松広寺(完州)(송광사(완주)) - エリア情報 - 韓国旅行情報

松広寺(完州)(송광사(완주))

松広寺(完州)(송광사(완주))

5.7 Km    5305     2020-03-26

全羅北道 完州郡 所陽面 松広水満路255-16
+82-63-243-8091

「松広寺(ソングァンサ)」は全羅北道完州郡所陽面にある千年古寺です。大韓仏教曹渓宗松広寺は新羅景文王7年(867年)に九山禅門の開山祖である普照体澄禅寺が開創しました。元来の寺名は白蓮寺で、現在の一柱門が3キロメートル離れたところにありましたが、歴史の変遷により廃寺となったものを順天松広寺の普照国師知訥僧が復元後、現在の寺の殿閣は1600年代に普照国師の弟子達が大々的に仏寺の再建を推進したものです。丙子胡乱で昭顕世子と鳳林大君2人の太子を清の国に人質として送った仁祖大王が2人の太子が無事に帰還することと国乱の痛みをお釈迦様の加護で治癒しようと大々的に再建立した仁祖大王の護国寺です。このような歴史の痛みを治癒するための護国寺であることからか、大事があると大雄殿、羅漢殿、地蔵殿の仏像が多くの汗と涙を流すと言われています。大雄殿の仏像は大韓航空機爆破事件、粛軍クーデター(12·12軍事反乱)、西海フェリー沈没事故、江陵浸透事件、そして1997年12月2日から13日まで膨大な量の汗と涙を流し、I.M.F寒波を予見したと言われています。
全国でも有名な4つの道場の中で最大規模の地蔵殿に奉安されている地蔵菩薩像と十王像、羅漢殿の釈迦如来と500の羅漢像は、大雄殿と共に多くの人たちの参拝所となっており、また、傾斜の少ない平地に建てられた寺であるためお年寄りの方でも楽に上がることができ、大型バス30台が駐車することができる大型駐車場と食堂もあります。その他、春になると桜が咲き美しい桜並木を楽しめます。大雄殿、三世仏像、亞字形鍾楼、四天王像といった宝物文化財や、有形文化財などを保有しており、歴史の息吹を感じることができます。


遺物
松広寺冥府殿塑造地蔵菩薩三尊像及び眷属像一括(全羅北道有形文化財第168号)
松広寺木造三殿牌(全羅北道有形文化財第170号)
松広寺金剛門(全羅北道有形文化財第173号)

主要文化財
完州松広寺 大雄殿(宝物第1243号)
完州松広寺 鍾楼(宝物第1244号)
完州松広寺 塑造四天王像(宝物第1255号)
完州松広寺 塑造釈迦如来三仏坐像及び腹蔵遺物(宝物第1274号)

威鳳瀑布(위봉폭포)

威鳳瀑布(위봉폭포)

6.8 Km    2453     2019-12-18

全羅北道 完州郡 所陽面 大興里
+82-63-290-3930

「威鳳(ウィボン)瀑布」という名は威鳳山に由来しており、威鳳山の南側に集まった水が北東側へ流れていきながら形成されました。瀑布は上段50メートル、下段20メートルとなっている2段瀑布であることから兄弟瀑布とも呼ばれています。瀑布の周辺にある独特な形をした石や青々と生い茂る森と調和をなし、全州の美しい八景にも数えられています。

威鳳寺(完州)(위봉사(완주)

威鳳寺(完州)(위봉사(완주)

7.1 Km    3863     2020-03-24

全羅北道 完州郡 所陽面 威鳳キル53
+82-63-243-7657

「威鳳寺(ウィボンサ)」は、604年に瑞巖大師が創建したと伝えられています。しかし、極楽殿重修記に出ている説話によると、新羅末期に崔龍角が馬に乗り全国の山川を見て回っていた際、鳳山の南側に至り蔓をつかみながら山の頂上まで上がると、とある森から光が差しているのが見え、その光を辿って行ってみるとそこには3羽の鳳凰が飛び交っていたことから崔龍角がそこに寺を建てたとされています。威鳳寺に現存する建物のうち普光明殿は宝物第608号に指定されており、内部は中央に釈迦如来像が安置されています。

