南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])

  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])
  • 南楊州 洪陵(高宗と明成皇后)と裕陵(純宗と純明・純貞皇后)[ユネスコ世界文化遺産](남양주 홍릉(고종과 명성황후)과 유릉(순종과 순명,순정 황후)[유네스코 세계문화유산])

説明

洪裕陵は洪陵と裕陵を合わせた言葉です。丘を間にはさみ、同じ圏域にあります。

洪陵
洪陵は大韓帝国初代皇帝・高宗(コジョン)と明成皇后(ミョンソンファンフ)閔氏の陵です。元々洪陵は明成皇后の陵としてソウルの清涼里(チョンニャンニ)にありましたが、高宗の死後に今の場所に移され、一緒に祀られています。高宗は興宣大院君・李昰應の次男で、12歳の若さで王位につきました。高宗は1897年、大韓帝国樹立を宣布し皇帝の位につきましたが、日本の圧力が増す中、乙巳勒約を結んで外交権を日本に奪われ、1919年に徳寿宮にて67歳で崩御しました。明成皇后は驪城府院君・閔致禄の娘で、1866年に王妃となりました。1873年、高宗の親政(王が直接国の政治を手がけること)をきっかけに政治的実権を掌握後、親露政策に不満を抱く日本人刺客に殺害されました。

裕陵
裕陵は最後の皇帝である純宗と、その妃である純明孝皇后閔氏、継妃・純貞孝皇后尹氏を合葬した唯一の「同封三室」の陵です。純宗は高宗と明成皇后の2番目の息子で、朝鮮最後の王です。民族主権を守護しようとした悲劇的な歴史の王でした。純明孝皇后は純宗が即位する前、王の後継ぎの正妻として始めてオリニ大公園付近の龍馬山の麓に埋葬されましたが、純宗の死後、陵を移して合葬されました。純貞孝皇后は12歳の純宗の后となり、1910年、日本帝国が国権を奪おうとした際、玉璽(国家文書に使われた玉で作った王の印鑑)をスカートの中に隠したというエピソードの人物です。その後、国権は奪われ、大韓帝国は滅びてしまいます。死ぬ瞬間まで温和な性質と気品を忘れなかった純貞孝皇后は大韓帝国の最後の皇后です。

洪陵と裕陵は従来の朝鮮王陵と異なる点があります。それは朝鮮の国名を大韓帝国にかえた際、王を「皇帝」と称したほど、皇帝陵の様式に従い明・太祖の孝陵を見習って作ったことです。洪裕陵には他の王陵では見られなかったキリンやゾウ、獅子、ヘテなど多様な動物形態の石物があります。洪陵の石物は伝統的な方法で作られており、裕陵の石物は洪陵のそれよりも事実的かつ優れた手法が見られます。


ホームページ

文化財庁朝鮮王陵http://royaltombs.cha.go.kr/(日本語あり)


ご利用案内

世界文化遺産

お問い合わせおよびご案内 : +82-31-591-7043

駐車場施設 : あり(有料/駐車時間9:00~19:00)※夜間・利用時間外は駐車できません

休みの日 : 月曜日

利用時間 : 2月~5月、9月~10月9:00~18:00、6月~8月9:00~18:30、11月~1月9:00~17:30/※チケットの販売は閉園の1時間前まで


詳細情報

入場料
大人(満19歳~満64歳) 1,000ウォン

入場無料
毎月最終水曜日は「文化のある日」で入場無料
満6歳以下および満65歳以上の外国人
※詳細はホームページ参照

位置

京畿道 南楊州市 洪裕陵路352-1 (金谷洞)