セソッカク(쇠소깍) - エリア情報 - 韓国旅行情報

セソッカク(쇠소깍)

セソッカク(쇠소깍)

2.5 Km    14591     2020-09-18

済州特別自治道 西帰浦市 セソッカク路 128
+82-64-732-1562

済州道(チェジュド)西帰浦市(ソギポシ)下孝洞(ハヒョドン)にあるセソッカクは、元々は牛が臥している形に似ていることからセドゥン(쇠둔)という地名でしたが、その後、孝敦川(ヒョドゥンチョン)を流れる淡水と河口の海水が交わり深い淀みができている辺りの場所をセソッカク(쇠소깍)と呼ぶようになりました。セソッカクの「セ」は牛を、「ソ」は沼・淀みを、カクは「終わり」を意味しています。
セソッカクは火口から溶岩が流れ下り冷やされたてできた渓谷のような谷間で、名前の通り興味深く独特な地形となっています。セソッカクは西帰浦七十里の隠れた秘境のひとつで、深い川と溶岩でできた奇岩怪石、そして松林が一体となり美しい風景を織りなす風光明媚なところです。
セソッカクがある下孝洞(ハヒョドン)は済州島の最高峰・漢拏山(ハルラサン)の南側の裾野にあり、みかんの主な産地として有名です。近くには柱状節理帯や中文海水浴場、天帝淵(チョンジェヨン)瀑布など有名な観光スポットも多く、観光にぴったりのエリアです。

ユーロリゾート(유로리조트)

ユーロリゾート(유로리조트)

3.2 Km    1597     2019-07-11

済州特別自治道 西帰浦市 七十里路285番キル19
+82-64-763-1003

世界7代自然景観に選ばれた済州特別自治道済州市に位置した「ユーロリゾート」は西帰浦の海が一望できる濟州の中でも最高の景観を誇ります。リゾートの中央にはプールがある他、バーベキュー場には野外ステージもあります。また、季節によってはミカン狩りも楽しめます。済州は漢拏山や城山日出峰、オルレキルなど豊富な見どころがあるのに加え、新鮮な刺身や海産物そして黒豚などの様々なグルメも味わうことができます。

豚サチョン ( 돈사촌 )

豚サチョン ( 돈사촌 )

3.6 Km    643     2021-04-01

済州特別自治道 西帰浦市 東烘中央路54ボンキル 4
+82-64-722-9285

済州産の黒豚を練炭で焼いて食べる店です。済州特別自治道のソグィポ市に位置した韓食専門店です。代表的なメニューは黒豚サムギョプサルです。

西帰浦KALホテル(서귀포칼호텔)

西帰浦KALホテル(서귀포칼호텔)

3.8 Km    4245     2020-02-13

済州特別自治道 西帰浦市 七十里路242
+82-64-733-2001

自然の神秘と南国の夢と浪漫がある「西帰浦KALホテル(ソグィポカルホテル)」は、地下2階・地上9階で南太平洋のシーサイドと、漢拏山の展望が美しく広がる景色を間近でみることができるファミリーリゾートホテルです。オンドル、洋室、スイートルームなどさまざまなタイプの客室225室がある他、各種国際会議にも使える大宴会場や家族用の宴会室などがあり、団体や職場の記念会合、結婚式、婚約式、還暦祝いなどに最適です。その他、南太平洋が見えるメインレストラン、ロビーラウンジ、フィットネスセンター(サウナ、スポーツジム、室内プール)、テニスコート、散策路等を取り揃えています。

トンネコ(鴛鴦瀑布)(돈내코(원앙폭포))

トンネコ(鴛鴦瀑布)(돈내코(원앙폭포))

4.0 Km    9422     2020-11-23

済州特別自治道 西帰浦市 トンネコ路137
+82-64-710-6920

トンネコは渓谷の両側に暖帯常緑樹が鬱蒼と茂り、高さ5メートルの鴛鴦(ウォナン)瀑布(トンネコ入口より1.5キロメートル、所要時間約20分)や小さな池があり、その景色は大変素晴らしいものがあります。漢拏山(ハルラサン)から流れてくる水は氷水のように冷たく澄んでいるのに加え周辺の景観も素晴らしいことから避暑地として有名です。中元(陰暦7月15日)に水を浴びるとあらゆる神経痛が消えるという言い伝えがあり、この日が最も多くの人でにぎわいます。
トンネコ遊園地入口から渓谷まで約700メートルにおよぶ林が続き、所々に木のベンチがあるので森林浴をするのにも格好の場です。海抜400メートル一帯は希少植物のカンランやフユイチゴが自生しているところとして知られています。
渓谷入り口の向かい側300メートルほど離れた道路脇にはキャンプ場や駐車場、炊事場、トレーニング施設があり、近くの郷土料理店では地鶏など済州ならではのおいしい料理が味わえます。

ガムンジャンチ(가문잔치)

ガムンジャンチ(가문잔치)

4.1 Km    868     2021-03-31

済州特別自治道 西帰浦市 七十里路 191
+82-64-732-9886

済州特別自治道のソグィポ市に位置したバーベキュー専門店です。おすすめは黒豚の肩肉焼きです。黒豚焼きは済州島の代表的な料理です。

正房瀑布(정방폭포)

正房瀑布(정방폭포)

