蔚州川前里刻石(울주 천전리 각석)

  • 蔚州川前里刻石(울주 천전리 각석)
  • 蔚州川前里刻石(울주 천전리 각석)
  • 蔚州川前里刻石(울주 천전리 각석)
  • 蔚州川前里刻石(울주 천전리 각석)

説明

岩や大きな岩壁、洞窟の中の壁面などに彫る、削る、漆を塗りつけるなどの技法を使い描かれた絵を岩刻画(アムガッカ)といいます。
岩刻画は、旧石器時代後期の遺跡でも発見されましたが、典型的な事例は新石器時代および青銅器時代の遺跡から主に発見されます。大部分の岩刻画の場合、豊穣や多産を祈願する祭儀の様子が描かれていると解釈されています。ここの岩刻画は、上部に鹿をはじめとする数種類の動物と様々な幾何学模様が刻まれており、下部にはいくつかの銘文と人間、動物の姿などが刻まれています。描かれている事物の内容から、新石器時代から青銅器時代にかけて作られたもので、当時の豊穣儀式に関する内容が込められていると解釈されています。また、下部の騎馬行列や船による航海の様子、龍、馬、鹿、300あまりの銘文は、三国および統一新羅時代の人々が残したもので、新羅の人々は三国時代以降、この地を聖地として考えていたことがうかがい知れます。


ホームページ

http://tour.ulju.ulsan.kr/
http://www.cha.go.kr/


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-52-277-0101


位置

蔚山広域市 蔚州郡 斗東面 川前里