ピアゴル渓谷(피아골계곡) - エリア情報 - 韓国旅行情報

ピアゴル渓谷(피아골계곡)

ピアゴル渓谷(피아골계곡)

0m    9140     2018-10-29

全羅南道 求礼郡 土旨面 ピアゴル路
+82-61-782-1177, +82-61-780-2450

「ピアゴル」は智異山・老姑壇(ノゴダン)と盤若峰(パニャクボン)の間に位置する渓谷です。秋の紅葉が真っ赤なのが血のように見えることからつけられた名前(血は韓国語で「ピ」)で、智異山十景のひとつに数えられるところです。
ここは韓国内でも有名な紅葉の名所であり、四季折々の美しさが感じられるところです。春にはツツジが満開になり、夏には森の緑が鬱蒼と生い茂り、冬は山全体に降り積もった雪が壮観を成します。渓谷の入口には智異山でもっとも大きい燕谷寺(ヨンゴクサ)など国宝級の文化財が多くあります。また入場券売り場からピアゴル山荘まで6キロにおよぶ山道の風景もとても美しいことで知られています。
渓谷もまた険しくなく、誰でも歩くことができる散歩コースとなっています。渓谷入口から三紅沼までが特に美しく、毎年ピアゴル紅葉まつりが開かれる時期には紅葉渓谷ウォーキング、特産品販売、観光写真展などのイベントが行われます。

燕谷寺(求礼)(연곡사(구례))

燕谷寺(求礼)(연곡사(구례))

2.3 Km    1294     2019-01-04

全羅南道 求礼郡 土旨面 ピアコル路774
+82-61-782-7412, +82-61-782-1072

求礼郡 土旨面 内東里にある「燕谷寺(ヨンゴクサ)」は543年に華厳寺の宗主・緣起祖師が創建しましたが、文禄・慶長の役で焼失、さらに韓国戦争(朝鮮戦争)でも焼失しました。1981年3月1日当時の住職であるチャン・スンブ僧侶が政府支援とお布施で昔の法堂を撤去し、そこに御影石と自然石で石垣を築いて正面5間、側面3間の新しい法堂を新築しました。寺の名前を燕谷寺としたのは緣起祖師が初めてここに来て風水地理を見ている時、現在の法堂席に池がありその池を注意深く眺めていると中央部分から水が渦を巻いて一羽のツバメが飛んでいったのを見て、その池を埋め法堂を作り、寺の名を燕谷寺としました。

智異山1泊2日ペンション (지리산1박2일펜션)

智異山1泊2日ペンション (지리산1박2일펜션)

4.9 Km    328     2020-01-09

全羅南道 求礼郡 土旨面 蟾津江大路4310-38
+82-61-782-6596

全羅南道求礼郡の智異山(チリサン)にある「智異山1泊2日ペンション」は大自然の中にあります。日常のストレスから解放され、心と体をゆっくり癒すことができるところです。涼しい谷間で水遊びをしたり、智異山の山奥から漂う澄んだ空気を吸いながらハイキングコースを歩いたりすることができます。

求礼 雲鳥楼古宅(구례 운조루 고택)

求礼 雲鳥楼古宅(구례 운조루 고택)

6.1 Km    835     2019-08-09

全羅南道 求礼郡 土旨面 雲鳥楼キル59
+82-61-780-2431

全羅南道求礼郡土旨面五美里に位置する雲鳥楼(ウンジョル)は、重要民俗文化財第8号に指定されています。
1776年、朝鮮第21代王・英祖の時代に三水府使だった柳爾冑が建てた家屋で、元々78間ある豪邸でしたが、現在は63間が残っています。雲鳥楼の宅号は「雲の中の鳥のように隠れて住む家」という意味で、陶淵明の「帰去来辞(官を辞して帰郷し、自然を友とする田園生活に生きようとする決意を述べたもの)」という七言律詩から頭文字だけを取ったと言うことです。

華厳寺(화엄사)

華厳寺(화엄사)

6.6 Km    27194     2020-01-16

全羅南道 求礼郡 馬山面 華厳寺路539
宗務所+82-61-783-7600 チケット売り場+82-61-782-0019 テンプルステイ事務局+82-61-782-7600

「華厳寺(ファオムサ)」は求礼邑から東に5.4キロメートルのところにある智異山(チリサン)の麓にある千年古刹で、544年に縁起祖師(ヨンギジョサ)が創建したといわれており、寺の名は「華厳経」の最初の二文字をとってつけたと伝えられています。
当初は海会堂と大雄常寂光殿の建物しかありませんでしたが、その後643年に慈蔵律師(チャジャンユルサ)が増築し、875年にも道詵国師(トソンクッサ)が増築しました。文禄・慶長の役の際に焼失した建物を1630年より碧岩禅師(ピョガムソンサ)が再建し始め、1636年に完成しました。
華厳寺では国宝4点、宝物5点、天然記念物1点、地方文化財2点を保有しており、20棟余りの建物が配置されています。覚皇殿は大変有名な建物で、国宝第67号に指定されており、現存する木造建築物としては韓国最大の規模で、その雄大な姿は見る人を圧倒します。覚皇殿の前の庭に建てられた石灯籠は高さ6.3メートル、直径2.8メートルでこれもまた韓国最大の規模であり、統一新羅時代の仏教中興期のきらびやかな彫刻芸術を見せる作品で、国宝第12号に指定されています。

