独島博物館(독도박물관) - エリア情報 - 韓国旅行情報

独島博物館(독도박물관)

独島博物館(독도박물관)

0m    19864     2021-10-05

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 ヤクストキル90-17

「独島博物館(トクトパンムルグァン)」は、1995年に光復50周年を記念し、鬱陵島郡が提供した土地にサムスン文化財団が建物を建築して完成したものです。李鍾学初代館長が30年余りの間、国内外から収集・寄贈された資料を基に故・洪淳七隊長の遺品及び独島義勇守備隊の同志会と青い独島を守る会などの資料を加え、1997年8月8日に国内唯一の領土博物館としてオープンしました。
三峯島をモチーフにした博物館の建物は、敷地8,068平方メートル(2,441坪)、延べ面積1,600平方メートル(484坪)で、地下1階、地上2階建てです。1階の3つの展示室(第1、2常設展示室、企画展示室)・中央ホール、2階の展示室(第3常設展示室)・自然生態映像室・独島展望ロビーなどで構成されています。
1998年8月8日に「博物館開館1周年及び李舜臣将軍殉国400周年」を記念して除幕された「独島博物館標石」の他、野外独島博物苑も設けられました。
独島は西暦512年(新羅・智證王13)以来、鬱陵島と共に于山国の領土として韓国の歴史と文化圏に編入されて以降、現在まで韓国固有の領土です。
過去、独島は海に浮かぶ小さな離島のひとつに過ぎず、それほど関心が向けられることはありませんでした。しかし、海洋依存度が徐々にと高まるにつれ、今では政治・経済・軍事・学術など多方面から重要視されるようになりました。そのため、現在、日本とその領有権を争って、民族の自尊心をかけた激しい対立が続いています。独島博物館は、独島および朝鮮海(東海)をとりまく関連資料を発掘・収集・研究し、その結果を基に展示・管理・教育・広報することにより、日本の独島領有権主張に反論する資料と理論の土台を構築し、国民の領土意識と民族意識を鼓舞させることが建立の目的です。

鬱陵デアリゾート(울릉 대아리조트)

鬱陵デアリゾート(울릉 대아리조트)

1.1 Km    2259     2021-07-16

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 沙洞1キル43
+82-54-791-8800

「鬱陵(ウルルン)デアリゾート」は、鬱陵邑沙洞里セガクタン観光休養施設地区内の105,600平方メートルあまりの敷地に、延べ面積7,260平方メートルの建物と野外付帯施設を有する総合観光休養施設です。木材で建築されており、異国的で環境にやさしく、また、全客室から海と山を同時に眺めることができます。その他、自然を満喫できる散策路、各種会議、結婚式、宴会行事が可能なセミナールームがあります。

道洞湧水公園(도동약수공원)

道洞湧水公園(도동약수공원)

119.013215292327m    4743     2021-07-21

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 道洞里
+82-54-790-6454

道洞湧水は土類炭酸鉄泉であり、マグネシウム、塩素、炭酸イオンなどの成分が含まれ、貧血、生理障害、リュウマチ性疾患、湿疹など皮膚病に効果があることで知られています。

杏南 海岸プロムナード(행남 해안산책로)

杏南 海岸プロムナード(행남 해안산책로)

1.7 Km    5112     2021-07-28

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 蓬莱1キル 19-47

「杏南(ヘンナム)海岸プロムナード」は、鬱陵島を訪れるほとんどの旅行客がまず訪れる最初のコースで、鬱陵島の多彩な神秘さを感じることができるところです。
自然洞窟と渓谷を結ぶ橋の下に広がる海岸の絶景を観賞でき、海岸プロムナードは「杏南マウル」へと続きます。海岸の終わりは低い山道につながっており、この山道は鬱陵島の植物生態環境を体験できるトレッキングコースとなっています。プロムナードの先には、杏南灯台があります。灯台の片側につながっている展望台に行くと、苧洞港の絶景が目に入ってきます。また、色とりどりの苧洞マウル、日没の名所である湫岩、観音島、北苧岩、竹島まで見渡せます。
周辺観光地には、道洞薬水公園、独島展望台、海上遊覧船、聖人峰、竹島南西日沒展望台、道洞港などがあります。

