元祖花心スンドゥブ(원조화심순두부) - エリア情報 - 韓国旅行情報

元祖花心スンドゥブ(원조화심순두부)

元祖花心スンドゥブ(원조화심순두부)

2.4 Km    2514     2017-04-11

全羅北道 完州郡 所陽面 全鎮路1051
+82-63-243-8268~9

「元祖花心スンドゥブ(ウォンジョファシムスンドゥブ)」はスンドゥブチゲや豆腐キムチといった定番の豆腐メニューだけでなく豆腐トンカツや豆腐酢豚、豆ドーナツなど、多種多様な豆腐料理を味わうことができます。変化・調和・バランスの3つを重視する職人魂が感じられるお店です。

松広寺(完州)(송광사(완주))

松広寺(完州)(송광사(완주))

5.7 Km    5107     2018-12-27

全羅北道 完州郡 所陽面 松広水満路255-16
+82-63-243-8091

「松広寺(ソングァンサ)」は全羅北道完州郡所陽面にある千年古寺です。大韓仏教曹渓宗松広寺は新羅景文王7年(867年)に九山禅門の開山祖である普照体澄禅寺が開創しました。元来の寺名は白蓮寺で、現在の一柱門が3キロメートル離れたところにありましたが、歴史の変遷により廃寺となったものを順天松広寺の普照国師知訥僧が復元後、現在の寺の殿閣は1600年代に普照国師の弟子達が大々的に仏寺の再建を推進したものです。丙子胡乱で昭顕世子と鳳林大君2人の太子を清の国に人質として送った仁祖大王が2人の太子が無事に帰還することと国乱の痛みをお釈迦様の加護で治癒しようと大々的に再建立した仁祖大王の護国寺です。このような歴史の痛みを治癒するための護国寺であることからか、大事があると大雄殿、羅漢殿、地蔵殿の仏像が多くの汗と涙を流すと言われています。大雄殿の仏像は大韓航空機爆破事件、粛軍クーデター(12·12軍事反乱)、西海フェリー沈没事故、江陵浸透事件、そして1997年12月2日から13日まで膨大な量の汗と涙を流し、I.M.F寒波を予見したと言われています。
全国でも有名な4つの道場の中で最大規模の地蔵殿に奉安されている地蔵菩薩像と十王像、羅漢殿の釈迦如来と500の羅漢像は、大雄殿と共に多くの人たちの参拝所となっており、また、傾斜の少ない平地に建てられた寺であるためお年寄りの方でも楽に上がることができ、大型バス30台が駐車することができる大型駐車場と食堂もあります。その他、春になると桜が咲き美しい桜並木を楽しめます。大雄殿、三世仏像、亞字形鍾楼、四天王像といった宝物文化財や、有形文化財などを保有しており、歴史の息吹を感じることができます。


遺物
松広寺冥府殿塑造地蔵菩薩三尊像及び眷属像一括(全羅北道有形文化財第168号)
松広寺木造三殿牌(全羅北道有形文化財第170号)
松広寺金剛門(全羅北道有形文化財第173号)

主要文化財
完州松広寺 大雄殿(宝物第1243号)
完州松広寺 鍾楼(宝物第1244号)
完州松広寺 塑造四天王像(宝物第1255号)
完州松広寺 塑造釈迦如来三仏坐像及び腹蔵遺物(宝物第1274号)

威鳳瀑布(위봉폭포)

威鳳瀑布(위봉폭포)

6.8 Km    2399     2018-10-26

全羅北道 完州郡 所陽面

威鳳瀑布という名は威鳳山に由来しており、威鳳山の南側に集まった水が北東側へ流れていきながら形成されました。瀑布は上段50m、下段20mとなっている2段瀑布であることから兄弟瀑布とも呼ばれています。瀑布の周辺にある独特な形をした石や青々と生い茂る森と調和をなし、全州の美しい八景にも数えられています。

威鳳寺(完州)(위봉사(완주)

威鳳寺(完州)(위봉사(완주)

