剛庵書芸館(강암서예관) - エリア情報 - 韓国旅行情報

剛庵書芸館(강암서예관)

剛庵書芸館(강암서예관)

717m    7848     2020-06-30

全羅北道 全州市 完山区 全州川東路 74
+82-63-285-7442

芸郷あるいは芸都とも呼ばれる全州(チョンジュ)。この芸郷・芸都の雰囲気を味わいたい方におすすめの場所がここ、「全州市 剛庵書芸館」です。
全州のシンボル・豊南門(プンナムムン)、慶基殿(キョンギジョン)、東には梧木台(オモクテ)、郷校(ヒャンギョ)、寒碧堂(ハンビョクタン)などがある校洞(キョドン)全州川沿いに1995年オープンした「全州市剛庵書芸館」は、芸術をこよなく愛する人々で常にあふれている場所です。
代々、書芸の脈を受け継いできた、地元全州生まれの書芸界の大家・剛庵(カンアム)宋成鏞(ソン・ソンヨン=1913~1999年)の志を引き継ぎ建てられたこの剛庵書芸館は、朝鮮時代後期の文臣で書画家でもあった秋史(チュサ)金正喜(キム・ジョンヒ)、朝鮮時代後期の書芸家・蒼巌(チャンアム)李三晩(イ・サムマン)、朝鮮時代中期の画家・壇園(タノン)金弘道(キム・ホンド)の作品や、朝鮮時代後期の儒学者・茶山(タサン)丁若鏞(チョン・ヤギョン)の簡札を含む作品など1162点が展示されている韓国唯一の書芸のみを扱った展示館です。
また、「全州市剛庵書芸館」から200mほど北には、近年、東学革命を記念する東学革命記念館が建てられ、東学運動の足跡を垣間見ることができます。

敷地:1,193平方メートル
延面積:870平方メートル(2階建て・地下1階)
所蔵品現況:1,162点(書画・書籍・書帖・印章など)

校洞サルレ[韓国観光品質認証](교동살래[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

校洞サルレ[韓国観光品質認証](교동살래[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

756m    78     2018-12-29

全羅北道 全州市 完山区 全州川東路 66-1
+82-10-9043-6743

校洞(キョドン)サルレは全州川の南川橋付近に位置しています。1971年に建てられた韓屋でサランチェ(別棟)、アンチェ(母屋)、ピョルチェ(離れ家)の3つの建物に10室の客室があります。10室の客室はそれぞれ部屋の大きさが異なり、オンドルルームやベッドルームがあります。

全州郷校(전주향교)

全州郷校(전주향교)

902m    21903     2020-05-19

全羅北道 全州市 完山区 郷校キル139
+82-63-288-4548

高麗時代の末頃に賢儒の位牌を奉安・配享し、地方の人々の教育と教化のために建てられました。当時の位置は現在の慶基殿の近くでしたが、太祖李成桂の晬容を奉安するために慶基殿が竣工され、1410年(太祖10)全州城の西側の黄華台の下に移転しました。その後、巡察使・張晩と儒林たちが一緒に1603年(宣祖36年)に現在の位置に再び移転させ、現在に至っています。1654年(孝宗5)、1832年(純祖32)、1879年(高宗16)、1904年に補修が行われ、1922年に明倫堂が補修されました。朝鮮時代後期に境内には3つの大成殿、各10の東廡と西廡、神門、外門、万化楼、5つの明倫堂、各6つの東斎と西斎、3つの啓聖祠、神門、入徳門、4つの司馬斎、6つの養士斎、2つの冊板庫、職員室、祭器庫、守僕室など全99の大規模な建物でした。このため、郷校は全羅道53校の首都郷校とされました。その後萬化楼は1886年(高宗23)に洪水により水没し冊板庫は観察使趙翰国が官庫所有の冊板を全州郷校に移送し冊板庫内を管理しようとしましたが、1920年の洪水と1950年6・25戦争(朝鮮戦争)によりほとんどなくなってしまいました。
大成堂は、全羅北道有形文化財第7号に指定されており、五聖・10哲・宋朝六賢の位牌が奉安されています。また、東廡と西廡には有若・宓不斎・伏勝・董仲舒・韓癒・李侗や、韓国18賢の位牌が奉安されています。

全州寒碧文化館(전주한벽문화관)

全州寒碧文化館(전주한벽문화관)

1.0 Km    11184     2020-06-29

全羅北道 全州市 完山区 全州川東路20

全州寒碧(ハンビョク)文化館は見たり食べたり遊んだりさまざまな体験ができる全州の代表的な複合文化施設で、伝統婚礼式場「和鳴院」、寒碧公演場、体験空間「敬業堂」、調理体験室など各種施設を備えています。

寒碧堂(한벽당)

寒碧堂(한벽당)

