青松 松韶古宅(청송 송소고택)

  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)
  • 青松 松韶古宅(청송 송소고택)

説明

松韶古宅(ソンソコテク)は、朝鮮時代の第21代の王・英祖(ヨンジョ・在位:1724~1776年)の時代に巨万の富を蓄えた沈處大(シム・チョデ)の7代目の子孫である松韶・沈琥澤(シム・ホテク)が、ホバッコルから先祖代々の本拠地であった徳川洞(トクチョンドン)に居を移し造った建物と言われ、1880年ごろに建てられました。

建物の入口にある大門は高柱の大門となっており、上には窓格子を設けています。大きな舎廊(サラン)チェの建物は、正面5間、側面2間の規模の大きく華麗さを誇る入母屋作りの韓屋で、この家の主人が暮らしていた建物です。
右手には小さな舎廊チェの建物があり、その裏手には母屋があります。母屋は中庭を囲むように建てられた口の字型の建物で、広い板の間には格子戸の上に櫛目模様の欄間が設けられています。

建物にはそれぞれ庭が設けられており、各建物がそれぞれ別々に余裕を持った空間で仕切られているなど、朝鮮時代の上流階級の人々が住んでいた邸宅の特徴をよく示す造りとなっています。


ホームページ

http://www.송소고택.kr


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-874-6556

駐車場施設 : あり


位置

慶尚北道 青松郡 巴川面 松韶古宅キル 15-2