サリョニ林道(사려니숲길) - エリア情報 - 韓国旅行情報

サリョニ林道(사려니숲길)

サリョニ林道(사려니숲길)

2.2 Km    635     2019-09-24

済州特別自治道 西帰浦市 表善面 加時里 プルグンオルム入口
+82-64-900-8800

榧子林路(ピジャリムロ)からスタートし、ムルチャッオルム、そしてサリョニオルムへと至るこのサリョニ林道はスギの木がスギの木が生い茂る1112番地方道路の入り口に位置しています。
標高は550メートルほどで、ナラ、アカシデ、エゴノキ、ヒノキ、スギなど、さまざまな樹種がある林です。
「済州の隠れた秘境31」にも選ばれ、人の手があまり加えられていない自然林として有名で、特にトレッキング愛好者に人気が高いスポットです。

済州石文化公園(제주돌문화공원)

済州石文化公園(제주돌문화공원)

3.6 Km    5413     2020-06-09

済州特別自治道 済州市 朝天邑 南朝路2023
+82-64-710-7731

済州市朝天邑にある「済州石文化公園(チェジュドルムナゴンウォン)」は、済州の象徴である石をテーマにした公園です。火山島である済州を作った女神ソルムンデハルマンと五百将軍の石に関する伝説をテーマにしており、済州の石文化と済州の住民の生活の様子を観覧して済州地域の独特な文化を知ることができます。

エコランドテーマパーク(에코랜드테마파크)

エコランドテーマパーク(에코랜드테마파크)

3.9 Km    3116     2020-06-12

済州特別自治道 済州市 朝天邑 繁栄路1278-169
+82-64-802-8020

「エコランドテーマパーク」は1800年代の蒸気機関車であるボールドウィン機種をモデルにし、英国で手作りで制作されたリンカーン汽車に乗り、30万坪のコッチャワル原始林を体験できるテーマパークです。30万坪のコッチャワルの敷地には線路が敷かれ、湖も作られており、自然生態体験や散歩やピクニックも楽しむことができます。英国に特別注文し制作した赤い汽車は全部で5台運行しており、汽車旅行を楽しむ間、神秘の森コッチャワルに生息する昆虫や動物、そしてさまざまな植物に出会うことができます。エコブリッジ、ホバークラフト、エコ風車、ピクニックガーデン、キッズタウン、エコロード、スコリア(火山噴出物)裸足体験、水上カフェ、トピアリーなど、見て体験して楽しめます。

ハンファリゾート済州(한화리조트 제주)

ハンファリゾート済州(한화리조트 제주)

4.3 Km    2405     2019-11-25

済州特別自治道 済州市 明林路575-107
+82-64-725-9000

ハンファホテルアンドリゾートは1979年のコンドミニアム建設を通じてレジャー産業に参入後、現在では韓国全土において最も多くの直営コンドミニアムチェーンおよびゴルフ場を運営するとともにさまざまなジャンルのフードサービスを提供しています。
「ハンファリゾート済州(チェジュ)」は4.3平和公園、ノロジカ生態観察園の向かいにあります。周辺にはチョルムル自然休養林など見どころが多く、秋になるとリゾート周辺では美しいススキをみることができます。
付帯施設として水産物屋、土産物屋、ゲームセンター、旅行情報案内デスク、スーパー、レンタカーショップ、大衆ゴルフ場、パークゴルフ場、テラピーセンターなどを備えています。

済州チョルムル自然休養林(제주절물자연휴양림)

済州チョルムル自然休養林(제주절물자연휴양림)

4.6 Km    10380     2020-07-24

済州特別自治道 済州市 明臨路584

「済州チョルムル自然休養林」は漢拏山の北東側のチョルムルオルムにある休養林で、杉林が美しいことで有名な場所です。チョルムルオルムは高さ約650メートルで火山活動によってできました。チョルムルオルムの頂上からは城山日出峰や済州市内が一望できます。休養林内にはウォーキングコース、蓮池、展望台、薬水場、芝生広場、宿泊施設があります。

世界遺産祭り-「済州火山島と溶岩洞窟」(세계유산 축전 - '제주 화산섬과 용암동굴' )

世界遺産祭り-「済州火山島と溶岩洞窟」(세계유산 축전 - '제주 화산섬과 용암동굴' )

5.5 Km    30     2020-04-14

済州特別自治道 済州市 朝天邑 善橋路 569-36
+82-64-710-6873

漢拏山(ハルラサン)自然保護区域や城山日出峰(ソンサンイルチュツボン)、拒文(コムン)オルム(側火山)溶岩洞窟系など済州島の自然をテーマにしたさまざまなプロジェクトをお祭り形式で開催する世界遺産祭り-「済州火山島と溶岩洞窟」。
ユネスコ世界自然遺産・済州(チェジュ)のブランドイメージを高め、韓国をはじめ海外からの観光客の方々を対象にさまざまな体験・教育・広報プログラムを実施するのがこの世界遺産祭りです。
また済州で行われるこの世界遺産祭りは、七つの自然遺産村を中心にした地元住民との共生プロジェクトとして、地元地域の活性化に寄与し、持続可能な世界自然遺産の保護にも貢献するお祭りとなっています。
お祭りを通じて、「ユネスコ世界自然遺産・済州」という価値を、地元・済州道民をはじめ済州を訪れる観光客みなさんに認識・尊重していただくことにより済州の自然を保護するとともに、同時に人々が共有できる世界自然遺産・済州のブランドイメージ確立及び拡大を図ります。