ヘンボクトゥリム韓屋[韓国観光品質認証](행복드림한옥[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

ヘンボクトゥリム韓屋[韓国観光品質認証](행복드림한옥[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

9.4 Km    70     2019-02-14

全羅北道 完州郡 龍進面 鳳捿アンキル181-21
+82-10-3677-5339

全羅北道完州郡(ワンジュグン)の澄んだきれいな農家が立ち並ぶ鳳捿(ポンソ)コル(谷)は青い山に囲まれた深く静かな山あいの村です。斗億(トゥオク)ヘンボクトゥリム村は鳳捿コルの斗億村の中にある韓屋で、建物の前には広々とした芝の庭が、背後には高い山々が屏風のように広がっています。自然に恵まれたこの地に来れば、爽快な空気が体中をきれいにしてくれるような気分になるほどです。

韓国の風水地理的に素晴らしいとされる場所・明堂(ミョンダン)でも韓国の八大明堂のひとつに数えられる鳳捿コルの斗億村。全州中心部からさほど離れていませんが、桃源郷を思わせるほど深く物静かな山間の村です。村の右手には終南山(チョンナムサン)、左手には西方山(ソバンサン)があり山が村を包み込んでいるかのように見え、この姿が鳳凰が包み込んでいる形に似ていることから「鳳捿」という地名が付けられたといいます。こんな地形のおかげで空気は澄み、一年を通じて美しい風景を誇っています。

斗億村は完州郡の村活性化事業を通じて、斗億ヘンボクトゥリム村に生まれ変わりました。斗億村には築150年の韓屋から築45年の韓屋までさまざまな韓屋が軒を連ねていますが、2010年から村では共同で韓屋宿泊業と協力しさまざまな体験プロフラムを開始しました。その中で斗億ヘンボクトゥリム村は教育用体験館としての機能を果たしているところです。客室のほか、およそ100平方メートルの広さの大きな体験場があり、団体専用施設として利用しています。体験場では礼節教育の実施や科挙試験の再現を体験したりします。

宿泊費には1日3食の食事も含まれていますが、酵素を使って作った漬物やナムル、野菜がいっぱいの地元の田舎料理で構成された健康食を提供しています。味もすばらしく、都会では味わえないおかずが多いことから好評を得ています。

敷地入口の大門脇にある門間(ムンガン)チェの建物に入ると、広々とした芝の中庭が目に飛び込んできます。中庭の前には青い山々を背景に正面、左右にと大きくはだかる瓦屋屋根の家屋が広がり、伝統韓屋の雄大な雰囲気を感じられます。韓屋の客室は特別な装飾はなく、こぢんまりとしてシンプルな造りです。薪を焚いて利用する昔ながらのオンドル部屋となっていることもあり、エアコンは設置されていません。大門の正面にある体験館の戸は天井につるし開閉する形態となっています。そのため中庭に向って設置されている10の戸すべてを天井に吊るし、山側の戸もすべて開くと、四方に外の風景がパノラマのように広がり素晴らしい風景となります。

斗億ヘンボクトゥリム村は農漁村体験及び休養村の指定を受けた村です。このため村では共同でさまざまな体験を実施しています。ガイドとともに村の森を巡る「自然体験」、願いを書いたネックレスを作ってかけたり、明堂を訪れる体験などもあります。種籾を蒔いたり、稲を刈ったりする「稲作体験」をはじめ、サツマイモ掘り体験も季節毎に行っています。また弓矢、丸い金属製のリングを転がして遊ぶクルロンセなど伝統遊びを体験することもできます。ソリ(音)学堂や礼節教育などの体験も一年を通じて2日間のコースで行われています。この他「杵つき体験」、「案山子作り体験」、「伝統チェギ作り体験」、「凧作り体験」なども常時実施しており、学校単位などの団体で韓国の伝統文化を自ら体験し学ぶことができ、児童・生徒の課外学習の場所として最適なところです。

