南香斎韓屋体験[韓国観光品質認証](남향재한옥체험[한국관광품질인증제/ Korea Quality]) - エリア情報 - 韓国旅行情報

南香斎韓屋体験[韓国観光品質認証](남향재한옥체험[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

南香斎韓屋体験[韓国観光品質認証](남향재한옥체험[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

0m    61     2019-01-03

全羅南道 霊岩郡 郡西面 王仁路 696
+82-10-3158-0100

南香斎(ナミャンジェ)は2014年9月に竣工しました。南香斎という名前には「南の香り」という意味があります。客室は本館、別館、離れで構成されており、本館1階には共用キッチンやセミナー室などがあります。客室にはテレビ、エアコン、冷蔵庫が設置されている他、流し台などの炊事施設もあります。南香斎では韓紙工芸、草木染め体験ができ、ユンノリ(すごろく)などの昔の遊びも楽しむことができます。周辺観光スポットとして車で10分のところに月出山、20分のところに霊岩湖があります。

霊岩 王仁博士村(영암 왕인박사마을)

霊岩 王仁博士村(영암 왕인박사마을)

2.2 Km    558     2019-07-03

全羅南道 霊岩郡 郡西面 鳩林路43-14
+82-61-472-0939

三韓時代(初期鉄器時代~原三国時代)から続く2200年の長い伝統を持つ「王仁(ワンイン)博士村/(鳩林(クリム)伝統村)」は、全羅南道霊岩郡にある月出山(ウォルチュルサン)の西側の麓に位置しています。鳩林村は多くの歴史的説話と人物を生み出したところで、手付かずの自然と文化観光資源が豊富な美しい村です。村の中には、有形文化資源の会社亭(亭子(あずまや))、国岩祠(祠堂)など12の楼閣や亭子、伝統家屋、石垣、古木などが昔の姿形そのままに残っています。
特に、鳩林村内には96の韓屋民宿があるため韓屋での宿泊体験ができると共に、紙工芸、伝統婚礼、餅つき、藁工芸、魚捕り、水遊びなどの様々な体験もでき、さらに毎年開催される王仁桜祭りや菊祭りを楽しむこともできます。

[文化観光祭り] 霊岩王仁文化祭り([문화관광축제] 영암왕인문화축제)

[文化観光祭り] 霊岩王仁文化祭り([문화관광축제] 영암왕인문화축제)

2.5 Km    9638     2020-01-09

全羅南道 霊岩郡 郡西面 王仁路440
+82-61-470-2347

「霊岩王仁文化祭り(ヨンアムワンインムンファチュッチェ)」は、約1600年前に千字文や論語などをはじめとする文化・芸術を伝えようと日本に渡った王仁博士を称える意味で開催される祭りです。桜が満開を迎える4月に王仁博士の業績を振り返るべく様々なパフォーマンスが行われ文化体験広場なども設けられます。

イベント内容:パレード「王仁博士、日本へ行く」、文化公演イベント、遊戯体験イベントなど
付帯イベント:桜ロードロマン列車ツアー、王仁スタンプラリー、郷土料理販売館など
プログラム:王仁の道体験、桜プロポーズ、月出山生気体験など

王仁博士遺跡地(왕인박사 유적지)

王仁博士遺跡地(왕인박사 유적지)

2.6 Km    19488     2017-01-20

全羅南道 霊岩郡 郡西面
+82-61-470-2559, +82-61-470-6643, 6652

王仁博士遺跡地(ワンインパクサユジョクチ)は鳩林村(クリムマウル)の東、ムンピル峰の麓にあり、王仁(ワンイン:百済の学者)が脚光を浴びたことにより彼に関連する遺跡物を復元した場所で、王仁墓(祠堂)、内三門、外三門、文山斎、養士斎、展示館、王仁像などから成っています。この中でも王仁墓(約82.5㎡)には、肖像画と位牌が安置されており、毎年祭祀が執り行われます。
王仁博士の誕生した地である聖基洞や博士が飲んだと伝えられている聖泉もあり、誕生した地の横には遺虚碑が建っています。また、月出山の中腹には博士が勉強をしたと伝えられている冊堀や文山齋、養士齋があります。文山齋や養士齋には博士が勉強をしながら故郷の人材を育てた場所で、毎年3月3日には王仁博士の追慕祭を行ったといいます。冊堀の前にある王仁博士の石人像は博士の厚徳を称えるために建てたものといわれています。聖基洞の西にあるトルジョン峠は博士が日本を発つときに同僚や門下生たちとの別れを惜しみ、故郷を振り返って見たことからその名前が付けられました。上台浦は博士が日本から船に乗った場所で、当時の国際貿易港でした。王仁博士は百済人として日本の応神天皇の招待により、論語10冊、千字文1冊を持って日本に渡り、その経書の知識により応神天皇の信任を受け皇太子の師匠になったといわれています。これが日本文化を開く重要な契機となりました。日本の古事記には和邇吉師、日本書紀には王仁という彼の名前が登場します。
王仁博士は論語や千字文を伝えただけでなく、技術工芸の伝授、日本歌謡の創始などに貢献し、政治顧問となり百済文化の伝授を通し、日本の飛鳥文化に影響を与えました。この遺跡地は1985年から1987年の祠堂を始めとする遺跡地浄化事業を始め、王仁公園など聖基洞文化観光事業を継続して行っています。

