善徳女王陵(선덕여왕릉)

  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)
  • 善徳女王陵(선덕여왕릉)

説明

* 善徳女王陵 (史跡 第182号 指定)

慶州市普門洞にある善徳女王陵は新羅(BC 57-935年)第27代王である善徳女王(在位 632-647)のお墓です。
善徳女王は息子のいないチンピョン王の長女として生まれ、新羅初の女王となりました。在位16年の間に芬皇寺や瞻星台、新羅最大の皇龍寺九層木塔を建て、新羅仏教建築の全盛期を成しました。後に太宗武烈王となったキム・チュンチュ(金春秋)や名将キム・ユシン(金庾信)のような人物を従え三国統一の基盤をつくりました。しかし、女性の王という弱点のために王権が不安定で乱が起こり、その過程で亡くなりました。

善徳女王陵は円周73メートル程の円墳で、自然石を利用し、円墳の下に2段に保護石を積んだ以外は特に装飾がなく、他の王陵に比べ規模が小さくなっています。王陵の下の方には護国寺として知られている四天王寺址や神文王陵などがあります。


お問い合わせ

慶州市史跡公園管理事務所 +82-54-772-3632


ホームページ

http://guide.gyeongju.go.kr/(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 慶州市 文化観光課+82-54-779-6079


位置

慶尚北道 慶州市 普門洞 山 79-2番地