全州韓屋レールバイク(전주한옥레일바이크)

全州韓屋レールバイク(전주한옥레일바이크)

10.8 Km    1261     2020-04-01

全羅北道 全州市 徳津区 東部大路420
+82-63-273-7788

「全州韓屋レールバイク(チョンジュハノクレイルバイク)」は、年間1000万人が訪れる韓国最大の観光名所である全州韓屋村にほど近い牙中駅の廃線敷地に作られました。新里からウェマンシルまでの往復3.4キロメートルを時速15~20キロで美しい景色を眺めながら走ります。

全州駅(전주역)

全州駅(전주역)

11.8 Km    4659     2016-04-29

全羅北道 全州市 徳津区 東部大路

全州駅は全州市西老松洞に1914年11月17日に開通し、1978年3月28日には全羅線の北全州と新里の間に移設しました。
その後、駅の再建にあわせて1981年5月25日に全州牛牙洞の現在地に移転をし、1日平均6,000人あまりの人が利用するだけでなく行政、教育、文化、交通の中心として成長し続けています。

大勝韓紙村韓屋伝統文化体験館[韓国観光品質認証](대승한지마을한옥전통문화체험관[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

0m    75     2020-01-21

全羅北道 完州郡 所陽面 ポグンキル18-4
+82-63-242-1001

全羅北道完州郡の大勝(テスン)韓紙村は百済以来全州に属する地域で、高麗時代から韓紙の生産地として知られています。完州郡が全州から分離し、現在の名前を得たのは1935年の事です。したがって、韓紙の原産地を今の全州だけに限って考えるのは誤解といえます。大勝韓紙村は世界的に有名な「高麗紙」の原産地であり、数百年前は村の住民のほとんどが代々韓紙を生産・販売する仕事に携わっていました。今では農業や畜産などに従事する住民もいますが、韓紙職人の命脈は維持され、韓紙展示室や体験館などを通じて韓紙を継承し、広く知ってもらうために努力しています。
大勝韓紙村周辺はスンレ峰とトゥリ峰という低めの山が取り囲んでおり、田園集落の趣をかもし出しています。村の各所に農家や畜舎があり、古宅や書堂も保存されています。芝生広場には伝統ブランコや投壷などの民俗遊びが用意されており、ひと休みするのにちょうどいい東屋もあります。
ここには宿泊できる韓屋のほかに韓紙体験館、韓紙工芸展示室があり、韓紙体験館では韓紙を製造したり、韓紙の扇子、韓紙ゴム靴、手鏡、韓紙仮面、楽器、鉛筆たてなどを作る体験をリーズナブルに楽しめます。
宿泊できる韓屋には8つの客室があります。すべての部屋に洋式トイレ、40インチテレビ、エアコン、冷蔵庫、ドレッサーなどがあり、大きな窓からはのんびりした風景を楽しめます。布団と枕も韓紙でできているほど、木と韓紙だけにこだわった、素朴ながらも趣のある部屋となっています。また、約20坪のセミナー室も完備しており、ビームプロジェクターを使うことができるので、団体セミナーを開くことも可能です。食堂では韓食定食を提供している他、宿泊客はキッチンを利用することもできます。韓屋周辺は松林が取り囲んでいるため、空気が澄んでおり、ほのかな松の香りを感じることができます。

完州 大勝韓紙村(완주 대승한지마을)