1.2 Km    10143     2020-03-17

全羅北道 全州市 完山区 麒麟大路2
+82-63-281-2166

全羅北道の有形文化財第15号に指定されている「寒碧堂(ハンビョクタン)」は、1404年に朝鮮開国の功臣崔湛(チェダム)の別荘として建てられた楼閣です。
僧岩山の山麓の断崖にあるため絶景で、特に目の前を流れる全州川とは絶妙のバランスをなしています。かつて多くの文人がここを訪れインスピレーションを得たことから、寒碧晴煙(寒碧堂から眺める霧が美しいという意)といわれ、全州八景のひとつに数えられています。

全州ビビンバ祭り(전주비빔밥축제)

全州ビビンバ祭り(전주비빔밥축제)

1.3 Km    15677     2019-11-11

全羅北道 全州市 完山区 棲鶴路 95
+82-063-231-8969

全州(チョンジュ)ビビンバ祭りは韓国を代表する料理・全州ビビンバを通じて、韓国の味わいや趣、そして興・楽しさを感じていただける飲食文化祭りです。 特に今年は韓国飲食観光祭りをはじめ国際発酵食品エキスポ、薬令市韓方エキスポ、伝統酒大饗宴など飲食をテーマにした大型行事と同時開催します。

プログラムはビビン・混ぜる文化に焦点を当てプログラムを構成、ビビンビックフードをはじめとした「味ビビン」、ビビン文化公演や飲食コスプレコンテストなど様々なパフォーマンスを楽しめる「興(フン)ビビ ン」、全州の味とともに全州韓屋村に代表される全州の趣を感じられる「モッ(趣)ビビン」、そして韓屋村文化施設特別プログラムなど多彩なプログラムがおこなわれます。

ビビンバの名所・全州で繰り広げられる全州ビビンバ祭り。お祭りを通じて、地元全州をはじめ韓国国内、そして海外からの観光客の皆様にビビン文化が意味する真の味わいや趣を感じていただける場となることを確信しています。

完山七峰(完山公園)(완산칠봉(완산공원))

完山七峰(完山公園)(완산칠봉(완산공원))

1.4 Km    244     2019-11-18

全羅北道 全州市 完山区 梅谷路35-27
+82-63-222-1000

全州(チョンジュ)と言えば完山七峰(ワンサンチルボン)、完山七峰と言えば全州を思い浮かぶほど全州の代名詞となっている山がここ完山七峰です。

千年の古都・全州の市街地の南西にある完山七峰の命脈は東方に広がる湖南平野に位置する益山(イクサン)や群山(クンサン)など全羅道を代表する三市廛(してん)へと流れています。由緒ある七星寺(チルソンサ)やきれいな水が湧き出る薬水なども完山七峰の近くにあり風光明媚なところです。

完山七峰の山頂にある八角亭展望台からの眺望は、足元に全州市内の風景が広がり、なんともいえない感じに襲われます。市民の憩いの場所として親しまれている完山七峰ですが、昔から全州の街を守ってくれる地脈があると信じられ、完山七峰を傷つければ災いが起きるとして、古の時代から大切に保護されてきた山でもあります。

全州市の真ん中を流れる全州川(チョンジュチョン)にも近く、素晴らしい景観の杉並木や薬水が湧き出る場所もあり、明け方から完山七峰にやって来る人々の姿が数多く見受けられます。

致命者山聖地(치명자산성지)

致命者山聖地(치명자산성지)

1.9 Km    10014     2018-07-06

全羅北道 全州市 完山区 パラムセェヌンキル 89
+82-63-285-5755

天主教聖地「致命者山」(チョンジュギョソンジ・チミョンジャサン)

全州市の東南に位置する寒碧堂の裏に僧岩山という山があり、その山の険しい峰に天主教(カトリック教)の聖地「致命者山」があります。岩の上に高さ4mの石で造られた十字架があり、その横の崖のところに聖堂が建られました。この聖地は世界で唯一の童貞夫婦(性関係を持たない夫婦)である柳重哲(洗礼名ヨハン)と李順伊(洗礼名ルガルダ)とその家族が眠っている場所です。

1800年代のキリスト教の迫害期に家族7人が殉教し、ここに葬られています。そのうちの一人・柳恒倹は、完州郡伊西面チョナム部落で生まれ、全羅道で最初の天主教の信者として斬首されました。息子の重哲とその妻の順伊は篤実な信仰生活を送るため童貞夫婦を貫き、結婚して4年で斬刑に処されました。寒碧堂の周辺からも致命者山の十字架が見え、聖地として造成されてからは巡礼者がひっきりなしに訪れる名所となりました。柳重哲と李順伊の墓が頂上に安置されており、頂上の崖には花崗岩でできた記念聖堂があります。童貞夫婦の殉教者の墓の上には「奇跡の岩(イエス・マリア岩)」もあります。

山の急斜面を登りながら祈りをささげる「ゴルゴダの十字架の道」には、入口から山の頂上までの全区間に花の道がつくられており、散策に最適です。聖地入口には広い休息スペース(モンマルト広場)があり、森の中の駐車場(4,000坪)も整備されています。

●特長
(1)柳恒倹と童貞夫婦殉教者の墓
(2)モンマルト広場
(3)聖堂(海抜300mの山の頂上の崖に建てられた記念聖堂)
(4)イエス・マリア岩
(5)ゴルゴダ十字架の道
(6)祈りの花の道 

