南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)

  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)
  • 南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)

説明

1998年4月18日に開館した「南山コル韓屋村(ナムサンゴルハノクマウル)」は、総面積79,934平方メートル(24,180坪)の敷地内に、伝統韓屋5棟、伝統工芸展示館、泉雨閣、伝統庭園、タイムカプセル広場などがあります。1994年にソウル定都600周年記念事業の一環として作られたタイムカプセル広場と南山コルの趣を考慮して作られた伝統庭園、またソウルのあちこちに散っていた伝統家屋5棟を移転、復元した韓屋村から成っており、これは南山コルの本来の姿を蘇らせる事業の一環として作られたものです。
南山コル韓屋村の一番奥に位置するタイムカプセル広場には、ソウル市民の生活の様子を垣間見ることができる600個の品々がタイムカプセルに入れられて、地下15mに埋められています。このタイムカプセルは400年後の2394年に開けらる予定です。タイムカプセル広場に沿って下りてきた所に広がる伝統庭園は、南山の地形を活かし緩やかな丘陵地と渓谷を作り、松などが植えられ、楼閣と遠くに広がるソウル市内の景色を通してソウルの過去と現在の姿を感じることができます。
韓屋村にある韓屋は、民俗資料として指定されたソウル市内にある23の伝統家屋のうち、アレンジなどが加えられていない純粋な韓屋から、鍾路区三清洞の「五衛将・金春栄の旧屋」、鍾路区寛勲洞の「駙馬都尉・朴泳孝旧屋」、鍾路区玉仁洞の「純貞孝皇后尹氏の実家」、東大門区祭基洞の「海豊府院君・尹澤栄の斎室」、中区三角洞の「都辺首・李承業の旧屋」の5棟の韓屋を移転、復元したものです。これらのうち、建物の移転が困難なほど老朽化が進んでいた純貞孝皇后尹氏の実家のみ新しい資材を使用して復元をし、他の4棟は全て建物をひとつずつ分解して移転。また再利用が不可能な木材は雪嶽山の松の木で代替しました。
「純貞孝皇后尹氏の実家」では、韓国式礼儀作法の講習や工芸、「海豊府院君・尹澤栄の斎室」では書道や漢詩、絵画などの伝統文化の講義が行われます。「駙馬都・朴泳孝旧屋」では、韓国の舞踊やパンソリなどの伝統音楽の公演が行われ、「五衛将・金春栄の旧屋」では、伝統工芸や芸能の技術を伝承と普及を目的とした無形文化財の試演や公演が行われます。また、「都辺首・李承業の旧屋」は伝統茶屋として使用されています。また、工芸展示館では、民画、刺繍、螺鈿漆器などの作り方を再現し、各種工芸品も展示、販売されています。


伝統家屋

1)五衛将・金春栄の旧屋
朝鮮時代末期、五衛将の官職にあった金春栄が1890年代に建てたもので、鍾路区三清洞から移転しました。重の軒に仕上げるなど、全体的に庶民住宅の様式を示していますが、内房(アンパン、母屋の主になる部屋)の外壁と、外の通りに面している部分の壁に煉瓦を積んで防火壁を組んでいるところが特徴です。

2)都辺首・李承業の旧屋
興宣大院君によって景福宮が改築された際、都辺首(大工の頭)を勤めた李承業が1860年代に建てた建物で、中区三角洞にあったものを移転しました。今は母屋(アンチェ)と舍廊房(サランチェ、サランチェ(客間)がある棟)だけが残っています。母屋は「丁」の字の形をしており、舍廊房は「ㄴ」の字の形をしています。前後の面の屋根の形が異なる形で作られているのが特徴的です。

3)海豊府院君・尹澤栄の斎室
朝鮮第27代王の純宗の義父である海豊府院君・尹澤栄が、娘の尹妃が東宮継妃になり、昌徳宮に入る時に建てたものです。東大門区祭基洞にあったものを移転し、全体の雰囲気は住宅用というよりは祭祀用にふさわしい造りになっています。

4)寛勲洞 閔氏家屋
ソウルの八大家のひとつに挙げられているこの家屋は、 朝鮮第25代王哲宗の後宮・淑儀范氏の娘・永恵翁主の夫である朴泳孝が住んだ家で、鍾路区寛勲洞にあったものを移転しました。開城(ケソン)を中心とする地方独自の作りをしており、ソウルでは珍しい形の住宅です。長台石を使用した基壇(建物の基礎となる壇)に7列の架構、6間の台所などから、当時の大家の面影を感じることができます。


お問い合わせ

+82-2-2261-0500


ホームページ

南山コル韓屋村http://hanokmaeul.or.kr(韓国語)
VISITSEOULhttp://www.visitseoul.net/index(日本語ページあり)


ご利用案内

体験のご案内 : [体験プログラム]
*1890 南山コル夜市場
*1890 南山コルドラマ
*1890 南山コル撮影局
*公演
*歳時/行事
*体験及び教育:韓服試着、茶礼体験など
*伝統婚礼
※下記ホームページにてご確認ください。
https://www.hanokmaeul.or.kr/exp/experience/category/35


お問い合わせおよびご案内 : 公演 +82-2-2261-0500
祭り/体験行事 +82-2-2261-0517
伝統婚礼 +82-2-2263-0854
庭園/野外貸館 +82-2-2264-4412

駐車場施設 : ソウル市公営駐車場、大韓劇場駐車場、東国大映像センター駐車場

※南山コル韓屋村は駐車場が狭いため、できる限り公共交通機関をご利用ください

休みの日 : 月曜日

利用時間 : 4月~10月9:00~21:00
11月~3月9:00~20:00

*毎週月曜日休館

*伝統庭園開放時間:24時間開放


詳細情報

入場料
無料

駐車料金
スペースが大変限られているため、可能な限り公共交通機関をご利用頂けますようお願いいたします。

*近隣有料駐車場案内
1.ソウル市公営駐車場(徒歩1分)
・1時間3,000ウォン/+82-2-2275-6122
・小型車13台、障がい者用車両1台、中型車3台

2.東国大映像センター駐車場(徒歩2分)
・1時間6,000ウォン/+82-2-851-0727

3.大韓劇場駐車場(徒歩4分)
・1時間3,000ウォン/120台/+82-2-3393-3500


韓国語案内サービス
[伝統文化遺産解説]
*期間:2018年1月1日~2018年12月31日
*時間:10:30 / 12:00 / 14:00 / 15:30
*所要時間:50分前後
*場所:南山コル韓屋村全域
*定員:毎回10~25人
*料金:無料
*問合せ: +82-2-2264-4412
*備考:月曜日休館


外国語案内サービス
伝統文化遺産解説(日本語、英語、中国語)
※要事前お問い合わせ(+82-2-2264-4412)
※月曜日は休み

位置

ソウル特別市 中区 退渓路34キル28 (筆洞2街)