蓬坪五日市/蓬坪市場(2、7日)(봉평5일장 / 봉평시장(2, 7 일) - エリア情報 - 韓国旅行情報

蓬坪五日市/蓬坪市場(2、7日)(봉평5일장 / 봉평시장(2, 7 일)

蓬坪五日市/蓬坪市場(2、7日)(봉평5일장 / 봉평시장(2, 7 일)

0m    851     2018-02-27

江原道 平昌郡 蓬坪面 トンイチャントキル14-1
+82-33-336-9987

蓬坪(ポンピョン)の市場である蓬坪場(ポンピョンジャン)は毎月2と7がつく日に開かれる五日市として名が知られ、韓国の小説家・李孝石(イ・ヒョソク)の『そばの花が咲く頃』の舞台にもなったところです。主人公ホ・センウォンが立ち寄ったチュンジュ屋の跡や粉挽きをする水車小屋、そして晩夏のそばの花など小説に登場する場面ひとつひとつが時代を超えていまでも感じられる場所です。
最近ではそばの故郷にふさわしく全て地元産のそば粉と手作りの技法で、昔ながらの甘辛のタレ・ヤンニョムジャンを混ぜて食べるそば・メミルマッククス、そば粉でつくったチジミやお焼き、そば粉をゼリー状に固めて作ったメミルムク、そば蒸しパン、そばスンデ、そばチョンゴル、そばナムルビビンバなどさまざまなそば料理が新たに作られ、訪れた人々から好評を得ています。

孝石文化村ソバ料理通り(효석문화마을 메밀음식거리)

孝石文化村ソバ料理通り(효석문화마을 메밀음식거리)

69m    2470     2019-10-07

江原道 平昌郡 蓬坪面 岐豊3キル31

小説家・李孝石の故郷であり、彼の短編小説『蕎麦の花が咲く頃』の舞台となった江原道平昌郡蓬坪では、毎年秋になると蕎麦の花が咲き乱れ、壮観を演出します。大自然の中で咲き乱れる蕎麦の花をテーマにした小説、さらに蕎麦を食材にした数々の料理が一堂に会し、まさに至福のひと時を堪能することができます。
昔から韓国には、蕎麦粉でトコロテンや麺を作って食べる習慣がありました。自然豊かなな蓬坪で味わえる蕎麦料理の蕎麦は良質なことから、特においしいことで知られています。

味家宴(미가연)

味家宴(미가연)

84m    1828     2019-04-02

江原道 平昌郡 蓬坪面 岐豊路108
+82-33-335-8805

「味家宴(ミガヨン)」ではそば、そばの芽を材料とした多様な料理を提供しています。そばには一般的な穀物には無いビタミンPが含まれ、平昌のような高地帯で育ったそばが特に有名です。そばの芽は糖尿病と成人病の予防に良く、ダイエットにも優れた効果があることが立証されています。

[文化観光祭り] 平昌孝石文化祭り([문화관광축제] 평창효석문화제)

[文化観光祭り] 平昌孝石文化祭り([문화관광축제] 평창효석문화제)

264m    11442     2020-01-02

江原道 平昌郡 蓬坪面 李孝石キル157
+82-33-335-2323~4

李孝石(イ・ヒョソク)は韓国の文学界で最も優れた作品であると評価を受けている『蕎麦の花咲く頃』という作品を書いた作家です。自然の美しさと人間の生を結びつけ表現した『蕎麦の花咲く頃』は特に蓬坪(ポンピョン)の風景を描写した場面が多く登場します。蓬坪は李孝石の故郷であることから彼の作品には多く登場し、彼にとって重要な場所であったと言えます。李孝石と彼の作品『蕎麦の花咲く頃』を記念し、もう一度李孝石と彼の文学作品を振り返ってみようということで蓬坪では毎年「平昌孝石文化祭り(ピョンチャンヒョソクムンファジェ)」が開催されています。 孝石文化祭では詩文コンテストをはじめとし、小説『蕎麦の花が咲く頃』に登場する蕎麦畑の見学、ホウセンカ染め体験などの自然プログラムや、伝統蕎麦料理作り、民俗ノリ(遊び)体験プログラムなどから構成されています。この他にも、祭り会場周辺にある李孝石生家、李孝石文学展示館などもあり、見どころいっぱいです。

李孝石文化村(이효석문화마을)

李孝石文化村(이효석문화마을)