済州島国家地質公園(제주도 국가지질공원)

済州島国家地質公園(제주도 국가지질공원)

5.5 Km    22     2020-06-19

済州特別自治道 済州市 朝天邑 善橋路 569-36

済州島(チェジュド)は、韓半島西南の端からおよそ90km沖合の大陸棚上にある火山噴出物によって形成された火山島です。
済州島は火山地形が現在でも数多く残っており、その地球科学的価値は高く、風景も大変すばらしいものがあります。 中でもその火山地形の景色が素晴らしい漢拏山(ハルラサン)、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)、万丈窟(マンジャンクル)、西帰浦層(ソギポチュン)、山房山(サンバンサン)とヨンモリ海岸、水月峰(スウォルボン)、中文(チュンムン)大浦(テポ)海岸柱状節理、天地淵(チョンジヨン)瀑布の9か所は、ユネスコ世界ジオパークネットワーク(GGN)から世界地質公園(世界ジオパーク)として認定を受けている場所です。
ユネスコが認定する世界地質公園とは、地質学的に価値があり、かつ希少で、景観が美しく、また教育活動及び地質観光が活発に行われ、地元経済の発展に寄与しているところを指します。 済州島はユネスコが認定する世界地質公園・生物圏保存地域・世界自然遺産を擁する世界的な自然観光地として有名な場所です。


* 漢拏山国立公園 [ユネスコ世界自然遺産]
ユネスコ世界自然遺産に指定されている漢拏山は、済州島の盾状火山(アスピーテ)の中心をなす標高1950mの山で、軍事境界線以南の南韓で最も高い山です。
漢拏山は済州島のシンボルであり、また韓半島及び周辺海域における第四紀の火山活動の代表的な産物でもあります。
山頂部に深さ108m、直径550mの火口湖・白鹿潭(ペンノクタン)噴火口があり、また霊室奇岩(ヨンシルキアム)と呼ばれる切り立った岩壁やおよそ40のオルム・側火山などさまざまな火山地形があります。
風化や侵食によって盾状火山の元々の地形が崩れず残っている漢拏山は2002年にはユネスコ生物圏保存地域、2007年にはユネスコ世界自然遺産にそれぞれ登録されました。

* 城山日出峰 [ユネスコ世界自然遺産]
標高179mの城山日出峰は水とマグマの作用によって形成された典型的な水成火山で、その姿は済州島の東海岸に巨大な古代の城郭を思わせるほどです。
城山日出峰の凝灰岩丘(タフコーン)は、水深の浅い海底で噴火し海水面上に成長したスルツェイ式火山の誕生と成長過程を垣間見ることができる火山です。
2000年には天然記念物、2007年には世界自然遺産の指定を受けました。

* 万丈窟 [ユネスコ世界自然遺産]
万丈窟は拒文(コムン)オルムから流れ出した溶岩が地表面を流れ形成された溶岩洞窟です。全長はおよそ7400m、高さ最大約25m、最大幅約18mを誇り、世界自然遺産のひとつ・拒文オルム溶岩洞窟系に属する溶岩洞窟です。

* 西帰浦層
西帰浦層とは水とマグマの作用による水成火山活動により生じた火山灰が、海洋堆積物とともに長い間堆積を繰り返し形成された厚さおよそ100mの堆積層で、天然記念物第195号に指定されています。

* 山房山
山房山(サンバンサン)は、済州島南西の沿岸にある、標高395mの巨大な溶岩ドームです。淡い灰色を帯びた山房山の溶岩ドームは柱状節理がよく発達している粗面岩からつくられています。

* ヨンモリ海岸
山房山の溶岩ドームの南の海岸にあるヨンモリは済州で最も古い火山地形で、水とマグマの作用による水成火山活動により形作られた凝灰環(タフリング)の一部です。
ヨンモリは小さな突起のように突出している形状をいい、海の中へ入る龍の頭に似ていることから、龍の頭・ヨンモリと呼ばれ、海岸の風景は素晴らしいものがあります。

* 水月峰
水月峰は、済州島の西端にある、起伏の少ない丘の形をした火山砕屑性堆積層です。
地中から噴出したマグマが地下水に触れ猛烈な水蒸気爆発を起こし、それにより発生した火山灰が堆積し形成された凝灰岩の一部で、その高さは77mにも及びます。

* 中文・大浦海岸柱状節理
大浦洞(テポドン)の柱状節理溶岩は、近隣にある「鹿下旨岳(鹿下止岳=ノカジアク)」というオルム(側火山)から噴出した溶岩が海岸まで流れ冷え固まりできたものです。
特に柱状節理は、分厚い下部と、細く複雑になっている上部の水平及び垂直方向の断面で発達しています。

