釜山チャガルチ祭り(부산자갈치축제) - エリア情報 - 韓国旅行情報

釜山チャガルチ祭り(부산자갈치축제)

釜山チャガルチ祭り(부산자갈치축제)

0m    13108     2019-10-22

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路 52
+82-51-243-9363

韓国最大の水産物市場である「チャガルチ市場」は、釜山を代表する観光名所として知られています。毎年秋に開催される「釜山チャガルチ祭り(プサンチャガルチチュッチェ)」では、水産物市場特有の活気ある雰囲気を感じられる体験イベント、公演イベント、おいしいものがいっぱいです。龍神祭、満船祭、ストリートパレードなどの様々な文化芸術公演を始め、一般人が飛び入り参加できる水産物びっくり競り、魚のつかみ取り、ウナギ・タコリレー競走、世界最大のビビンバづくり、打ち上げ花火などが開催され、見どころ満載です。

龍頭山チャガルチ観光特区(용두산 자갈치 관광특구)

龍頭山チャガルチ観光特区(용두산 자갈치 관광특구)

0m    330     2019-12-04

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路52
+82-51-600-4082

「龍頭山(ヨンドゥサン)チャガルチ観光特区」は歴史と文化あふれる魅力のある文化観光エリア。
伝統市場の温かな人情、揚げかまぼこ(練り天)、種入りホットク、ビビンタンミョン、小豆粥、パッピンスなどおいしいおやつ類、宝水洞や四十階段通りなどここでしかない特長あるものがいっぱいで、歴史の息吹を感じる釜山旧市街地を代表する観光エリアです。
龍頭山チャガルチ観光特区は、龍頭山公園を含むショッピングの中心地・光復洞、チャガルチ市場・国際市場・富平カントン夜市などの伝統市場、影島大橋、宝水洞古本通り、釜山近代歴史館など、釜山の旧市街地の歴史や文化が数多く残る地域で、一年を通じて多彩なイベント・お祭りが行われ、ショッピングも可能な都心型観光スポットです。内外から観光客がひっきりなしにやってくる名実ともに観光の中心地として知られています。
2013年11月、47年ぶりに復活した跳開橋・影島大橋は他の都市にはない見どころとなっており、新しい観光名所として注目を集めています。また富平カントン夜市や国際市場はグローバル複合文化スペースとして絶えず観光客が訪れるほか、釜山国際映画祭・釜山チヤガルチ祭り・釜山クリスマスツリー祭りといった新しいイベントも多数開催され、昔を懐かしむ中高年ばかりでなく若い人たちにも魅力ある地域となっています。
龍頭山公園の坂を上がり山の上から眺める釜山の風景、影島大橋の跳ね橋が開く風景、新鮮な海産物が並ぶチャガルチ市場、四十階段や宝水洞古本通りなど、龍頭山チャガルチ観光特区を巡る旅はよい思い出の1ページとなることでしょう。

龍頭山チャガルチ観光特区現況
1範囲:釜山広域市中区富平・光復・南浦洞全地域、中央・東光・大庁・宝水洞一部地域
2面積 : 1,079,836平方メートル
3観光特区指定日 : 2008年5月14日
4主な観光地:龍頭山公園、影島大橋、チャガルチ市場、国際市場、富平カントン夜市、宝水洞古本通りなどさまざまな観光地あり

チャガルチ市場 活魚部(자갈치시장 활어부)

チャガルチ市場 活魚部(자갈치시장 활어부)

49m    4330     2018-02-02

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路52
+82-51-245-2594~5

釜山第一の代表的な観光地、チャガルチ市場は1945年解放とともに帰国した同胞と韓国戦争(朝鮮戦争)の勃発で逃げてきた避難民により小石畑だった南港一帯の露天商を中心に形成された東洋最大の魚市場として海からとれるあらゆる水産物を扱う総合魚市場です。釜山人の活気に満ちた日常生活を自ら体験できる場所であり、観光客には新鮮な食べ物を安価な価格で楽しめる必見のコースです。活魚部は刺身が好きな人に一番人気あるスポットで、選んだ活魚をその場で味わうことができます。

釜山 チャガルチ市場(부산 자갈치시장)

釜山 チャガルチ市場(부산 자갈치시장)

49m    4873     2019-07-26

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路52
+82-51-713-8000

「チャガルチ市場」は、釜山の代名詞と言っても過言ではないほど有名な水産市場です。チャガルチという地名はチャガル海岸からきているという説と、活魚の中でもチャガルチ(スズキの仲間)という魚を多く取り扱っていたからという説があります。チャガルチ市場の通り沿いでは各所でサバ、ホヤ、クジラなどを売る姿を目にすることができます。1980年創業の「新東亜水産物総合市場」1階では活魚の販売を行っており、新鮮な刺身を味わうこともできます。2、3階には干物や海産物の販売、刺身店があり、新しいチャガルチ市場の名物として話題となっています。
チャガルチ市場周辺が現在のように発展したのは1889年に日本が自国の漁師を保護するため、近くに釜山水産株式会社を建てたのが始まりです。その周辺に商人達が集まりだし、チャガルチ市場の商人達も徐々に近代化を模索することになっていきました。1922年になると、釜山漁業共同組合が南浦洞に建物を建て、委託販売事業を始めたことによりチャガルチ市場の商人達が集まってきました。これにより、釜山の魚市場は北港の釜山水産株式会社と、南港の釜山漁業委託販売場に二分されましたが、その後釜山水産株式会社は韓国最大の魚市場である現在の釜山共同魚市場へと発展し、南港に漁に出ている零細漁船の漁獲物を取り扱う零細商人達が釜山漁協委託販売場の周辺に集まり、現在のチャガルチ市場となりました。