601m    3382     2019-10-15

江原道 平昌郡 蓬坪面 李孝石キル

韓国の短編文学の白眉と称えられる「蕎麦の花咲く頃」の舞台であり、可山・李孝石(イ・ヒョソク)が生まれ育ったところです。1990年度に文化観光部から「全国第1号文化村」に指定され、ここ孝石文化村を舞台に毎年「孝石文化祭り」と呼ばれるお祭りが晩夏の8月末から9月初めに開催されます。

李孝石の生家、水車小屋、可山公園、李孝石記念館、蕎麦郷土資料館などがあり、小説の中の背景そのままの蕎麦の花が山腹を囲み咲き誇ります。毎年初秋に開催される孝石文化祭は、文学と蕎麦を素材とした見どころ満載な内容となっており、素朴でテーマ性のある郷土色の濃い祭として多くの賛辞が寄せられています。
蕎麦の花が咲き乱れる南安洞一帯は李孝石の文学精神を称える者たちにより踏査が続けられています。

お祭り期間中は作品の舞台となる土地の踏査、全国孝石詩文コンテスト、ストリート民俗公演、作品の中の主人公を演出する仮装行列、写真撮影大会、蕎麦の花咲くころ演劇、映画の公演などが開かれます。蕎麦を使った代表的な食べ物としては蕎麦マッククス、蕎麦チヂミがあります。

李孝石文学館(이효석 문학관)

李孝石文学館(이효석 문학관)

750m    8044     2019-10-15

江原道 平昌郡 蓬坪面 孝石文学キル73-25

2002年にオープンした「李孝石文学館」は韓国で最高の短編文学と評価されている『蕎麦の花咲く頃』を書いた蓬坪出身の李孝石(イ・ヒョソク 1907~1942)の生涯と作品を記念して建てられました。1936年に発表された『蕎麦の花咲く頃』は蓬坪の誇るそば畑を背景にしています。
文学館には、李孝石文学展示室、そば資料室、文学庭園、カフェがあります。李孝石文学展示室には彼が育った蓬坪のかつての市場の様子の模型、彼の文学と生涯をテーマにした映像、遺品や初刊本が展示され、そば資料室ではそばの料理法などそばにまつわる各種資料を見ることが出来ます。オブジェがおかれた文学庭園は芝生が広がっており、のんびり休息がとれ、カフェでは李孝石の作品を読みながらそば茶を楽しめます。

李孝石生家跡(이효석 생가터)

李孝石生家跡(이효석 생가터)

1.7 Km    1331     2019-10-15

江原道 平昌郡 蓬坪面 李孝石キル33-11

李孝石(イ・ヒョソク)文化村は韓国の短編文学の白眉といわれる『ソバの花が咲く頃』の作品の舞台であり、李孝石が生まれ育ったところです。1990年度に文化観光部から「全国第1号文化村」に指定され、李孝石文化村では毎年「平昌孝石文化祭り」が8月末から9月初め頃に開催されます。李孝石文化村には李孝石生家跡、水車小屋、可山公園、李孝石記念館、ソバ郷土資料館などがあります。李孝石の生家は、本来は藁葺き屋根だったといわれており、今は大きなハリギリの木が2本庭に植えられたL字型の伝統家屋が建っています。

興亭渓谷(흥정계곡)

興亭渓谷(흥정계곡)

2.2 Km    885     2019-12-19

江原道 平昌郡 蓬坪面 チョンナムゴルキル40-7
+82-33-330-2771

興亭山と会霊峰を水源地とする「興亭渓谷(フンジョンゲゴク)」は、平昌郡蓬坪面興亭里から龍平面白玉浦里を流れる渓谷です。ここは一年中水量が多く、澄んだ水が流れていることで有名です。

平昌武夷芸術館(평창무이예술관)

平昌武夷芸術館(평창무이예술관)

2.6 Km    4885     2019-07-04

江原道 平昌郡 蓬坪面 サリピョンキル233

現代文学の大家・李孝石(イ・ヒョソク)の故郷で、代表作品「蕎麦の花が咲くころ」の実在の背景となった江原道(カンウォンド)平昌郡(ピョンチャングン)蓬坪(ポンピョン)。
ここ地にある廃校となった武夷(ムイ)初等学校に韓国の著名な芸術家を招へいし作品活動をサポートする場を設けたのが武夷芸術館です。
およそ700人の卒業生を輩出した武夷初等学校にはチョン・ヨンソ(西洋画)、書芸家イ・チョンソプ、彫刻家オ・サンウク、陶芸家クォン・スンボムといった有名な芸術家が集結、およそ2年間の準備期間を経て、2001年4月18日、数多くの作品を擁する芸術館としてオープンしました。

