雲林山房(운림산방)

  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)
  • 雲林山房(운림산방)

説明

尖察山(チョムチャルサン、485m)の麓、双渓寺の南に位置している全羅南道記念物第51号の雲林山房(ウルリムサンバン)は、朝鮮後期の有名な画家、許維(1809-1892)が1856年に学者であり書画家だった師匠の金正喜(1786-1856)がこの世を去った後、帰郷して晩年をすごした場所です。
雲林山房という名前は、尖察山に連なる峰の中の深い山間に、早朝と夕方に立ち込める霧が、まるで雲の林のように見えることから付けられました。許維の「夢宴録」によると、この地には様々な花木が根を下ろしていたという記録が残っています。後裔たちが珍島を去った後、長い間放置されていたところを1982年に孫の許楗(1907-1987)の手によって現在の姿に復元されました。
尖察山をまるで屏風のように背景に美しく映し出している、逆コの字形の瓦屋根で作られた雲林山房は、画室とその他の部屋から成っています。後方には木造の草家で造られた生活空間があり、右手には小痴記念館が建てられています。記念館の内部には、許氏一族の画家による作品が多数展示されています。また、敷地の中心部には白いスイレンが一面に咲く四角形に形作られた池があり、真ん中には天然石を積み上げて作られた直径6メートルの丸い島があります。この島には許維が植えたと伝えられている、さるすべりの木が趣深く立っています。

*雲林山房は韓国映画「スキャンダル」の中で、3人の主人公が舟遊びをする場面が撮影された場所です。


ホームページ

珍島文化観光 http://tour.jindo.go.kr (日本語・韓国語・英語・中国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 雲林山房 +82-61-543-0088

利用時間 : 毎日 9:00~17:00

夏期 9:00~17:30

冬期 9:0~16:30

※ 入場は終了30分前まで


詳細情報

入場料
大人 - 個人 2,000ウォン/団体 1,500ウォン(30人以上)
青少年-個人 1,000ウォン/団体 700ウォン
子ども-個人 800ウォン/団体 500ウォン
※無料:満65歳以上の高齢者、珍島郡民、満6歳かの子ども(該当身分証要提示)




利用可能施設
小痴記念館、祠堂、草家、弓矢、珍島歴史館、民泊施設、飲食店、薬水など
施設内飲食物持込禁止

位置

全羅南道 珍島郡 義新面 雲林山房路 315