徒歩で行ける距離にあります。

清縁斎[韓国観光品質認証](청연재[한국관광품질인증/Korea Quality])

清縁斎[韓国観光品質認証](청연재[한국관광품질인증/Korea Quality])

2057     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 北村路6キル 13-2
02-744-9200

ソウル特別市鐘路区にある北村韓屋村は、朝鮮時代から当時の支配階層であった両班(ヤンバン)が居住していた地域として有名です。
それから多くの月日が経過し、2014年北村韓屋村に昔の両班の家を思わせる高級感あふれる韓屋が誕生しました。それがブティック韓屋ホテルを志向する清縁斎(チョンヨンジェ)です。

「清く美しく、そしてこの上なく大切な良縁」という意味の清縁斎は、1935年に建てられた韓屋です。
およそ1年間時間を掛けて補修し、2014年オープンに至りました。
補修工事は既存の韓屋の構造をそのままに、韓国固有の松である陸松(ユクソン)の木材を使い補修、中庭にはオンドルに使っていた石をはめ込み一味違った雰囲気を醸しだしています。

北村韓屋村観光案内所の近くにある清縁斎は、近くの道を通り過ぎる人々が必ず目をやるほど素晴らしい外観を誇ります。瓦を使った石塀や大きな大門、石塀越しに見える目新しい光沢を帯びた韓屋、そのいずれも大変素晴らしく人々の視線を釘付けにします。

大門から中に入ると期待通りの高級感あふれる韓屋の姿が現れます。清縁斎の客室の名前は「タオン(다온)」「トレ(도래)」「チニ(지니)」「シネ(시내)」「トラン(도란)」といった漢字語でない純粋なハングル由来の名前が付けられています。
「すべてよいことが来る」という意味の「タオン」は別棟となっており、部屋が2つと浴室、小さな中庭からなります。

「タオン」へ入る扉の横を過ぎて敷地の奥へ入っていくと、小さな木がある美しい中庭が中央にあり、その周囲を囲むように明るい茶色い木材で建てられた韓屋があります。この韓屋の建物にに4つの部屋と居間があります。「末永く健康に暮らせるように」という意味をもつ「トレ」と名付けられた部屋は、清縁斎のメインの奥の間というべき部屋で、大きな窓から中庭の全景を見ることができる部屋です。
「すべての福をみな兼ね備えている」という意味が込められた部屋「チニ」はかわいい小物で飾られた温かな雰囲気の部屋です。
「涼しく澄んでいる」という意味の「シネ」と名付けられた部屋は中庭側の扉から日差しや風を感じることができる部屋です。
最後に「お互い集まり、情あふれる話を交わす」という意味が付いた「トラン」という部屋はこじんまりとした静かな部屋。
「トラン」と「チニ」の部屋の間には居間とキッチンがあります。全室ともエアコン完備で、綿花の綿でふかふかのカラフルな布団と高級感あふれる浴室があり、快適にお休みいただけます。天井に見える垂木や壁紙に使われた韓紙、木製家具などが相まって高級感あふれる雰囲気を演出します。

外国からのお客様には韓国文化をご理解いただけるよう、韓国のお客様には楽しい思い出作りができるよう、韓服試着プログラムも実施しており、女性用、男性用、子ども用韓服などさまざまな韓服をご用意しています。
伝統茶を飲みながら話の花を咲かせる茶道体験も可能です。
また韓国料理の朝食サービスもあります。新鮮な旬の素材を真心こめて料理した朝食は宿泊客から大変好評です。

市隠斎[韓国観光品質認証](시은재[한국관광품질인증/Korea Quality])

市隠斎[韓国観光品質認証](시은재[한국관광품질인증/Korea Quality])

1869     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 三一大路 439
+82-10-5355-3029

ソウル特別市鐘路区慶雲洞にある市隠斎(シウンジェ)は何代にもわたり守り受け継いだ韓屋です。
路地の奥にある美しい大門を開け中へ入ると、素朴で小さな花壇が目に飛び込んできます。少し見ただけでも長い歳月を感じる古宅は瓦の上にさらに重ねなおし直した痕跡が数多く見受けられます。

市隠斎は居間がある奥の間とその奥の間と中庭を挟んで向かい側にある離れ、そしてその真横に小さめの部屋ま3室があります。奥の間は市隠斎で唯一居間がある部屋で、居間には古家具や年季の入ったソファーがあり昔ながらの雰囲気をそのまま残しています。

洗面道具がおかれた共用浴室にはトイレがあり、共用キッチンにはさまざまなキッチン用品や洗濯機があります。
一般の宿泊のほか、市隠斎全体を借りることも可能です。

ソウルの中心地鐘路区に位置し、周辺の観光スポットへのアクセスもよい立地条件にあります。(自家用車ご利用の場合は駐車場がありませんので近くの有料駐車場をご利用ください)


シンディーズ B&B[韓国観光品質認証](씬디스 비앤비(Cindy's B&B) [한국관광 품질인증/Korea Quality])

シンディーズ B&B[韓国観光品質認証](씬디스 비앤비(Cindy's B&B) [한국관광 품질인증/Korea Quality])