礼茶院 [韓国観光品質認証] (예다원 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

704m    43     2019-08-06

全羅北道 全州市 完山区 郷校キル 85-34
+82-63-228-8218

梧木台の下にある古風な韓屋(韓国伝統家屋)「礼茶院」は、2013年12月に新築されました。そのため、美しい韓屋固有の趣がありながら、施設がきれいで使い勝手も良く快適です。郷校キルで韓屋体験館と伝統茶、天然染めなどの伝統文化空間を運営した経験のあるオーナーが新たに韓屋を建て、宿泊空間と様々な文化体験ができる空間を設けました。礼茶院からたった1分のところに全州郷校(儒教教育機関)と全州寒碧文化館があり、寒碧文化館を出て梧木橋を渡ると国立無形遺産院があります。慶基殿、殿洞カトリック教会、梧木橋、南部市場も徒歩圏内です。

礼茶院には花の名前を付けた客室が6室あり、垂木と大梁がむき出しになっている天井、韓紙を貼った壁、水墨画や書道作品の額などに芸術の里・全州らしさがよく出ています。特に、蓮の間は山水画の描かれた8枚の屏風と大きな水墨画の額が印象的です。

礼茶院が特別な理由は、様々な伝統文化を直接体験できるところにあります。茶道体験、天然染め体験、韓紙体験、らくがん作り体験、花煎(花びらのチヂミ)作り体験などができます。体験料は1人10,000ウォン~15,000ウォンくらいで、4人以上集まれば可能です。


アキグミ刺繍宿泊[韓国観光品質認証](보리수자수숙박[한국관광 품질인증/Korea Quality])

716m    8     2020-04-24

全羅北道全州市完山区ウンヘンロ93-5
+82-10-5797-3117

アキグミ刺繍宿泊は、全州韓屋村の全州川の近くにある伝統韓屋ゲストハウスである。野花が美しい庭に入ると、タイムスリップをしたかのように古風な姿の韓屋が目に入る。垂木、軒、梁など伝統韓屋の趣はそのまま保存し、築100年の家屋をホストが直接直してゲストハウスをオープンした。素朴な庭のある韓屋の外観も美しいが、真の魅力は客室に入ってから感じられる。刺繍に造詣が深いホストの作品が部屋の内部に飾られている。素敵な刺繍カーテン、コットン布団、可愛い小物が部屋の雰囲気を明るくしてくれる。ゲストハウス内にある刺繍工房ではより多様な作品を鑑賞することができる。客室は2~3人が泊まれる6つのオンドル部屋で構成されている。一人旅のためにシングルルームも用意した。全室にアメニティーグッズのある現代式トイレがある。庭が眺められる共用リビングルームはゲストハウスの自慢の空間。座敷テーブル、本、膳が置かれているリビングルームではのんびり時間を過ごすことができる。韓屋村の全景が見渡せる屋上テラスもおすすめ。午前にはトースト、果物、卵、コーヒーが無料で提供される。また、フランス刺繍、民俗遊びも無料で体験できる。

タルピッヒャン[韓国観光品質認証](달빛향 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

747m    41     2019-08-06

全羅北道 全州市 完山区 全州川東路 64-16
+82-10-2050-1802

タルピッヒャンは全州韓屋村にある韓屋宿泊施設です。全州郷校(儒教教育機関)のすぐそばで、ほんの少し歩けば全州川と南川橋が見えます。南川橋の上に建てられた晴煙楼は八作屋根の風流な東屋で、この地域のランドマーク的な存在となっています。特に夜景が美しく、遅い時間に写真を撮りに来た人々が目につきます。タルピッヒャンの周りは辺り一面古色蒼然とした瓦葺きの家で、まるでタイムスリップしたような気分です。全州郷校、全州寒碧文化館、国立無形遺産院、剛庵書芸館、梧木台、慶基殿、殿洞カトリック教会など、全州韓屋村内の主要スポットをまるで近所を散歩するような感覚で巡れます。全州韓屋村で生まれ育ったオーナーが地元住民に人気のグルメ店などを教えてくれて有益です。 タルピッヒャンは瓦葺き屋根と軒、縁側と庭、甕置き場など、伝統的な韓屋の趣がたっぷり味わえます。こじんまりした庭に配された飛石は風情があり、庭の端に植えられた花や木が温かい雰囲気を出しています。特に、入口にはバラのアーチがあり、バラの咲く時期に泊まれば見事に咲いたバラを背景に素敵な写真が撮れます。客室は全室オンドル(床暖房)部屋で、天井にむき出しの垂木が見えて韓屋特有の趣が感じられます。

滋満壁画村(자만벽화마을)

788m    2081     2016-10-31

全羅北道 全州市 完山区 滋満洞1キル1-10

滋満(チャマン)壁画村は全州韓屋村の向かいの丘にある小さな村です。急勾配の道に沿って家が並んでおり、塀に様々な色で絵が描かれています。