スミスが好きな韓屋(스미스가 좋아하는 한옥) - エリア情報 - 韓国旅行情報

スミスが好きな韓屋(스미스가 좋아하는 한옥)

スミスが好きな韓屋(스미스가 좋아하는 한옥)

0m    2192     2019-11-26

ソウル特別市 鍾路区 三清路22-7
+82-2-722-7003

「スミスが好きな韓屋(スミスガチョアハヌンハノク)」は、北村の情緒と現代的雰囲気が絶妙に交わった空間の中に、ダイニングとカフェが共存する韓国式家屋のイタリアンレストランです。旬の新鮮な材料と毎日仕入れる海産物をメインに、老若男女誰でも楽しむことができるメニューが豊富です。店名に使われている「スミス」は欧米ではごく一般的な苗字で、特定の人がいるわけではなくこのお店を利用する全ての人を指しています。一度利用した人には必ず気に入ってもらい、また来てもらうことをモットーにしています。また、毎日焙煎している新鮮で深い香りのイタリアンコーヒーと、韓屋空間と似合う伝統茶を共に味わうことができるのもスミスが好きな韓屋だけの特徴です。

錦湖美術館(금호미술관)

錦湖美術館(금호미술관)

43m    6937     2020-05-12

ソウル特別市 鍾路区 三清路 18
+82-2-720-5114

錦湖美術館(KUMHO MUSEUM)の歴史は1989年にソウル特別市鍾路区(チョンノグ)貫勲洞(クァヌンドン)に開館した「錦湖(クモ/クムホ)ギャラリー」までさかのぼります。
このギャラリーは錦湖アシアナグループが新しいアーティスのト発掘と同時に、支援を行い、力のある新鋭作家をはじめ現在活躍中の作家の展示を開催、同時代の美術を診断・展望する企画展を通じて、韓国の美術文化発展に寄与する目的で設立されました。
その後1996年には現在の同区司諫洞(サガンドン)に新たな美術館を建設、「錦湖美術館(KUMHO MUSEUM)」として拡張移転し、現在の錦湖美術館となりました。

GALLERY HYUNDAI(갤러리 현대)

GALLERY HYUNDAI(갤러리 현대)

63m    8496     2019-03-19

ソウル特別市 鍾路区 三清路14

「GALLERY HYUNDAI(ギャラリー現代)」は1970年4月、鍾路区仁寺洞に「現代画廊」という名前でオープンし、以来40年近く現代美術の現場として韓国美術を代表する作家を中心に展示を行ってきました。さまざまな展示空間を通して近現代の美術を代表する作家を始めとして、ジャンルや形式を越えて幅広く多様な作家を紹介し、国内外の美術の流れを一目で見ることの出来るクオリティーの高い展示を行っています。

国立現代美術館(ソウル館)(국립현대미술관(서울관))

国立現代美術館(ソウル館)(국립현대미술관(서울관))

91m    6588     2020-07-06

ソウル特別市 鍾路区 三清路 30

国立現代美術館ソウル館は、同時代の現代美術を重点的に扱っている美術館です。1986年に開館した果川(クァチョン)館、1998年に開館した徳寿宮(トクスグン)館に続き、2013年に開館したソウル館は、朝鮮時代の昭格署(ソギョクソ)、宗親府(チョンチンブ)、奎章閣(キュジャンカク)、司諫院(サガノン)跡地に建てられた美術館です。ソウル館のある場所一帯はまた韓国戦争(1950~53年)休戦後、ソウル大学校医科大学付属病院、国軍首都統合病院、国軍機務司令部(通称・機務司=キムサ)などがあった場所で、歴史的意義のある政治・文化の中心地だったところとして有名な場所です。
「マダン(中庭・広場)」の概念を取り入れ建築した国立現代美術館ソウル館は、どなたでも楽しめ憩いのひとときをお過ごしいただけるよう造られています。建物の内部と外部が有機的につながり、周囲の名所とも調和がとれるよう設計されています。国立現代美術館ソウル館は、複合芸術文化センターとしての機能を兼ね備え、展示室をはじめ、デジタル情報室、マルチメディアホール、映画館といったさまざまな各種施設があり、韓国の現代美術作品の展示やニューメディアとの融合複合展示を行っています。国立現代美術館ソウル館は、さまざまな芸術ジャンルを受け入れ、豊かで、そして活発な現代美術を巡る意見交換を行い、文化の発展に寄与する開かれた美術館となっています。

斗佳軒(두가헌)

斗佳軒(두가헌)