釜山 チャガルチ市場 乾魚部(부산 자갈치시장 건어부)

釜山 チャガルチ市場 乾魚部(부산 자갈치시장 건어부)

49m    6332     2018-02-02

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路 52
+82-51-245-2594~5

釜山を代表する最大の観光地チャガルチ市場は、 1945年に日本の支配から解放された後に帰国した同胞と韓国戦争(朝鮮戦争)勃発で逃げてきた避難民により、小石畑だった南港一帯の露店商を中心に形成された東洋最大の魚市場で、あらゆる水産物を扱っています。釜山チャガルチ市場ビル2階にある乾魚部は乾物魚介類を専門的に扱う市場です。 ここでは煮干し、スルメ、 干し海老、 各種の干魚千切などの乾物や海苔、干しわかめ、 干し貝などの乾燥海産物などを販売しています。全国の中間問屋はもちろん、一般消費者にも安値で卸・小売する釜山第一の乾物魚介類市場です。

南浦洞地下商店街(남포동 지하도상가)

南浦洞地下商店街(남포동 지하도상가)

149m    1420     2016-05-25

釜山広域市 中区 九徳路 地下 44
+82-51-713-8200

地下鉄チャガルチ駅と南浦洞駅の間にある交通の便利な地下商店街として、釜山で最も大きい商圏が広がる場所。快適で広い屋内空間(長さ517m、幅25~34m、最新空調設備、中央集中式冷暖房施設完備)には、多数の店舗が連なる他、ゆっくりくつろげる休息空間としても人気を集めています。
21世紀の観光都市「釜山」の名スポットであるチャガルチ市場や国際市場、釜山国際映画祭の開催地に隣接しており、常に活気に溢れています。

忠武フェッチプ(충무횟집)

忠武フェッチプ(충무횟집)

203m    2923     2017-04-06

釜山広域市 中区 チャガルチ海岸路27
+82-51-246-8563

「忠武(チュンム)フェッチプ」は、釜山市中区南浦洞のチャガルチ市場にある刺身屋で、釜山で美味しくて新鮮な刺身を食べてみたいという人は1度訪れてみる価値があります。広い座席も用意されているため、団体で訪れることも可能です。

南浦参鶏湯(남포삼계탕)

南浦参鶏湯(남포삼계탕)

237m    5370     2019-05-07

釜山広域市 中区 南浦キル16-1
+82-51-245-5075

1959年にオープンした「南浦参鶏湯(ナムポサムゲタン)」では、50年以上かけて培ってきたノウハウで韓国産の鶏肉ともち米、錦山高麗人参、各種材料を24時間お店でじっくり煮込んだスープを使い、独特な味を提供しています。参鶏湯の他にも活アワビを使ったアワビ参鶏湯やローストチキンも味わえます。

元祖ソウル参鶏湯(南浦洞本店)(원조서울삼계탕(남포동본점))

元祖ソウル参鶏湯(南浦洞本店)(원조서울삼계탕(남포동본점))

256m    412     2017-02-13

釜山広域市 中区 南浦キル36
+82-51-245-3696

「元祖ソウル参鶏湯」は、1960年から代々味を受け継ぎ、伝統を守っているサムゲタン専門店です。

ハルメカヤミルミョン(할매가야밀면)

ハルメカヤミルミョン(할매가야밀면)

259m    648     2019-07-25

釜山広域市 中区 光復路56-14
+82-51-246-3314

薄い黄色の麺は、適度な弾力があり、澄んだスープには薄い氷が入っており、さっぱりとした味が特徴です。

ソウルカクトゥギ(서울깍두기)

ソウルカクトゥギ(서울깍두기)

268m    4188     2017-08-03

釜山広域市 中区 九徳路34番キル10
+82-51-245-3950

「ソウルカクトゥギ」は、同じ場所で15年以上営業している模範飲食店で、牛骨スープやカクトゥギ(カクテキ)の味が逸品です。

BIFF広場(BIFF 광장)

BIFF広場(BIFF 광장)

272m    26178     2019-07-18

釜山広域市 中区 南浦キル4
+82-51-253-8523

釜山国際映画祭に会える通り、BIFF広場。
1945年の解放後から劇場が少しずつ出来始め1960年代には約20ヶ所の劇場がありました。1996年から釜山国際映画祭が開催され、劇場街が誕生し、PIFF広場(1996. 8. 14/現BIFF広場)と命名されました。韓国の映画上映文化の底辺拡大と新しい文化観光名所としてリニューアルされ、国際的文化広場都市として南浦洞(ナムポドン)旧釜映(プヨン)劇場から旧忠武洞歩道橋跡までの428mに至る通りを「スター通り」と「映画祭通り」に分け、それぞれ造成しました。
毎年ここでは釜山国際映画祭の前夜祭で映画界の有名人のハンドプリンティングや雪花点灯イベントなど「BIFF広場開かれるマダン」が開催されます。劇場が一ヶ所に密集している所はアジアはもちろんヨーロッパのどの国でも見られない無限の潜在力を持つ場所です。単に映画だけを見る場所ではなく、ショッピングなど一緒に楽しめる複合空間化して若者が増え、地域に活気を与えています。