* 天地淵瀑布
天地淵瀑布は落差22m、幅12mの滝で、滝壺の深さは水深20mにも及びます。滝壺から下流へは西帰浦港(ソギポハン)までおよそ1Kmほどの渓谷が続き、渓谷に生息・植生するオオウナギ、ホルトノや暖帯林は天然記念物に指定されています。

拒文オルム[世界自然遺産](거문오름[세계자연유산])

拒文オルム[世界自然遺産](거문오름[세계자연유산])

5.5 Km    13233     2020-07-14

済州特別自治道 済州市 朝天邑 善橋路 569-36
+82-64-710-8981

標高456mの複合型火山体・拒文(コムン)オルム。
この火口中心から流出した溶岩類の浸食渓谷は、済州道内最大の規模で流線形の谷をなし、およそ4キロメートルほど続いています。
拒文オルムの南東側の牧場地には、火口がない火山体・溶岩岩屑流の円錐形をした丘が集中し分布しています。
済州市(チェジュシ)旧左邑(クジャウプ)松堂里(ソンダンニ)にある蟻(韓国語でコミ)の巣のような形をしていることから命名されたコミオルムを通称・東コムンオルムといいますが、これはこれよりも西側にある拒文オルムと区別するための呼び名であったといいます。
地元住民らの間では噴火口の別称としてコムルチャン(コモルチャン)とも呼ばれ、森で覆われ黒く見えることから黒い側火山・コムンオルムと呼ばれましたが、学者らの語源的解釈では「コムン」という言葉は神という意味の古朝鮮時代の「カム・コム」に由来するとしています。つまり、「コムンオルム」は「神々しい山」という意です。
海松、杉、コノテカシワが育つうっそうと生い茂る森をなしています。

* 海抜456mの複合型火山体・拒文オルムから流れ出た溶岩類が地形傾斜に沿って北東側の方向へ海岸線まで到達し、およそ20の洞窟群を形成し、これら溶岩洞窟の中では、ペンディ窟、万丈窟(マンジャングル)、金寧窟(キムニョングル)、龍泉洞窟(ヨンチョントングル)、そしてタンチョムル洞窟が世界自然遺産に指定されています。

※ 複合型火山体―山頂部には大きな火口が深くえぐられる形であり、その中に小さな峰がそびえ、北東側へ大きく口を開ける馬蹄形の火口などが形成されています。

* 標高 456.6m / 比高 112m / 周囲 4,551m / 面積 809,860㎡ / 底径 1,188m

済州セントラルパーク(제주 센트럴파크)

1.4 Km    5856     2020-07-08

済州特別自治道 済州市 朝天邑 ピジャャリム路606

済州セントラルパークは「世界文化遺産の国」、「世界の偉人の国」、「ファンタジーとおとぎの国」、「恐竜の国」、「レーシングカート場」の5つのテーマに分かれており、観覧と体験を同時に楽しむことができます。

サングムブリ(산굼부리)

2.2 Km    30765     2020-07-06

済州特別自治道 済州市 朝天邑 榧子林路768

「サングムブリ」は周囲が2キロメートルを超える噴火口で、天然記念物に指定されています。噴火口の直径は650メートル、深さ100メートル、周囲が2,070メートルにも達します。サングムブリを空から眺めると、人工的に造られた円形運動場のように見えます。植物の種類が多様で、北側は暖帯性の樹木(アカガシ、ホオノキなど)と希少植物のフユイチゴが生えています。噴火口の南側の斜面には温帯林の代表的な樹木(アカシデ、カエデなど)が森をつくっています。限定された空間である噴火口の中に、それぞれ違う性質の樹木が共存しており、学術的にも注目を集めています。サングムブリでは石で作られた入口と壁、噴火口などが見どころです。

ノロ鹿生態観察園(제주 노루생태관찰원)

4.8 Km    4023     2019-06-19

済州特別自治道 済州市 明臨路 520
+82-64-728-3611

2007年8月にオープンしたノロ鹿生態観察園には200匹あまりのノロ鹿が自由に暮らしている様子を観察することができる常時観察園があり、ノロ鹿の生態系などを一目で見るkとのできる映像展示室があります。また、自然生態体験プログラムよおびノロ鹿へのえさやり体験、生態専門家と一緒にオルムの生態を学ぶなど多様なプログラムを提供しています。シティーツアーバスのコースの一部になっています。

済州世界自然遺産センター(제주 세계자연유산센터)

5.5 Km    6997     2020-06-09

済州特別自治道 北済州郡 朝天邑 善橋路569-36
+82-1800-2002

「済州世界自然遺産センター(チェジュセゲジャヨンユサンセント)」は、韓国で唯一のユネスコ世界文化遺産の価値を広く伝えることを目的に設けられた博物館です。4D立体映像館、溶岩洞窟体験、済州島の誕生過程、体験など、教科書にも載っている世界自然遺産「済州」を実際に体験してみることができます。済州世界自然遺産センターは、2007年ユネスコ世界自然遺産に登録、2009年環境部選定の生態観光20選、2010年韓国型生態観光10モデルに選ばれた代表的な生体観光地ユネスコ世界自然遺産「拒文オルム」に位置しています。

オープン日
2012年9月4日