7.1 Km    3729     2018-12-27

全羅北道 完州郡 所陽面 威鳳キル53
+82-63-243-7657

「威鳳寺(ウィボンサ)」は、604年に瑞巖大師が創建したとされています。しかし、極楽殿重修記に出ている説話によると、新羅末期に崔龍角が馬に乗り全国の山川を見て回っていた際、鳳山の南側に至り蔓をつかみながら山の頂上まで上がると、とある森から光が差しているのが見え、その光を辿って行ってみるとそこには3羽の鳳凰が飛び交っていたことから崔龍角がそこに寺を建てたとされています。威鳳寺に現存する建物のうち普光明殿は宝物第608号に指定されており、内部は中央に釈迦如来像が安置されています。

ヘンボクトゥリム韓屋[韓国観光品質認証](행복드림한옥[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

ヘンボクトゥリム韓屋[韓国観光品質認証](행복드림한옥[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

9.4 Km    44     2019-02-14

全羅北道 完州郡 龍進面 鳳捿アンキル181-21
+82-10-3677-5339

全羅北道完州郡(ワンジュグン)の澄んだきれいな農家が立ち並ぶ鳳捿(ポンソ)コル(谷)は青い山に囲まれた深く静かな山あいの村です。斗億(トゥオク)ヘンボクトゥリム村は鳳捿コルの斗億村の中にある韓屋で、建物の前には広々とした芝の庭が、背後には高い山々が屏風のように広がっています。自然に恵まれたこの地に来れば、爽快な空気が体中をきれいにしてくれるような気分になるほどです。

韓国の風水地理的に素晴らしいとされる場所・明堂(ミョンダン)でも韓国の八大明堂のひとつに数えられる鳳捿コルの斗億村。全州中心部からさほど離れていませんが、桃源郷を思わせるほど深く物静かな山間の村です。村の右手には終南山(チョンナムサン)、左手には西方山(ソバンサン)があり山が村を包み込んでいるかのように見え、この姿が鳳凰が包み込んでいる形に似ていることから「鳳捿」という地名が付けられたといいます。こんな地形のおかげで空気は澄み、一年を通じて美しい風景を誇っています。

斗億村は完州郡の村活性化事業を通じて、斗億ヘンボクトゥリム村に生まれ変わりました。斗億村には築150年の韓屋から築45年の韓屋までさまざまな韓屋が軒を連ねていますが、2010年から村では共同で韓屋宿泊業と協力しさまざまな体験プロフラムを開始しました。その中で斗億ヘンボクトゥリム村は教育用体験館としての機能を果たしているところです。客室のほか、およそ100平方メートルの広さの大きな体験場があり、団体専用施設として利用しています。体験場では礼節教育の実施や科挙試験の再現を体験したりします。

宿泊費には1日3食の食事も含まれていますが、酵素を使って作った漬物やナムル、野菜がいっぱいの地元の田舎料理で構成された健康食を提供しています。味もすばらしく、都会では味わえないおかずが多いことから好評を得ています。

敷地入口の大門脇にある門間(ムンガン)チェの建物に入ると、広々とした芝の中庭が目に飛び込んできます。中庭の前には青い山々を背景に正面、左右にと大きくはだかる瓦屋屋根の家屋が広がり、伝統韓屋の雄大な雰囲気を感じられます。韓屋の客室は特別な装飾はなく、こぢんまりとしてシンプルな造りです。薪を焚いて利用する昔ながらのオンドル部屋となっていることもあり、エアコンは設置されていません。大門の正面にある体験館の戸は天井につるし開閉する形態となっています。そのため中庭に向って設置されている10の戸すべてを天井に吊るし、山側の戸もすべて開くと、四方に外の風景がパノラマのように広がり素晴らしい風景となります。

斗億ヘンボクトゥリム村は農漁村体験及び休養村の指定を受けた村です。このため村では共同でさまざまな体験を実施しています。ガイドとともに村の森を巡る「自然体験」、願いを書いたネックレスを作ってかけたり、明堂を訪れる体験などもあります。種籾を蒔いたり、稲を刈ったりする「稲作体験」をはじめ、サツマイモ掘り体験も季節毎に行っています。また弓矢、丸い金属製のリングを転がして遊ぶクルロンセなど伝統遊びを体験することもできます。ソリ(音)学堂や礼節教育などの体験も一年を通じて2日間のコースで行われています。この他「杵つき体験」、「案山子作り体験」、「伝統チェギ作り体験」、「凧作り体験」なども常時実施しており、学校単位などの団体で韓国の伝統文化を自ら体験し学ぶことができ、児童・生徒の課外学習の場所として最適なところです。