99m    2792     2016-09-28

ソウル特別市 鐘路区 三清路14
+82-2-3210-2100

三清洞通りの入り口に位置するワインレストラン「斗佳軒(トゥガホン)」は、ギャラリー現代の裏にある新しい文化空間です。古さと洗練された現代文化とが共存するこの店では「Wine & Art」をコンセプトとしており、伝統家屋の空間の中で美術文化とワインが味わえます。「斗佳軒」とは「とても美しい家」という意味で、その名の通り、店は1910年代の伝統的な家屋で趣があります。旧韓末のロシア式のレンガ造りの建物「Gallery Do Ga Hun」では、国内外のさまざまな格調高い美術作品が展示されています。

ITALYJAE (이태리재)

ITALYJAE (이태리재)

181m    639     2017-03-30

ソウル特別市 鍾路区 栗谷路1キル74-9

趣ある昭格洞の小さな路地にある「ITALYJAE(イテリジェ/イタリジェ)」では、リーズナブルでおいしい正統派ヴェネチア料理を楽しむことができます。

東十字閣(동십자각)

東十字閣(동십자각)

196m    55     2020-05-08

ソウル特別市 鍾路区 三清路 1

東十字閣(トンシプチャガク)は、景福宮(キョンボックン)の正門・光化門(クァンファムン)の右手(東側)へと続く石塀と、光化門の北東にある建春門(コンチュンムン)から続く石塀とがぶつかる、景福宮の南東の隅に建てられた望楼です。
基礎の石壇部分は朝鮮時代初期の遺構とみられますが、楼閣自体はは興宣大院君(フンソンテウォングン・在位=1864~1898年)の時代に建立されたものと推測されます。
東十字閣の規模は小さいながらも、調和の取れた芸術的な造形美を誇り、景福宮にある優れた建築物のひとつと言えます。
東十字閣の建物は、景福宮の東南の隅に建てられた望楼のような高台にある建物としての役割を果たしていましたが、景福宮の敷地を囲む塀が東十字閣周辺で無くなってしまったことから、現在では道端にぽつんと立ったような形になってしまいました。
十字閣の建物は元々、景福宮の正面の東西の両隅にそれぞれ東十字閣・西十字閣(ソシプチャガク)が建てられ王宮の内と外を監視できるようになっていましたが、西十字閣の方は取り壊され現在ではありません。
長大石を組んで作った石の基壇の上に建っている楼閣は、正面と側面がすべて3間の長さの正方形をした形となっています。
また、楼閣の骨格となる木材でできた軸部の構造は、柱と柱の間の下部にある貫木・下枋(ハバン)と、上部の柱貫・昌枋(チャンバン)のみで組み上げ、柱と柱の間には壁がなく柱むき出しの構造となっており、楼閣が建つ石壇上部の床面は土床となっています。

朝鮮キンパプ(조선김밥)

朝鮮キンパプ(조선김밥)

211m    1355     2020-05-18

ソウル特別市 鍾路区 栗谷路3キル68
+82-2-723-7496

朝鮮キンパプは、鍾路区安国洞にあるキンパプ専門店です。メニューは朝鮮キンパプ、練り天キンパプ、朝鮮ククシ(にゅうめん)などがあり、立食テーブルと座席が用意されています。

ウンナム(은나무)

ウンナム(은나무)

216m    5776     2020-05-08

ソウル特別市 鍾路区 栗谷路3キル72
+82-2-730-2867

「ウンナム」はアクセサリー専門ショップで、美しい自然物の素朴でナチュラルなラインをデザインモチーフにしたり、韓国の伝統文様や技法を応用して製作しています。主材料としてスターリングシルバーと良質の原石だけを用いることで、価値を高めています。ここの全商品はウンナムの職人の手で徹底的に手作業で行なわれるため、同じデザインでもそれぞれがハンドメイドならではの趣きを持っています。

マウムウルダムアネミョン(마음을담아내면)

マウムウルダムアネミョン(마음을담아내면)

242m    0     2020-08-11

ソウル特別市ジョンノ区ユルゴクロ3ギル79
+82-2-732-7768

この店はソウル特別市のチョンノに位置した韓食専門店です。ステーキと丼物も有名です。代表的なメニューは素麺です。

黄生家カルグクス(황생가칼국수)

黄生家カルグクス(황생가칼국수)

256m    1938     2019-04-24

ソウル特別市 鍾路区 北村路5キル78
+82-2-739-6334

「黄生家(ファンセンガ)カルグクス」はカルグクス(きしめん)専門店で、ワンマンドゥ(ジャンボ蒸し餃子)も人気があります。

李利子韓服博物館(이리자 한복전시관)

26m    7003     2019-11-13

ソウル特別市 鍾路区 三清路20
+82-2-734-9477

景福宮正門チケット売り場正面に位置している李利子韓服博物館は、韓国の伝統衣装を展示するだけでなく、韓国の人々が生まれてから死ぬまでに経験する通過儀礼に合わせて見学できるようになっている博物館で、韓国の伝統礼法とそれが反映された韓服を守るために努力している運営者の意志が感じられる空間です。