東大邱駅(동대구역) - エリア情報 - 韓国旅行情報

東大邱駅(동대구역)

東大邱駅(동대구역)

4.2 Km    12619     2016-12-12

大邱広域市 東区 東大邱路550

東大邱(トンテグ)駅は、1969年6月10日に営業を開始し、2004年4月1日に高速鉄道の開通と共に駅舎を増築し、現在の形となりました。駅舎増築工事が2012年に終わり、2014年まで行われる開発整備事業が完了すれば東大邱駅を中心とした大邱の新たなランドマークが形成される見込みです。

大邱第一教会(대구제일교회)

大邱第一教会(대구제일교회)

4.2 Km    5536     2019-11-26

大邱広域市 中区 国債報償路102キル 50
+82-53-253-2615

慶尚北道地域最初のプロテスタント教会、大邱第一教会

高宗32年(1895年)、釜山にあった北長老教の宣教本部が大邱に移り、光武2年(1898年)に瓦屋根の家4棟を教会として使用し始めました。その後、信徒が増えたことにより1908年に韓国の建築様式と西洋の建築様式を融合させた新しい教会が建てられました。1933年には信徒と中央教会からの資金をもとに新たに教会を建て、第一教会と名を改めました。その後、1937年にはイ・ジュヨル勧士が高さ33mの鐘塔を建て、1969年には内部工事をし、1981年には建物の裏手に515.7m²(156坪)の聖殿を拡張しました。

現在、建物の1階は事務室、幼稚園、青少年礼拝室として使用されており、2階全体は礼拝室として使用されています。大邱第一教会は、大邱にある教会の中で最も建物が古く、キリスト教が近代化に寄与した象徴として近代建築史の研究の貴重な資料となっています。

第一教会の歴史的意義

第一教会は、慶尚北道地域に初めて作られたプロテスタントの教会で、宣教師たちが地方を開化させるために近代的な医療および教育を展開する拠点となっていたという点に歴史的意義があります。
また、第一教会の建物の外観は、ゴシック様式の建築的特徴がよく表れていることから、大邱地域の近代建築史研究の貴重な資料となっています。

李相和古宅(이상화 고택)

李相和古宅(이상화 고택)

4.2 Km    4523     2019-05-20

大邱広域市 中区 西城路6-1
+82-53-256-3762

大邱桂山洞2街84番地に位置する古宅は、抗日文学家として有名な詩人・李相和(イ・サンファ/1901~1943)が1939年から1943年まで暮らした家です。日帝強占期に民族独立のための抵抗精神を表現した詩人・李相和の思いが残っている場所です。
李相和古宅は、1999年から古宅を保存しようとする市民運動が始まり、軍人共済会が近隣に住商複合アパートを建築しながら古宅を購入し、2005年10月27日に大邱市に古宅を寄付しました。
大邱市は、敷地面積205平方メートル、建築面積64.5平方メートル(1階建て木造建築2棟)の古宅を補修し、古宅保存市民運動本部が募金で集めた財源をもとに古宅内に展示物を設置しました。
李相和古宅は、暗い時代を生きながら日帝に抵抗した民族詩人・李相和の精神を称え、子孫にその精神と文学的功績を継承する教育の場としても活用されています。

徐相敦古宅(서상돈 고택)

徐相敦古宅(서상돈 고택)

4.2 Km    4795     2019-01-15

大邱広域市 中区 西城路6-1

徐相敦(ソ・サンドン)は、朝鮮時代末期の企業家で、官僚でもあり民族独立運動家でもありました。大邱で紙屋と反物商として成功した人物で、政府の検税官となり租税の管理の役も担いました。1907年、政府が日本からの多額の負債を抱え、国権を失うと考えた彼は、大邱広文社の社長である金光済と共に国債報償運動を繰り広げました。大邱市は、桂山洞の李相和古宅の横にあった徐相敦の生家を復元し、国債報償運動記念公園を造成し、銅像を建てるなど彼の志を称えています。

近代文化体験館 桂山芸家(근대문화체험관 계산예가)

近代文化体験館 桂山芸家(근대문화체험관 계산예가)

4.2 Km    400     2019-05-20

大邱広域市 中区 西城路6-1
+82-53-661-3323

「近代文化体験館 桂山芸家(クンデムナチェホムグァン ケサンイェガ)」は、都心観光の中心地である李相和古家や徐相敦古宅といった、都心の近代歴史文化施設や歴史について、視聴覚資料により知ることのできる映像館(映像室・展示館)、韓屋展示室および便益施設を設け、中区の都心路地ツアー訪問者らに情報と休息の場を提供しています。

大邱桂山洞聖堂(대구 계산동성당)

大邱桂山洞聖堂(대구 계산동성당)

4.3 Km    7771     2018-03-26

大邱広域市 中区 西城路10(桂山洞2街)
+82-53-254-2300

ロマネスク様式の美しい聖堂、大邱桂山洞聖堂
大邱桂山洞聖堂は1886年、大邱地域での宣教活動を任されて赴任したロバート(Robert,A.P. 1853∼1922)神父が今の桂山洞聖堂の敷地を買い取って建設が始まりました。1899年に韓国式木造で十字型の建物として建てられましたが1年あまりで焼失してしまいました。 その後、再建築に着手してロバート神父が設計し、国内では探すのが難しいトタンやステンドグラスなどの材料はフランス及び香港から持ち込み使用しました。建物は工事が始まって3年が過ぎた1902年に完成しました。この建物は大邱地域では唯一残っている1900年代初期の建築物です。聖堂の平面はラテン十字型 (Latin cross)で中心の身廊(nave)と両側の翼廊(transept)から構成されています。この平面の構造は聖堂の平面、建物の外部と内部空間からはっきりと見ることができます。また、建物は全体的に鈍重なロマネスク様式を帯びていますが、尖塔とステンドグラス等のゴシック的要素が部分的に表現されています。