蓬莱瀑布(鬱陵島・独島国家地質公園)(봉래폭포(울릉도, 독도 국가지질공원))

蓬莱瀑布(鬱陵島・独島国家地質公園)(봉래폭포(울릉도, 독도 국가지질공원))

2.2 Km    6763     2021-06-29

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 道洞里 山39
+82-54-790-6182

蓬莱(ポンネ)瀑布は岩石の差別浸食により三段に分かれた滝となっています。最も滝下の層には火山爆発の時に噴出した角礫が集まり形成された集塊岩があり、その上に火山灰が固まり生成した凝灰岩、さらにその上には噴出岩の一種・粗面岩の層があります。
滝の一番上の層の粗面岩は硬度が高く、その下にある層の岩石に比べ浸食の度合いが少ない方ですが、その下の凝灰岩と集塊岩の層が浸食により削れ亀裂が走り、重さに耐え切れずに崩れ落ちる形となって現在の滝が形成されていきました。これからも滝の下の部分にある凝灰岩や集塊岩の層の浸食がさらに進めば、粗面岩は支えを失い崩れ、滝はこれまで以上に徐々に崩れていく形となります。
滝の落差は約30メートル、流量は1日3,000トンを超え、滝の水は鬱陵島(ウルルンド)南部一帯の貴重な水源として利用されています。
蓬莱瀑布管理所から蓬莱瀑布までは散策路があり、道すがらには冷気が穴の奥から感じられる「天然のエアコン」とも呼ばれる風穴や、土砂崩れ対策で設置された砂防ダム、アトピー性皮膚炎の緩和やストレス解消にもよいとされる森林浴場もあります。また、オオミスミソウ、ワサビ、キツリフネ、ミヤマエンレイソウ、オオイタドリといった植物や、ブナ、イタヤカエデ、スギ、ケンポナシ、ヒノキといった樹木など、さまざまな植生を見ることができ、地質だけでなく生態教育の場としてもすばらしい名所となっています。

出典:鬱陵島・独島地質公園

聖人峰原始林(鬱陵島・独島国家地質公園)(성인봉 원시림(울릉도, 독도 국가지질공원))

聖人峰原始林(鬱陵島・独島国家地質公園)(성인봉 원시림(울릉도, 독도 국가지질공원))

3.7 Km    7764     2020-12-11

慶尚北道 鬱陵郡 西面 南陽里

天然記念物第189号である聖人峰(ソンインボン)原始林は鬱陵島(ウルルンド)で唯一の平地にあり、その広さは直径およそ2キロメートルに達します。
この平地の形成には過去の火山活動が関係しています。過去の火山活動によりマグマが地表に噴出した際に形成された地下の空洞が、その後地盤の重さに耐え切れずに崩壊し平鉢のように窪んだ地形が形成され、ここに水が溜まり、カルデラ湖となりました。カルデラ湖には周囲から砂礫や土砂などが流れ込み湖底に堆積しましたが、その後湖の水が抜けたことで堆積した湖底の部分が干上がった状態で露出し、現在のような平らな大地となりました。またこの聖人峰原始林は長い間、人の手が入らない場所であったことから、希少植物が数多く植生している場所でもあります。

出典:鬱陵島・独島地質公園

鬱陵島(울릉도)

