官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])

  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])
  • 官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産](관북리유적과 부소산성[유네스코 세계문화유산])

説明

百済文化の宝庫、扶蘇山と扶蘇山城
扶余の市街地の北側に紺碧の林が続く海抜106メートルの低い扶蘇山が一番最初に目に留まります。扶蘇山には数多くの百済の女性達が花びらが散っていくかのように自らの死で節義を守った落花岩、百花亭、泗沘楼、半月楼、宮女祠、皐蘭寺、扶蘇山城(史跡第5号)、迎日楼、成忠・興首・階伯の百済忠臣を祭った三忠祠、穀物の倉庫だった軍倉址、百済の軍人の穴蔵である竪穴住居址など百済の歴史と百済王室の話が至る所に潜んでいます。
『三国史記』の百済本紀には泗沘城、所扶里城と記録されていますが、山城があった山の名前をとって扶蘇山城と呼ばれています。この山城は百済の首都であった泗沘土城の一環であり、王宮を守護するために538年に首都の遷都前後の時期に築造されたものであると考えられており、これ以前の500年頃、すでに城山が築造されていた可能性があります。その後、605年に大々的に改築が行われたと推定されています、一方、一部の城壁は統一新羅時期に修築され、高麗と朝鮮時代にはその地域の規模に合うように縮小されて利用されていたと考えられています。


百済の文化に出会う、扶蘇山の遺跡地
三忠祠
扶蘇山城の正門である泗沘門を過ぎて少し歩いて上がっていくと三忠祠があります。外三門と内三門を過ぎて書堂に入ると百済末の三忠臣である成忠・興首・階伯の肖像画と位牌が祭られています。毎年10月の百済文化祭の時に祭祀を行い、3人の崇高な救国忠節を称えます。

迎日楼
迎日楼は扶蘇山城の一番東側の峰に建てられた百済王と貴族達が遠く鶏龍山の連天峰からの日の出を見て国政と国の平安、百姓達の平安を祈願した迎日台に立てた楼閣です。
 
軍倉址
別名、万里蔵と呼ばれていたこの場所は1915年に焼かれたお米が発見された軍隊の穀物を保管していた倉庫です。

竪穴住居址
軍倉址を少し過ぎると穴蔵が見えます。穴蔵は百済の時に軍人達の穴蔵を発掘、復元したところで、1メートルほど掘って四方を木やわらで塀を囲った後、わらの屋根を置いた様子です。穴蔵と貯蔵庫を発掘した場所に展示室を建て、構成をしっかりと見ることができるようにしました。

泗沘楼
扶蘇山で一番高い所(海抜106メートル)に位置する泗沘楼に月が明るい夜に登ると美しい景色が目の前に広がります。泗沘楼の建立当時、泉水を掘っていたら金銅釈迦如来立像(宝物第196号)が発見されました。

百花亭
落花岩の絶壁の上に建てられた六角の屋根の亭子が百花亭です。白馬江を見下ろすことができる百花亭は百済滅亡当時、花びらのように落ちて死ぬことで忠節を守った崇高な百済の女性達の魂を追悼するために1929年に扶風詩社という団体が建てました。 

宮女祠
半月楼広場で東北側を少し下ると宮女祠があります。この宮女祠は660年に連合軍によって泗沘城が墜落した日、落花岩で花びらのように落ちて死んでいった百済の女性達の忠節を追悼し、その意味を後世に広く伝えようと1965年に建てられました。10月の百済文化祭の時に司祭を行います。

官北里遺跡
官北里遺跡は1983年9月に忠清南道記念物第43号伝百済王宮址に指定されています。1982年からこの一帯を中心に忠南大学博物館で5回に渡って発掘調査を行いました。1983年度に方形石築蓮池が発見され、1988年度の発掘調査では土器の口縁部に北舎という銘文が刻まれたものが発見され、1992年度には現在の国立扶余文化財研究所の南側50メートルのところから百済時代の道路の遺跡や排水施設が見つかりました。


ホームページ

扶余郡庁http://www.buyeo.go.kr/html/kr/(日本語あり)
文化財庁http://www.cha.go.kr(日本語あり)


ご利用案内

世界文化遺産

お問い合わせおよびご案内 : 観光案内所+82-41-830-2880

駐車場施設 : あり(無料)

利用時間 : 3月~10月9:00~18:00
11月~2月9:00~17:00


詳細情報

入場料
大人(個人)2,000ウォン

トイレ
あり

外国語案内サービス
日本語、英語、中国語(要事前予約)
お問い合わせ+82-41-830-2330(観光案内所)

位置

忠清南道 扶余郡 扶余邑 扶蘇路15