2.8 Km    46     2020-01-21

全羅北道 完州郡 所陽面

手工芸が苦手な方でも素晴らしい韓紙作品が作れるところ
韓国の韓紙(ハンジ)技術は東洋一を誇り、韓紙は伝統的に輸出品として重宝されていました。
大勝(テスン)韓紙村(ハンジマウル)は、その古の時代の伝統を今に伝えている村で、ここには韓紙工場が9か所、韓紙生産技術保有者が10人あまり住んでいます。村にある韓紙生活史展示館や体験場では、様々な伝統的な韓紙の美しさに浸ることができ、自ら韓紙を漉いてみたり、韓紙工芸品も作ることもできます。見学を兼ねて作品も作れるそんな場所がここ、大勝韓紙村です。

緑雲斎 [韓国観光品質認証](녹운재 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

7.1 Km    43     2019-11-07

全羅北道完州郡所陽面ソングァンスマンロ472-18
+82-10-4450-6565

全羅北道完州郡オソン韓屋村にある緑雲斎は、350坪の敷地に建てられた韓屋である。2014年に完工し、宿泊業を始めた。緑雲斎は「緑色の雲が浮かんでいる家」という意味で、山裾に沿って並んでいる緑の広葉樹と針葉樹、そして空に浮かんでいる雲が調和を成している風景は非常に美しい。韓屋の入り口にはきれいな花や木が並んでおり、庭に入ると回廊でつながっている韓屋が二つある。一緒に運営している姉妹は全国各地の韓屋を見て回って、長い間夢見ていた韓屋を建てて住んでいる。韓屋を初めて設計した時から細かい所まで気を使った姉妹は、タイルまで直接選んだと言う。韓屋の外壁を黄土と瓦で作ったため、夏には凉しく冬には暖かい。縁側を広くしておいたため、そこに座って自然を楽しむこともできる。韓屋の内部は刺繍をしたコットンやアンティークな小物などで飾られ、四君子画家である姉妹が韓紙に直接描いて作った照明も目立つ。姉妹の真心が感じられる所である。

傾斜のある敷地をそのまま活用し、上にナウンチェ、下にウンアチェを建てた。そして二つをつなぐ廊下式回廊を作ったが、回廊にも窓を作って階段に座って窓越しの風景を眺めることができる。絹雲という意味のナウンチェは屋根裏、寝室、キッチン、居間、トイレで構成されている。屋根裏の窓を開けると遠く山と松の森が眺められる。また、家の後ろにあるいちご畑と石垣を眺めながらゆっくり休める。部屋の壁と床は全て黄土と木で作られているため、部屋の中で良い香がして身も心も癒される。キッチンはカラフルなタイルと木で飾られ、大きな窓からヒノキの森が見られる。居間にも大きい窓があって、凉しい床で横になって窓越しの自然と風を満喫することができる。美しい雲という意味の「ウンアチェ」は茶の間と寝室、キッチン、居間、トイレで構成されている。ナウンチェと似ているが、異なる魅力もある空間だ。特にキッチンの壁にある長い窓の前に長いテーブルをおいて美しい雰囲気を演出した。時々宿泊料金の割引イベントを実施するので、予約の前に確認してほしい。

庭のあちこちにはコスモス、マツバボタン、鶏頭など色々な花が咲いている。とうもろこし、きび、いちごをはじめ柿の木、ナツメの木、スモモの木などもあって、旬の果物や野菜をとって味わうことができる。墨を磨ってうちわや韓紙に絵を描いてみる四君子体験、ここで直接採取された柿の葉、花びらを乾かしてお茶として飲む茶道体験もできる。朝食はトーストとジャム、牛乳が提供されるが、炊事道具が完備されているので自由に料理もできる。韓屋の近くには松広寺、威鳳寺、完山8景である高さ60メートルの威鳳瀑布(滝)などの観光地があり、全州韓屋村までは車で20分かかる。

トゥナイトホテル[韓国観光品質認証] (투나잇호텔[한국관광 품질인증/Korea Quality])