444.9312229265484m    16767     2022-07-07

キョンサンブク道ウルルン郡ト洞2ギル66

韓国で7番目に大きな島「鬱陵島(ウルルンド)」は火山活動によってつくられた代表的な島で、本島をはじめとする有人島である独島(トクト)と竹島(チュクト)そして現在は無人島となっている観音島(クァヌムド)など大小の岩島を含む44の付属島嶼で成り立っています。
鬱陵島はほとんどの地域が切り立った絶壁で成り立つロッククライミングスポットです。クライミングポイントとして道洞の海岸絶壁、苧洞ヨンバウィ、チャングンバウィ、三仙岩などがクライマーに人気となっており頂上から眺める景観は絶景です。また、開拓時から近現代に至るまで鬱陵島の人々が暮らしを営むために歩いた海岸・山・河川の道を整備して鬱陵ヘダムキルとして9コースが設けられています。鬱陵ヘダムキルを通じて鬱陵島住民の昔の暮らしを間接的に体験できるだけでなく太古の神秘が保存された鬱陵島の自然景観を感じることができます。

羅里盆地(나리분지)

羅里盆地(나리분지)

5.1 Km    8064     2020-10-27

慶尚北道 鬱陵郡 北面 羅里キル

カルデラ盆地(カルデラとは、火口が崩れ落ち造られた噴火口のこと)である羅里盆地(ナリブンジ)は鬱陵道で最も大きい平野です。羅里盆地には、排水がよく肥沃な火山灰土が広がっています。鬱陵島の多くの住民は漁業に従事していますが、羅里盆地の住民は薬草を栽培をしています。
羅里盆地の星空の美しさは有名です。また、道洞港から聖人峰を越え羅里盆地に降りていく途中の景色はこの世のものとは思えないほどです。

独島展望台ケーブルカー(독도전망대 케이블카)

独島展望台ケーブルカー(독도전망대 케이블카)

606.6337617906174m    7774     2021-10-05

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 道洞里

道洞薬水公園から望郷峰頂上までケーブルカーに乗って上がると鬱陵八景の1つであるイカ釣り船の漁火を観賞でき、独島展望台で晴れた日は独島をみることもできます。日没名所としても有名で、搭乗場の横には独島博物館もあります。

望郷峰
定着民達のハン(恨)が残る望郷峰は、108の階段を上り展望台に行くと鬱陵島の精気がたちこめています。特に良い縁を結んでくれると言われ、道洞港と市街地が一目で見渡せます。

海岸展望台
約10分ほどの散歩道を歩いていくと、鬱陵島の海岸がすぐ足元に広がり、絶景を後ろにする望郷峰の岩が一層目を引きます。

日没
ケーブルカーの頂上で独島を除いた韓国の中で、最も早く日没を観賞できるところです。

独島
とても天気の良い日(年中50日)には、92キロメートル先にある独島を肉眼で観察できます。

独島博物館
西暦512年以降、鬱陵島と共に于山国領土として、韓国の歴史と文化に編入された後、現在まで韓国の固有の領土である資料が所蔵されています。

薬水
道洞薬水飲み場がすぐ横にあり、乾いたのどと胃を癒してくれます。

石圃展望台(석포전망대)

石圃展望台(석포전망대)

6.2 Km    22785     2020-07-15

慶尚北道 鬱陵郡 北面 天府里
+82-54-790-6392

「石圃展望台(ソクポジョンマンデ)」は、美しい神秘の島、鬱陵島の北面の端に位置し、小さな漁村・石圃村にあります。鬱陵島には、3つの望楼(高台に建てられた監視用の楼閣)がありますが、この中で東側にあるのがこの石圃展望台です。1905年に設置された展望台は、日露戦争以前から望楼の役割をしており、日本がロシア軍艦を観測するために1945年まで使用されていたことが知られています。
石圃展望台は、鬱陵島と韓半島の間にある東海を展望できる位置にあり、展望台には2階建ての八角展望台とデッキ、望遠鏡などがあります。八角展望台に上がると鬱陵島3大秘境である孔岩(おばけ岩)、観音島、三仙厳とともに竹島(チュクト)、北側海岸絶景など天恵の自然景観を一望できます。展望台の下には、石圃休憩所がある他、石圃展望台から内水田日出展望台までつながる石圃昔の道トレッキングコースがあります。