全州韓屋レールバイク(전주한옥레일바이크)

全州韓屋レールバイク(전주한옥레일바이크)

10.8 Km    1034     2018-08-09

全羅北道 全州市 徳津区 東部大路420

「全州韓屋レールバイク(チョンジュハノクレイルバイク)」は、年間1000万人が訪れる韓国最大の観光名所である全州韓屋村にほど近い牙中駅の廃線敷地に作られました。新里からウェマンシルまでの往復3.4キロメートルを時速15~20キロで美しい景色を眺めながら走ります。

全州駅(전주역)

全州駅(전주역)

11.8 Km    4548     2016-04-29

全羅北道 全州市 徳津区 東部大路

全州駅は全州市西老松洞に1914年11月17日に開通し、1978年3月28日には全羅線の北全州と新里の間に移設しました。
その後、駅の再建にあわせて1981年5月25日に全州牛牙洞の現在地に移転をし、1日平均6,000人あまりの人が利用するだけでなく行政、教育、文化、交通の中心として成長し続けています。

致命者山聖地(치명자산성지)

致命者山聖地(치명자산성지)

12.3 Km    9897     2018-07-06

全羅北道 全州市 完山区 パラムセェヌンキル 89
+82-63-285-5755

天主教聖地「致命者山」(チョンジュギョソンジ・チミョンジャサン)

全州市の東南に位置する寒碧堂の裏に僧岩山という山があり、その山の険しい峰に天主教(カトリック教)の聖地「致命者山」があります。岩の上に高さ4mの石で造られた十字架があり、その横の崖のところに聖堂が建られました。この聖地は世界で唯一の童貞夫婦(性関係を持たない夫婦)である柳重哲(洗礼名ヨハン)と李順伊(洗礼名ルガルダ)とその家族が眠っている場所です。

1800年代のキリスト教の迫害期に家族7人が殉教し、ここに葬られています。そのうちの一人・柳恒倹は、完州郡伊西面チョナム部落で生まれ、全羅道で最初の天主教の信者として斬首されました。息子の重哲とその妻の順伊は篤実な信仰生活を送るため童貞夫婦を貫き、結婚して4年で斬刑に処されました。寒碧堂の周辺からも致命者山の十字架が見え、聖地として造成されてからは巡礼者がひっきりなしに訪れる名所となりました。柳重哲と李順伊の墓が頂上に安置されており、頂上の崖には花崗岩でできた記念聖堂があります。童貞夫婦の殉教者の墓の上には「奇跡の岩(イエス・マリア岩)」もあります。

山の急斜面を登りながら祈りをささげる「ゴルゴダの十字架の道」には、入口から山の頂上までの全区間に花の道がつくられており、散策に最適です。聖地入口には広い休息スペース(モンマルト広場)があり、森の中の駐車場(4,000坪)も整備されています。

●特長
(1)柳恒倹と童貞夫婦殉教者の墓
(2)モンマルト広場
(3)聖堂(海抜300mの山の頂上の崖に建てられた記念聖堂)
(4)イエス・マリア岩
(5)ゴルゴダ十字架の道
(6)祈りの花の道 

[有望祭り] 完州ワイルドフード・フェスティバル([유망축제] 완주와일드푸드축제)

[有望祭り] 完州ワイルドフード・フェスティバル([유망축제] 완주와일드푸드축제)

12.5 Km    4774     2019-04-15

全羅北道 完州郡 高山面 高山休養林路246
+82-63-290-3939

文化体育観光部により有望祭りに選ばれた「完州(ワンジュ)ワイルドフードフェスティバル」は、ワイルドな昔の思い出と食べ物をテーマとし、地域の安全な食材を基盤に川狩り、野生、郷愁など昔の思い出を自然の中で感じ、体験できるお祭りです。過去と現代が調和し、幼いころに感じた田舎の味・趣・情を感じることができます。

寒碧堂(한벽당)