11.0 Km    89     2020-04-10

全羅北道全州市德津区アジュン4ギル16
+82-63-241-9594

全羅北道全州市德津区にあるトゥナイトホテルは、手頃な値段のビジネスホテルである。36の客室はデラックス、プレミアム、ビジネス(ツイン)、ダブルビジネス(ツイン)、スイート、ロイヤルスイート、VIPといった多様なタイプで構成されている。客室別にモダンなホワイトトーン、洗練されたモノトーン、トレンディーなグリーントーンなどコンセプトが異なるため、好みに応じて選択できる。全室にTV、冷蔵庫、ドライヤー、ヘアアイロン、アメニティーグッズなど必ず必要なものだけでなく、くつろげるソファ-とテーブルも配置した。特に全室にバスタブがあるため、旅行で疲れた体を癒すことができる。顧客の利便性を高めるために24時間フロントデスクを運営しており、セルフバーで韓食の無料朝食を食べることができる(日曜日除く)。
ホテルから全州韓屋レールバイク停留場までは徒歩5分で、恋人同士や子連れ観光客が楽しむのに良い。また、全州韓屋村、夏になると蓮華の花が咲く徳津公園、BTSも撮影で訪れた全州動物園内のドリームランドまでは車で10~15分かかる。

ライムホテル [韓国観光品質認証](라임호텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

11.1 Km    342     2019-11-11

全羅北道全州市徳津区アジュン4ギル13-3
+82-63-241-8300

ライムホテルは東全州IC近くにあるホテルで、全州市民に愛される牙中湖公園と約700m離れている。モダンで洗練されたデザインと清潔な施設が目立つ。客室はデラックス、プレミアム、プレミアムツイン、ラブリースイート、モダンスイート、ボディーフレンドスイートで構成されている。全室にラテックスベッドと2台のPCがある。シラカンバを使った内装、やさしい間接照明がよい雰囲気を作る。ラブリースイートルームは韓屋スタイルで、ボディーフレンドスイートでは最高級マッサージチェアとジェットスパが旅行で疲れた体を癒してくれる。朝食は朝7時から。電話で要請する場合は朝食のルームサービスも可能だ。

慶基殿、殿洞カトリック教会などがある全州韓屋村までは約10分かかる。他に全州動物園、徳津公園、全州韓紙博物館、国立全州博物館、全北道立美術館など見どころが多い。全州では全州ビビンパ、豆もやしクッパ、母酒、カメク(スーパーマーケットで売るビールという意味で、スーパーでビールと簡単なおつまみを買って店先で飲む文化をいう)、マッコルリ、クラフトビールなど、多様な全州の味を体験してみよう。グルメいっぱいの南部市場の夜市は最近一番人気のあるスポット。毎週金曜日と土曜日の夜に開かれる。

全州ホテル[韓国観光品質認証] (전주호텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

11.3 Km    46     2019-08-01

全羅北道 全州市 徳津区 山亭2キル 31
+82-63-247-3333

全州ホテルは見晴らしが良くきれいな施設で、快適にお休みいただけます。建物は地上6階建てで、2014 年にリノベーションを行い、きれいで便利なホテルに生まれ変わりました。客室はダブル、ツイン、スイートの3タイプがあります。全客室にベッドと壁掛けテレビ、冷蔵庫、エアコンがあり、コーヒーポットとお茶もご用意しております。ダブルルームとツインルームはこじんまりしていますが快適で、スイートルームはゆったりした空間でゆっくり休むのにぴったりです。ダブルルームとツインルームにはパソコンが設置されています。

旅行者だけでなく全州市民もよく訪れる牙中湖が近くにあり、散歩やジョギングを楽しめます。湖の上に設置された水上デッキが独特で、夕方に照明が灯るととてもきれいです。ホテルから牙中湖までは車で3分ほどかかります。全州最高の見どころである全州韓屋村までは10分ほどで行け、全州旅行に最適なロケーションです。東全州ICまで1㎞と近く、全州近郊や周辺都市へのアクセスも抜群です。鎮安の馬耳山までは車で20分あれば十分です。