1875     2021-09-02

ソウル特別市 鐘路区 紫霞門路40キル 19-18
+82-10-9022-7782

ソウル特別市鐘路区(チョンノグ)付岩洞(プアムドン)にあるCindy’s B&B(シンディーズ・ビー・アンド・ビー)は一般の住宅に作られたホームステイ施設です。
ソウルの中心地でありながら周囲を山で囲まれた付岩洞の自然の魅力を十分に感じられるスペースです。

景福宮(キョンボックン)や光化門(カンファムン)から車で10分ほどの距離にあり、付岩洞(プアムドン)の特色ある美術館やカフェ、レストランへは歩いていくことができます。

特に韓国を代表する詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)詩人の丘や白沙室(ペクサシル)渓谷、ソウル城郭の道、仁王山(イナンサン/インワンサン)散策路、北岳山(プガクサン)登山路などにも近いところにあります。

3分ほどの距離にある紫霞門(チャハムン)トンネル前のバス停には明洞、南大門、三清洞(サムチョンドン)、仁寺洞、東大門などソウルの有名観光スポットへ向かうバスが頻繁に来ます。平屋の建物に客室がすべてで3部屋あり、ホワイトとピンクが似合う明るい雰囲気の部屋となっています。

部屋ごとに異なったデザインのベッドや家具があり、1名様から4名様までお泊り頂けます。リビングとキッチンは共用となっており、ルーム2とルーム3には浴室もあり、プライバシーを確保したいお客様におすすめの部屋です。
朝食は午前9時まで無料で提供しており、自宅よりくつろいでゆったりと泊まることができます。


韓屋ゲストハウス「トンチョンジェ(トンチョンジェ(東村斎))」[韓国観光品質認証]  (한옥 게스트하우스 동촌재 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

韓屋ゲストハウス「トンチョンジェ(トンチョンジェ(東村斎))」[韓国観光品質認証] (한옥 게스트하우스 동촌재 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

1319     2021-09-02

ソウル特別市鐘路区チャハムンロ11ギル21-10

1939年に建築されたトンチョンジェは、2016年ソウル市が公募した優秀韓屋に選定され、2020年には韓国観光公社から歴史性と品質を認められ、ヘリテージ韓屋分野品質認証店の認証を受けた。景福宮の西にある村、西村に位置したトンチョンジェの玄関に入ると、アンチェ(母屋)、サランチェ、ピョルチェ(別棟)が庭を囲んでいる。アンチェは4つの客室、縁側、キッチン、トイレで構成されている。客室の中で1室は茶室としても使われる。ホストが住んでいるサランチェとピョルチェを除き、庭の一角にあるヌマル(縁側)と庭は自由に利用できる。「ポム(春)」と「ヨルム(夏)」は大人2~3人が、「カウル(秋)」(茶室兼)と「キョウル(冬)」は大人2人が泊まるのにちょうどいい。一棟貸切で、1日1組限定で運営する。定員は4人だが、最大8人まで宿泊できる。トイレはアンチェの内部に1つ、裏庭に1つある。
キッチンで料理はできないが、食べ物の持ち込みは可能。夜間漢陽都城探訪や茶道、民謡教室、お餅作りなど体験プログラムも設けていて、お餅作りは材料費だけ払えばいい。朝食は無料で、ご飯、汁、おかずの3種で構成されている韓食とパン、ザラダ、コーヒーで構成されている洋食の中で選べる。100インチスクリーンとホームプロジェクターが設置されており、庭や縁側で映画をみることもできる。タオル、洗面用具、ドライヤー、ミネラルウォーター、お茶、カプセルコーヒーは無料で提供される。キッチンにある食器類、電子レンジ、電気ケトルを使って簡単なレトルト食品の調理はできる。冷蔵庫と洗濯機も利用できる。

ヒーリングステイコスモスリゾート(Healing Stay Kosmos) [韓国観光品質認証](힐링 스테이 코스모스 리조트 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

4     2021-09-24

88-13, Chusan-gil, Ulleung-gun, Gyeongsangbuk-do

ヒーリングステイコスモスは、鬱陵島・ソンゴッ(錐)山の隣にある崖の上に位置している。ホテルの建物は、太陽と月の軌跡を考慮して、螺旋を活用した形となっている。建物の中心から外へ向かって曲線を描きながら展開される6つの螺旋型ヴォールト構造は、このホテルの建築様式を説明するうえで、最も重要な形態的要素である。6つのヴォールトはそれぞれ独立した内部空間を持つ。各空間に入るときは、螺旋型であるため外部の景観が一時的に閉ざされるが、ヴォールトに沿って歩いていくと、外部の景観が徐々に姿を現し、それぞれ独特な個性を持つ絶景と対面することになる。そのおかげで、ヒーリングステイコスモスを利用する人々は、美しい建築物と周囲の景観に自然と浸ることができる。ゲストの安全と利便性を考慮し、清潔と消毒も徹底している。毎日客室の掃除をするのはもちろん、寝具類も清潔に管理されている。新型コロナウイルスに備えて定期的な換気と消毒を行い、防疫管理者を指定してソーシャル・ディスタンシングのマニュアルを細かくチェックしている。宿泊客に手指消毒剤を含むヒーリングキット(トレッキングマップ、鬱陵島の特産品おやつ)を提供している。