霊岩陶器博物館(영암도기박물관)

霊岩陶器博物館(영암도기박물관)

2.9 Km    7186     2019-03-19

全羅南道 霊岩郡 郡西面 西湖亭キル5
+82-61-470-6851、6861

全羅南道霊岩の「湖南の小金剛」と呼ばれる月出山の麓に建てられた鳩林村(クリムマウル)は、百済の王仁博士と道銑国師の誕生伝説の舞台であり、韓国陶器文化の中心地です。
2200年の歴史と伝統が息づく鳩林村の入口にある「霊岩陶器博物館(ヨンアムトギパンプルグァン)」は、陶器文化センターの建物をリモデリングして2008年4月に再オープンしました。博物館の常設展示場には、この地域で発掘された土器と陶棺、統一新羅時代の鳩林陶器、朝鮮時代の窯の焼き跡などから発掘された陶器が時代別に展示されており、霊岩の陶器の歴史を一目で見ることができます。また、直接陶器作りを体験することができる工房と霊岩黄土でできた陶器、茶器などの陶器を購入することができる陶器ショップもあります。
博物館の入口に展示された梨花女子大学博物館の二度にわたる発掘調査によって学界で有名になった韓国初の施釉陶器の窯の焼き跡(施釉陶器、史跡第338号)が目を引き、また、陶器体験工房を含め陶器で作られた椅子やテーブル、かめなどが庭に飾られています。
毎年博物館では、土と陶器をテーマにした様々な企画・特別展示会が開かれている他、周辺には、王仁博士遺跡、道岬寺、月出山国立公園をはじめとする多くの文化遺跡が点在しており、春には桜の花びらが舞う鳩林村一帯の桜花見通りで「王人文化祭」が開かれます。

道岬寺(도갑사)

道岬寺(도갑사)

2.9 Km    4072     2019-09-17

全羅南道 霊岩郡 郡西面 道岬寺路306
+82-61-473-5122

全羅南道霊岩郡の山なみが美しく風景がすばらしいため、昔から「湖南の小金剛」と呼ばれる月出山のすそにある「道岬寺(トガプサ、海抜376メートルに位置)」は、1984年に全羅南道の文化財資料第79号として指定された由緒正しい古寺です。
新羅末期に道詵国師により創建されたこの寺には、国宝第50号に指定された道岬寺の解脱門があり、解脱門は現存している韓国の建築物の中でも、珍しい古い建物です。この他に、国宝第144号である磨崖如来坐像と宝物第89号石造如来坐像、宝物第1134号木造文殊・普賢童子像、道詵守眉碑(全羅南道遺物文化財第38号)、大雄宝殿など、多くの文化財を所蔵しています。
道岬寺に向かう道の街路樹は、桜が1キロメートル以上続いており、桜が満開になる春になるととても美しい花のトンネルになります。周辺は月出山国立公園と王仁博士遺蹟地、霊岩陶陶器博物館、鳩林マウルなど多くの名所があります。

月印堂[韓国観光品質認証](월인당[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

月印堂[韓国観光品質認証](월인당[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

3.0 Km    51     2018-12-29

全羅南道 霊岩郡 郡西面 茅亭1キル 37-11
+82-61-471-7675, +82-10-6648-7916

月印堂(ウォリンダン)は全羅南道霊岩郡郡西面にある茅亭幸福村に位置しています。月印堂という名前には「森の上に聳え立つ煙突の煙が月明かりと調和するところ」という意味があります。月印堂では緑茶と黄茶を作って試飲できる茶礼体験を行っています。他にもハンカチやTシャツの藍染め、蘇芳染めなどができる草木染体験、小麦粉を捏ねて麺を作る小豆カルグクス体験などを行っています。

月出山気チャンランド(월출산 기찬랜드)

月出山気チャンランド(월출산 기찬랜드)

3.9 Km    534     2019-09-27

全羅南道 霊岩郡 霊岩邑 気チャンランド路 19-3
+82-61-471-8500

「月出山(ウォルチュルサン)気(キ)チャンランド」は月出山の天皇峰のふもとにある麦飯石から出る月出山の気と、月出山の渓谷を流れる清らかな天然水を活用して新しく造成された観光名所です。月出山気チャンランドには伽倻琴(カヤグム)テーマ公園や森林浴場、ウェルビーイング気道路、自然型プール、気健康センター、ペンションなどの施設が整っています。

月出山温泉(월출산온천)