大邱桂山洞聖堂の天主教的意義
大邱桂山洞聖堂は嶺南地方に天主教を土着化するのに中枢的な役割をし、1911年朝鮮教区から分離、大邱大教区主教座本堂になり、初代主任神父にはロバートが任命されました。聖堂の敷地には設計者を記念する銅像と主教館があります。この聖堂の建物から東に約600m地点にある観徳亭殉教記念館には乙亥(1815年)・丁亥(1827年)・丙寅(1866年)迫害のとき仲間たちの隠れ家だったハンティコゲ・シンナムゴルなど交友村で捕まって処刑された殉教者らの遺物30点余りなど65点の遺物が展示されています。

エルディスリージェントホテル(엘디스 리젠트 호텔)

エルディスリージェントホテル(엘디스 리젠트 호텔)

4.3 Km    1682     2019-10-28

大邱広域市 中区 達句伐大路2033
+82-53-253-7711

大邱メインストリートにある「エルディスリージェントホテル(Eldis Regent Hotel)」は、金融機関、官公署、ワールドカップ競技場、市民運動場などがある都心の中にあり、アクセスも便利です。リニューアルオープン後は文化や芸術を追い求めるヨーロッパ型正統ビジネスホテルとして、特別な味と楽しさを提供しています。

ノボテルアンバサダー大邱(노보텔 앰배서더 대구)

ノボテルアンバサダー大邱(노보텔 앰배서더 대구)

4.3 Km    2364     2019-07-29

大邱広域市 中区 国債報償路611
+82-53-664-1111

2008年にオープンした「ノボテルアンバサダー大邱(テグ)(NOVOTEL AMBASSADOR DAEGU)」はAccorチェーンが運営する大邱初のインターナショナルホテルです。Accor社は世界137ヶ国で約4,000のホテルを経営しており、ノボテルはAccorのこれまでの長い歴史と秀でたサービスが自慢のホテルです。
現代的な感覚の客室とレストランなどの施設を備えており、ビジネスマンや旅行客のためにより良いサービスを提供しています。

嘉昌チンパン通り(가창 찐빵 골목)

嘉昌チンパン通り(가창 찐빵 골목)

4.3 Km    898     2016-09-04

大邱広域市 達城郡 嘉昌面 嘉昌路 1099

大邱から清道へ行く30番国道、達城郡嘉昌面ヨンゲ村入口に続く通りが通称「嘉昌チンパン通り」です。店舗前に置かれた蒸し器からは湯気が立ち上がり、常にたくさんの人々で賑わいを見せています。
2000年3月に「イェンナルチンパンチブ」が初めてオープンし、現在は9店舗が軒を並べるようになりました。今では大邱の新しい名所として人気を集めています。
おいしいチンパンで広く知られるこの場所は、500mの道沿いに9つのチンパン屋が並んでいます。お店ごとにこだわりの違う多種多様なチンパンが並び、お店の前は常にお客さんの列ができています。

慶尚監営公園(경상감영공원)

慶尚監営公園(경상감영공원)

4.4 Km    5789     2018-08-16

大邱広域市 中区 慶尚監営キル99 
+82-53-254-9404

「慶尚監営公園(キョンサンガミョンゴンウォン)」は1601年、慶尚監営があった場所で大邱の都心中央に位置します。1910年から1965年まで慶尚北道の庁舎として使われ、庁舎が別の場所に移転した後、大邱市で1970年に中央公園として最初にオープンしました。その後1997年、都市の景観を害する塀を壊して公園全体を再建設すると同時に大邱の歴史と関連した文化遺産を教育の場として活用し、これを広く広めて保存するため慶尚監営公園と名称変更して今日に至ります。
慶尚監営公園は大邱の中心部に位置した都市の中の庭園で複雑な都市生活で溜まった疲労とストレスをすっきり解消できるように青々とした木々や美しい花畑、芝生広場がきれいに整備されています。暑さを忘れさせてくれる涼しい噴水、雰囲気の良い街灯と音楽そして穏やかな散歩道とベンチなどがある休憩場所として大邱を訪れる人々にお薦めの名所です。

慶尚監営公園内の見所
慶尚道の観察使の執務室である宣化堂(有形文化財第1号)とその居所として使用した澄清閣(有形文化財第2号)、そして観察使の治績が残された善政碑など大邱の歴史と関連した文化遺産が存在します。宣化堂は現在残っている役所や官庁などの建物がそれほどないことを考えると大きな価値を持っているといえます。正面6間、側面4間の平屋八作蓋瓦家で柱心包様式と翼工式の折衷型(木造建築の様式)になっています。

大邱近代路地(대구 근대골목)

大邱近代路地(대구 근대골목)

4.4 Km    1605     2019-06-12

大邱広域市 中区 慶尚監営キル99
+82-53-661-3327

※2019~20 韓国観光100選※
「大邱近代路地(テググンデゴルモク)」は、大邱の路地を歩きながら生きた歴史と出会えるところです。
朝鮮戦争時、大邱は他地域に比べて被害が少なかったため、戦中・戦後の暮らしぶりが比較的維持されています。歴史的に重要な場所でありながら、昔の人々の温もりが感じられる空間となっています。

クギルタロクッパ(국일따로국밥)

4.2 Km    867     2019-11-18

大邱広域市 中区 国債報償路571
+82-53-253-7623

1996年韓国伝統文化保存(伝統名匠人)として指定され、大邱広域市の郷土伝統料理店としても指定されている有名なお店で、1946年からの伝統を守り続けています。ご飯とスープが別々に出てくる「タロ(韓国語で「別に、離して」意味)クッパ」は大邱固有の伝統料理です。