双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))

  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))
  • 双渓寺(珍島)(쌍계사(진도))

説明

珍島のほぼ中心部にある尖察山(チョムチャルサン、標高485m)を北にして、両脇に渓谷が流れる場所に位置している双渓寺(サンゲサ)は、857年に道詵(ドソン)国史によって創建され、その後1648年に義雄の手によって再建されました。こじんまりした山寺で、樹齢100年を越す朝鮮時代のビャクシンの木をはじめとし、桜の木、柿の木のような大きな木々の間に、平たい石を敷き歩道を作った庭園が印象的です。
寺の裏手にある渓谷に沿って10分ほど上ると、天然記念物第107号に指定された50余数種の常緑樹林3,700坪が広がっています。寺の南方には、朝鮮時代末期に有名だった画家、許維先生が生活していた雲林山房が隣接しています。


お問い合わせ

双渓寺 +82-61-542-1165


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-61-542-1165

利用時間 : 日の出から日没まで


位置

全羅南道 珍島郡 義新面 雲林山房路 299-30