文化財
華厳寺覚皇殿前石灯(国宝第12号)
華厳寺四獅子三階石塔(国宝第13号)
華厳寺覚皇殿(国宝第67号)
華厳寺霊山会懸仏幀(国宝第301号)
華厳寺東・西5階石塔(宝物第132号、133号)
華厳寺大雄殿(宝物第299号)
華厳寺円通殿前獅子搭(宝物第300号)
華厳寺華厳石経(宝物第1040号)
華厳寺江戸彼岸(天然記念物第38号)
華厳寺普済楼(全羅南道有形文化財第49号)
華厳寺九層庵石灯(全羅南道有形文化財第132号)

河東野生茶文化祭り(하동 야생차문화축제)

河東野生茶文化祭り(하동 야생차문화축제)

7.3 Km    6377     2019-03-04

慶尚南道 河東郡 花開面 双渓路571-25
+82-55-880-2052~4

「河東野生茶文化祭り(ハドンヤセンチャムンファチュッチェ)」が開催される「河東(ハドン)」は韓国初のお茶の栽培地として有名です。河東のお茶は機械を使って大量生産されるものとは違い、手作り生産しているため値段は少々高めですが、深い味と香りは逸品です。祭りの期間中は、河東で生産されるお茶を無料で味わうことが出来るうえ、手ごろな値段で購入することができ、毎年多くの観光客で賑わいます。

十里桜並木(십리벚꽃길)

十里桜並木(십리벚꽃길)

7.4 Km    197     2019-09-16

慶尚南道 河東郡 花開面 双磎路58
+82-55-880-2052

花開(ファゲ)の桜は十里桜としてよく知られた沿道沿いの桜並木です。この道をカップルが手をつないで歩くと、一生涯一緒にいられるという言い伝えがあり「ウエディングロード」「婚礼の道」などと呼ばれています。

智異山国立公園(河東)(지리산국립공원(하동))

智異山国立公園(河東)(지리산국립공원(하동))

7.5 Km    7932     2017-12-06

慶尚南道 河東郡 花開面 花開路
+82-55-970-1000 +82-61-780-7700 +82-63-630-8900

全羅北道、全羅南道、慶尚南道の3つの道にまたがっている「智異山国立公園(チリサングンニプゴンウォン)」は、韓国で初めて国立公園として指定された名山です。また、周囲には見逃せない観光名所も多く、慶尚南道地域には双渓寺、七仏寺などの寺をはじめとし、仏日瀑布、花開渓谷、青鶴洞、道人村など観光資源が豊富です。

河東花開市場(하동 화개장터)

河東花開市場(하동 화개장터)

7.5 Km    2843     2019-08-09

慶尚南道 河東郡 花開面 双磎路 15
+82-55-880-6051

花開市場(ファゲジャント)は韓国の五大市場のひとつで、全国のどの市場より多くの人が集まる場所です。作家・金東里(キム・トンニ)の小説「駅馬」の舞台でもある花開市場は、市場から桜並木に沿って上ったところにある智異山(チリサン)の双渓寺(サンゲサ)とともに、多くの観光客がやって来る場所です。また、クッパ、トトリムク(ドングリの実で作ったぜリー)、シジミ汁を出す食堂や、飲み屋、飴売りなどの特産品を扱う店のほか、鎌などの伝統農業器具や包丁などを即売しているお店も並んでいます。

河東野生茶博物館(하동야생차박물관)

6.7 Km    1681     2019-11-26

慶尚南道 河東郡 花開面 双磎路571-25
+82-55-880-2895

慶尚南道河東郡智異山の麓にある「河東野生茶博物館(ハドンヤセンチャバンムルグァン)」は、河東郡名物の野生緑茶の普及を目的に設立されました。お茶の栽培地である河東郡が、茶文化の伝統を継承・発展させ、河東緑茶の素晴らしさを広めようと、栽培地と双渓寺に隣接した場所に建てられています。
河東茶の歴史と文化を理解し、茶の神秘を体験する「茶文化展示館」や、伝統作法体験・河東緑茶茶礼体験ができる「茶体験館」、さまざまな名品河東茶を購入できる販売コーナーがあります。また、茶文化広場には河東茶の歴史を時代別に紹介する御茶園や茶村ジョン・サング詩碑があり、四季を通して観光客の憩い場として利用されています。その他、文化体育観光部が指定する河東野生緑茶文化祭りも毎年開催されています。

ハンファリゾート智異山(한화리조트 지리산)

6.8 Km    1491     2019-04-09

全羅南道 求礼郡 馬山面 華厳寺路464
+82-61-782-2171

「ハンファリゾート智異山」は、智異山(チリサン)の豊かさと蟾津江の澄んだ水が出会う場所に位置し、雄大で壮厳な大自然の美しさが調和を成すコンドミニアムです。

花開市場桜祭り(화개장터벚꽃축제)

7.6 Km    9059     2019-03-06

慶尚南道 河東郡 花開面 ウォンタプ1キル 6
+82-55-880-2052~4

花冷えが終わり4月になると、全羅道(チョルラド)と慶尚道(キョンサンド)の境にある花開(ケファ)一帯では、道沿いに桜が美しく咲き乱れ、華やかな春の訪れを感じられるようになります。
この桜並木は「十里の桜道」と呼ばれ全国でも大変有名な場所です。特にこの道を恋人同士が手をつないで歩くと結婚して生涯幸せに暮らすと言われ、「ウエディングロード(婚礼道)」とも呼ばれています。
それもそのはず、多くのカップルが手をつないで愛を誓いながらロマンチックなこの道を歩きます。白い雪のように咲く桜は蟾津清流と花開洞天の25キロメートルの区間に美しく咲き乱れ、辺りは春の趣を楽しめる華やかな桜の名所となります。また周辺ではさまざまな文化行事も行われます。