ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))

  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))
  • ウェドルゲ(済州)(외돌개(제주))

説明

陸の絶壁一人寂しく待ちわびて、やがて石になってしまったという「ウェドルゲ」は、 西帰浦の海岸の沖合いに浮かぶ高さ20メートルの奇岩です。
西帰浦市内約2キロ西側にソムメボンがあり、その山の裾野から続く美しい海岸線に立つウェドルゲは、約150万年前の火山が爆発して溶岩が島に姿を変える際、生成されました。岩の上に数本の松が生えています。陸と離れて海の中に寂しく立っているので「ウェドルゲ」という名前が付けられ、漁に出たおじいさんを待ちながら岩になったというおばあさんの切ない伝説から「おばあさん岩」とも呼ばれています。岩肌には人の頭のように木々と草が伸びており、その左側におばあさんの額と深く悲しい目と鼻の輪郭がぼんやりと見え、開いた口はおばあさんがおじいさんを叫びながら探している姿そのものです。
ウェドルゲのすぐ下には水の上に浮かんでいるような岩があり、これはおばあさんが石に変わった後に、おじいさんの遺体が浮かんできて石になったと言われています。その後ろには仙女岩という奇岩絶壁があり、石になってしまったおじいさんとおばあさんを気の毒に思い、屏風のように広がり石を抱いているように見えます。また、説話によると高麗時代末期の崔瑩将軍が、済州島を占領した牧胡の乱を討伐したとき、ウェドルゲの後方にあるボム島が最後の激戦地で、戦術上ウェドルゲを総大将としておきました。すると、敵はウェドルゲを敵陣と勘違いし、全て自決したと言います。そのため、ウェドルゲは「将軍石」とも呼ばれています。
ウェドルゲに向かう左側の道に牛頭岩という岩があり、この岩の上には広い芝生が広がっていて、周辺は天然の釣りポイントとレジャースポットとして親しまれています。 ウェドルゲの後方に見えるボム島に夕日が沈む景観は、この上なく荘厳です。西帰浦に滞在するときは朝か夕方に三梅峰と一緒に散歩をすると良いでしょう。


ホームページ

VISIT JEJUhttp://www.visitjeju.net/(日本語あり)
文化財庁http://www.cha.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-64-760-3031

駐車場施設 : あり(100台/無料)


詳細情報

撮影場所
ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』

入場料
無料

利用可能施設
展望台、休憩所、売店、散策路

トイレ
あり

位置

済州特別自治道 西帰浦市 西烘洞