4.4 Km    16548     2021-03-22

済州特別自治道 西帰浦市 東洪洞
+82-64-733-1530

「正房瀑布(チョンバンポッポ)」は海に直接流れ込むアジア唯一の海岸瀑布で、高さ23メートル、幅8メートル、深さ5メートルに達します。豪快に流れ落ちる滝音は迫力満点で、太陽の光が反射して虹を作るなど神秘的なその風景により、昔から瀛州十景のひとつに数えられてきました。また、ここはその昔、徐福(徐芾)という人物が秦の始皇帝の命を受け、不老草を探しに訪れたものの見つけることができず、滝の壁に「徐福過此(徐芾過此)」という文字を刻み、西へ帰ったという言い伝えの残る場所でもあります。海浜をはさんで高くそびえ立つ絶壁があり、古い松が今にも海に倒れるかのように立っている他、各種木々が茂っています。その他、海岸絶壁の上には展望台もあります。

王天ネギチキン ( 왕천파닭 )

王天ネギチキン ( 왕천파닭 )

4.5 Km    668     2021-04-01

済州特別自治道 西帰浦市 中央路42ボンキル 33-1
+82-64-732-4088

元祖パダック(ネギのせフライドチキン)が味わえる店です。 おすすめはネギチキンです。済州特別自治道のソグィポ市に位置したチキン専門店です。

西帰浦毎日オルレ市場(서귀포매일올레시장)

西帰浦毎日オルレ市場(서귀포매일올레시장)

4.6 Km    12874     2020-09-07

済州特別自治道 西帰浦市 中央路62番キル 18

西帰浦毎日オルレ市場(ソグィポメイルオルレシジャン)は西帰浦市最大の在来市場で、1960年代初頭に自然発生的に形成されて以来、西帰浦の経済を支えてきました。
2001年には市場の全長が120メートルほどでしたが、現在では全長620メートルにも及ぶアーケード型商店街となりました。また、市場内部はショッピングしやすい「王」の字型の構造になっています。
市場の利用客には1時間無料駐車サービスや、購入商品の無料宅配サービスも行っています(海外など例外もあるため詳しくは市場にてお問い合わせください)。その他、野外ステージや噴水がある公園などもあります。

アートステイ西帰浦ハーバー [韓国観光品質認証] (아트스테이 서귀포 하버[한국관광 품질인증/Korea Quality])

アートステイ西帰浦ハーバー [韓国観光品質認証] (아트스테이 서귀포 하버[한국관광 품질인증/Korea Quality])

4.7 Km    1594     2020-12-22

済州特別自治道西帰浦市テピョンロ436
+82-64-801-9888

アートステイ西帰浦ハーバーは、済州の文化と芸術、自然が感じられる宿。李仲燮美術館と生家、可愛い小物ショップとカフェが並んでいる李仲燮通りに位置しているため楽しめるものが多い。徒歩10分距離にある西帰浦毎日オルレ市場では多様な済州郷土料理が味わえる。

客室は全241室で、山眺望と海眺望に分かれる。海眺望の客室に入ると一日中西帰浦の港と海景色が広がる。デラックスダブル・デラックスツイン・プレミアツイン・プレミアファミリー・ジュニアスイート・ローヤルスイートなどで構成される客室は、ベージュ色とビビッドな色とが融合してユニークな雰囲気を醸し出す。床に敷かれたカーペットの柄とベランダのそばに置かれた椅子もおしゃれ。環境にやさしい材料のやわらかい寝具がさらにその雰囲気を倍増させる。ローヤルスイートのテラスには海を眺めながら露天風呂が楽しめるジャクジーがある。ベッドと分離されたリビングもあり、家族客に人気。

ホテルで最も目立つスペースはループトップテラス。宿泊客専用の屋外ジャクジーで西帰浦の海を背景にロマンチックでゆったりとした時間が過ごせる。付帯施設としてはパソコンと24時間自由に利用できるビジネスセンター、フィットネスクラブ、プロジェクターとオーディオ施設がもうけられた宴会ホール、ザアートレストランなどがある。ザアートレストランでは済州現地の新鮮な材料で作った韓食料理とパン、コーヒーなどの朝食バイキングが楽しめる。

May 飛 ( 카페메이비 )

May 飛 ( 카페메이비 )

4.7 Km    1556     2021-04-01

済州特別自治道 西帰浦市 李仲燮路 11
+82-70-4143-0639

済州島観光地の近くに位置する雰囲気の良いカフェです。おすすめはアメリカーノです。済州特別自治道のソグィポ市に位置したカフェ(コーヒーショップ)です。

李仲燮美術館(이중섭 미술관)

李仲燮美術館(이중섭 미술관)

4.8 Km    10827     2020-12-02

済州特別自治道 西帰浦市 李仲燮路 27-3

野獣派的な強いタッチで頭をもたげる『黄牛』、強い骨格を露にし尻尾を振る『白牛』を描いた李仲燮は、韓国戦争真っ只中の1951年、約1年余りを西帰浦で過ごしました。一坪半程の部屋で日本人の妻と二人の子どもともに暮らし、現在まで彼の代表作に数えられるほとんどの絵がここで描かれました。
戦争避難民としての一時的な滞在でしたが、つらく不遇な彼の人生において最も安定した時期であったとされています。西帰浦市は、彼の暮らしていた家を買い取って復元し、李仲燮記念館を建てました。そして、彼が朝晩散歩していた家の前の通りを「李仲燮通り」に指定しました。
李仲燮通りに立つと、避難生活として暮らしていた家が原型そのままに復元されており、家の裏には生前に描いた絵が展示されている「李仲燮美術館」があります。李仲燮画家の作品はカナアートセンター代表のイ・ホジェ氏が西帰浦市に寄贈したもので、李仲燮の8点の原画作品と韓国を代表する52点の近現代画家の作品など、全部で60点の作品が所蔵されています。