金海天文台(김해천문대)

  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)
  • 金海天文台(김해천문대)

説明

*天体と宇宙についての不思議を解決してくれる金海天文台*

金海(キメ)天文台は1998年12月、ミレニアム記念事業の一環として、天体と宇宙についての一般の人々の疑問を解消し、将来を担う青少年に夢と希望を与え、人々に浪漫と思い出を分かち合ってもらう目的で事業を推進、2002年2月1日に開館しました。
金海天文台は敷地面積およそ6,600平方メートル、建築面積約1,520平方メートルを誇る2階建ての建物です。天文台の外観は、卵から産まれた駕洛(カラク)国の始祖・首露王(スロワン)をモチーフに楕円形に作られています。
施設は大きく展示棟・観測棟・講義棟に分かれています。
展示棟には天体投影室(プラネタリウム)や展示室があります。天体投影室には直径8メートルの半円形のスクリーンに夜空の星を再現する投射機・天体投影機があります。ここでは季節毎の星座、太陽系の探査など宇宙を理解する上で参考になる教育映像が上映されています。直径20メートルの丸い鉄製の構造物が印象的な展示室には韓国の天文観測の歴史を立体映像で紹介するマジックビジョン、太陽系のそれぞれの惑星で自分の体重を計測することができる重力試験装置をはじめ、10に及ぶ天体教育展示施設があります。観測棟には天体望遠鏡を使って、訪れた人々が自らの目で星を見ることができる施設があります。メインの望遠鏡である大型屈折望遠鏡・反射望遠鏡をはじめ、4つの小さな望遠鏡も設置されています。

* 金海展望台と金首露王の伝説 *

金海天文台の外観を卵に似せたのは、紀元前に金海の地にあったとされる駕洛国の始祖・金首露王(キムスロワン)が卵から産まれたことに由来しています。首露王の王妃・許黄玉(ホ・ファンオク)が船に乗って海の向こうから駕洛国にやってきたことから、星を観測しながら航海をしてきたのではないかと推測されています。
駕洛国の王子が進礼土城(チルレトソン)の上の一番高いところに夜空の星を見るために瞻星台(チョムソンデ)を築いたという歴史的事実がいまに伝えられており、いまでもこの場所は星を見るところという意味で「ピビダン」と呼ばれています。このようなさまざまな歴史的事実があることから、金海を中心に形成された古代国家・伽倻(カヤ)は星ととても深い関係にあったと思われます。天文台がある盆城山(プンソンサン)の頂上に上ると金海市内の前傾が一望でき、夜は金海市内の美しい夜景を望むことができます。


お問い合わせ

+82-55-337-3785


ホームページ

http://www.ghast.or.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-55-337-3785

駐車場施設 : あり

休みの日 : 1月1日、月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)

利用時間 : 14:00~22:00(閉館30分前まで入場可能)


詳細情報

Admission Fees
[展示室]無料
※体験イベントは別途

Facilities for the Handicapped
専用駐車区域、出入口は段差なし、専用トイレ

位置

慶尚南道 金海市 伽倻テーマキル 254 (漁防洞)