広寒楼苑(광한루원)

  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)
  • 広寒楼苑(광한루원)

説明

広寒楼は、朝鮮時代初期である1419年に南原に島流しにあった名宰相・黄喜(ファンヒ)によって建てられた建物で、当時の名前は広通楼でした。その後、鄭麟趾(チョン・インジ)が広寒清虚府と称した後、広寒楼と呼ばれるようになりました。広寒清虚府は、月の宮の玉皇上帝が住む宮殿を意味します。密陽の嶺南楼、晋州の矗石楼、平壌の浮碧楼と共に、韓国4大楼閣に入ります。広寒楼は、正面5間、側面4間の八作屋根の建物で、宝物第281号に指定されています。広寒楼を含め、池、方丈亭、瀛洲閣などが調和した庭園である広寒楼苑は名勝弟33号にも指定されています。


ホームページ

gwanghallu.or.kr(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-63-625-4861

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休

利用時間 : 4~10月8:00~20:00(19:00~20:00無料開放)
11~3月8:00~20:00(18:00~20:00無料開放)


詳細情報

入場料
大人3,000ウォン

位置

全羅北道 南原市 蓼川路1447 (川渠洞)