寒碧堂(한벽당)

12.7 Km    10004     2019-03-18

全羅北道 全州市 完山区 麒麟大路2

全羅北道の有形文化財第15号に指定されている「寒碧堂(ハンビョクタン)」は、1404年に朝鮮開国の功臣崔湛(チェダム)の別荘として建てられた楼閣です。
僧岩山の山麓の断崖にあるため絶景で、特に目の前を流れる全州川とは絶妙のバランスをなしています。かつて多くの文人がここを訪れインスピレーションを得たことから、寒碧晴煙(寒碧堂から眺める霧が美しいという意)といわれ、全州八景のひとつに数えられています。

テスン韓紙村韓屋伝統文化体験館[韓国観光品質認証](대승한지마을한옥전통문화체험관[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

0m    46     2019-03-21

全羅北道 完州郡 所陽面 ポグンキル18-4
+82-63-242-1001

全羅北道完州郡のテスン韓紙村は百済以来全州に属する地域で、高麗時代から韓紙の生産地として知られています。完州郡が全州から分離し、現在の名前を得たのは1935年の事です。したがって、韓紙の原産地を今の全州だけに限って考えるのは誤解といえます。テスン韓紙村は世界的に有名な「高麗紙」の原産地であり、数百年前は村の住民のほとんどが代々韓紙を生産・販売する仕事に携わっていました。今では農業や畜産などに従事する住民もいますが、韓紙職人の命脈は維持され、韓紙展示室や体験館などを通じて韓紙を継承し、広く知ってもらうために努力しています。
テスン韓紙村周辺はスンレ峰とトゥリ峰という低めの山が取り囲んでおり、田園集落の趣をかもし出しています。村の各所に農家や畜舎があり、古宅や書堂も保存されています。芝生広場には伝統ブランコや投壷などの民俗遊びが用意されており、ひと休みするのにちょうどいい東屋もあります。
ここには宿泊できる韓屋のほかに韓紙体験館、韓紙工芸展示室があり、韓紙体験館では韓紙を製造したり、韓紙の扇子、韓紙ゴム靴、手鏡、韓紙仮面、楽器、鉛筆たてなどを作る体験をリーズナブルに楽しめます。
宿泊できる韓屋には8つの客室があります。すべての部屋に洋式トイレ、40インチテレビ、エアコン、冷蔵庫、ドレッサーなどがあり、大きな窓からはのんびりした風景を楽しめます。布団と枕も韓紙でできているほど、木と韓紙だけにこだわった、素朴ながらも趣のある部屋となっています。また、約20坪のセミナー室も完備しており、ビームプロジェクターを使うことができるので、団体セミナーを開くことも可能です。食堂では韓食定食を提供している他、宿泊客はキッチンを利用することもできます。韓屋周辺は松林が取り囲んでいるため、空気が澄んでおり、ほのかな松の香りを感じることができます。

全州ホテル[韓国観光品質認証] (전주호텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

11.3 Km    8     2019-08-01

全羅北道 全州市 徳津区 山亭2キル 31
+82-63-247-3333

全州ホテルは見晴らしが良くきれいな施設で、快適にお休みいただけます。建物は地上6階建てで、2014 年にリノベーションを行い、きれいで便利なホテルに生まれ変わりました。客室はダブル、ツイン、スイートの3タイプがあります。全客室にベッドと壁掛けテレビ、冷蔵庫、エアコンがあり、コーヒーポットとお茶もご用意しております。ダブルルームとツインルームはこじんまりしていますが快適で、スイートルームはゆったりした空間でゆっくり休むのにぴったりです。ダブルルームとツインルームにはパソコンが設置されています。

旅行者だけでなく全州市民もよく訪れる牙中湖が近くにあり、散歩やジョギングを楽しめます。湖の上に設置された水上デッキが独特で、夕方に照明が灯るととてもきれいです。ホテルから牙中湖までは車で3分ほどかかります。全州最高の見どころである全州韓屋村までは10分ほどで行け、全州旅行に最適なロケーションです。東全州ICまで1㎞と近く、全州近郊や周辺都市へのアクセスも抜群です。鎮安の馬耳山までは車で20分あれば十分です。