小学校の運動場は野外彫刻公園に変身し、大型彫刻作品が展示されています。陶磁器を焼く伝統窯などでは芸術家の作品活動の様子を垣間見ることができます。
また体験プログラムもあり、ここ蓬坪は文学と芸術が調和を織りなす場所として生まれ変わりました。
毎年8月末から9月初旬まで蓬坪全域ではそばの花が咲く時期に、孝石文化祭が開催され、その頃になると平昌武夷芸術館では数多くの作品が展示されます。また、手形スタンプ、家訓作り、陶磁器作り体験、そばの花の絵画展示など野外彫刻公園ではさまざまな行事が行なわれます。


ハーブナラ農園(허브나라농원)

ハーブナラ農園(허브나라농원)

4.1 Km    11214     2019-12-31

江原道 平昌郡 蓬坪面 興亭渓谷キル225
+82-33-335-2902

1994年にオープンした「ハーブナラ農園」では、12平方キロメートルの敷地に100種類ほどのハーブが育っています。チルドレンガーデン、バタフライガーデン、ヒーリングガーデンなど、テーマごとに造られたさまざまな庭園やギャラリーなどがあり、建物や案内板などもかわいらしく演出されています。
農園内にはハーブをバックに印象的な写真を撮ることのできる場所が用意されている他、ハーブごとの特徴や効果についての説明もあります。
また、農園内にはハーブを使った料理やドリンクが味わえるレストランや喫茶店、ハーブ製品を販売する展示室があります。レストランでは、ハーブビビンバ、ハーブ風味のチキン煮、ハーブ入りお好み焼きなどのメニューがありますが、一番の人気は農園で摘んだ花を添えた新鮮なハーブサラダです。食後にはハーブティーがサービスされます。展示室ではハーブティー、ハーブオイル、ハーブソープなどさまざまなハーブ製品を購入できます。
ハーブの国農園のベストシーズンは6~8月。農園の入り口近くには興亭(フンジョン)渓谷があり、夏は観光客が涼を求めて訪れます。農園を一周するにはおよそ1時間かかります。

森の中の妖精[韓国観光品質認証](㈜숲속의 요정[한국관광품질인증/Korea Quality] )

森の中の妖精[韓国観光品質認証](㈜숲속의 요정[한국관광품질인증/Korea Quality] )

5.3 Km    2711     2019-01-23

江原道 平昌郡 蓬坪面 パルソン路 111-21
+82-33-336-2225, +82-2-549-7114

韓国の冬のスキー旅行はもちろん、春夏秋冬問わず旅行客をもてなす森の中の妖精リゾート。2018年冬季五輪が開催される平昌フェニックスパークリゾートから3km離れた所にあり、韓国政府が認定した韓国観光品質認証の最高レベルであるプレミア宿泊業者です。2015年にリニューアルオープンし、訪れる人々に満足と感動を与えることをモットーに日夜たゆみない努力をしています。

このリゾートは四方が山に囲まれており、泰岐山(テギサン)の中腹の標高700mの場所にあるため見晴らしが大変良く、ハンモックのあるテーマパークがあったり、岩盤から染み出た地下水が飲めたり利用できるなど、自然の癒しが満ち溢れる場所です。

.冬のスキー旅行はもちろん冬以外に訪問した旅行客のために、様々なおもちゃがあるキッズ向けの部屋や自然の中で十分癒しをとりたい宿泊者向けの部屋も用意、他にもベッドの床板部分が天然石で電気などで暖かくなるベッド・トルチムデ(石のベッド)、マッサージチェア、檜スパなどがある部屋などもあり、客室前のテラスではバーベキューも楽しめます。

冬になると全長200メートルの無料雪ぞり場が、そして夏には渓谷の天然の水を利用したウォーターパークが人気を博しています。英語や中国語など外国語ガできるホテルスタッフもおり、韓国の冬のスキー旅行はもちろん、一年中楽しめるリゾートです。

静江園 観光農園(정강원 관광농원)

5.7 Km    5437     2017-08-08

江原道 平昌郡 龍坪面 金堂渓谷路2010-13
+82-33-333-1011

金堂渓谷を望む韓国最高の伝統料理文化団地である伝統料理文化体験館は、韓食文化の価値やすばらしさを保存し、広く研究・普及・広報するために設立されました。
韓国の伝統料理文化のすべてを見て、学んで経験できるよう、運営されており、単なる観光地ではない、韓国固有の美しさを感じられる「韓国現代文化遺産」といえます。