月出山温泉(월출산온천)

4.5 Km    298     2020-01-15

全羅南道 霊光郡 郡西面 馬韓路331
+82-61-473-6311

月出山温泉(ウォルチュルサンオンチョン)は小白山脈の端にある月出山の下に位置しています。月出山岩盤帯の主要構成岩石である紅色長石花崗岩(麦飯石)を源としており、「麦飯石温泉水」とも呼ばれています。麦飯石は吸着・浄化の性質が強く、温泉水の有害物や汚染物をとり除いてくれ、疲労回復に効果を発揮します。また、月出山温泉はマグナム湯が有名で、熱い湯のなかで起こる気泡がマッサージ効果をもたらし硬くなった関節を柔らかくしてくれます。

月出山温泉観光ホテル(월출산온천관광호텔)

月出山温泉観光ホテル(월출산온천관광호텔)

4.6 Km    3536     2019-11-08

全羅南道 霊光郡 郡西面 馬韓路331
+82-61-473-6311

月出山(ウォルチュルサン)のすばらしい景観と広い霊岩平野をバックに南道紀行の関門にある「月出山温泉観光ホテル」。ホテルが保有する温泉の地下600メートルから湧き出た麦飯石温泉水は、各種成人病予防と治療に卓越した効能があります。

全羅南道 霊岩郡(전남 영암군)

全羅南道 霊岩郡(전남 영암군)

5.3 Km    5983     2015-04-14

全羅南道 霊岩郡

霊岩郡は全羅南道の西海岸側に位置しており、東側は長興郡、西側は西海岸の小さい湾、南側は海南郡と康津郡、北側は羅州市と接しています。全体の面積は565.9平方キロメートル、総人口は58,813人(2015年1月基準)です。2邑9面121里からなっており、郡庁は霊岩邑東武里に位置しています。


*自然環境*
天皇峰(海抜809m)を頂上とする月出山が東南方向に山脈を形成しています。西南部地域は栄山江と栄山湖の周辺に平野地帯が広がっており、東南部は高い地形、北西部は比較的低い地形となっています。霊岩川をはじめとする20あまりの大小の河川が月出山とその周辺の山から流れ出ており、平野地帯を流れ栄山江へと流れ、栄山江は北西方向に流れて行き三湖邑の栄山江河口堰に至り、西海へと流れ出ていきます。


*歴史*

古代―三韓時代(原三国時代)は馬韓に属しており、三国時代には百済の領土に属していました。三国統一後、景徳王の時代に霊岩郡と呼ばれるようになりました。

高麗―995年に安南都護府が置かれ朗州と改称されましたが、1018年に安南都護府が全州へ移ると再び霊岩郡と元の名称に戻りました。この頃、霊岩は湖南・西南部の行政の中心地でしたが、1172年に監務の派遣が始まると郡県が独立し、概ね現在の規模に相当する区域に縮小しました。

朝鮮―現在は海南郡に属している玉泉と松旨が百済時代から冷泉部曲となり朗州に属していましたが、1421年に海南郡に編入されました。 近代―現在の金井面と始終面は羅州に属していましたが、1891年に霊岩に編入され、1895年に羅州部霊岩郡となり、羅州郡に属していた金馬面、元正面、非音面、終南面と珍島郡の命山面を編入しました。純宗の時には、玉泉始面、玉泉終面、北平終面、松旨始面、松旨終面の南部6面に分割され海南に移され、金井面と新北面、始終面など羅州南部3面が復活しました。


*文化*
文化財―永保豊享祭は毎年5月5日に開かれる霊岩郡の面単位の郷土イベントです。徳津面内に組織された永保愛郷会が1979年から孝子、孝婦を表彰し、また1931年5月の兄弟峰独立万歳運動の精神を称え、その生存者と遺族たちを招待し慰労する敬老国楽の宴などを繰り広げます。 その他、日本の飛鳥文化が開花する上で影響を及ぼした王仁博士の業績を称える王仁文化祭りでは、農楽や様々な伝統民俗ノリ(遊び)などを楽しむことができます。

民俗―カンガンスルレは全羅南道の海岸沿いの地域一帯で生まれた婦女たちの民俗ノリ(遊び)で、主に秋夕(旧暦8月15日)の夜に行なわれ、その起源は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)にさかのぼるとされています。

無為寺(무위사)

無為寺(무위사)

5.5 Km    1695     2019-11-20

全羅南道 康津郡 城田面 無為寺路308
+82-61-432-4974

全羅南道康津郡城田面の月出山にある「無為寺(ムウィサ)」は10世紀以前は無為甲寺というお寺として建立され、最低でも1,100年もの歴史を持っている古寺です。無為寺には国宝第13号である極楽宝殿をはじめ、国宝第313号の阿弥陀如来る尊壁書、宝物1314号の白衣観音図、1315号の内壁四面壁書、宝物507号の無為爲寺先覚大師塔碑があります。