開岩寺(개암사)

  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)
  • 開岩寺(개암사)

説明

開岩寺(開巌寺=ケアムサ)は634(武王35)年、妙蓮(ミョリョン)が創建した百済の古刹です。
開岩(開巌)という名称は、紀元前282年弁韓の武王が辰韓や馬韓との戦を避け、ここに都城を築く際、禹と陳という二人の将軍に渓谷の左右に王宮殿閣を作らせ、東側を妙岩(ミョアム)、西側を開岩としたことから始まります。
676(文武王16)年、新羅時代の高僧・元暁(ウォニョ)と義湘(ウィサン)が重修し、1276(忠烈王2)年の円鑑(ウォンガム)国師の時代には約30棟の建物を建て大寺院としての姿を整えました。
また「楞伽経(ヌンガギョン)」説法により多くの人々を教化、この寺のある山は楞伽山(ヌンガサン)と言われるようになりました。
1414(太宗14)年、禅坦(ソンタン)が再び重創しましたが、壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)により黄金殿を除くすべての建物が焼失し、1636(仁祖14)年に戒浩(ケホ)が再び重創し今日に至っています。
宝物に指定されている大雄宝殿は正面3間、側面3間の入母屋造りの建物で、朝鮮時代中期を代表する建物です。宝物に指定されている霊山会掛仏幀は1749年に制作された僧侶画家・義謙(ウィギョム)の作品で、縦13.25メートル、幅9メートルの大きさの霊山会上図です。
開岩寺の裏手にある禹金岩(ウグマム)を含む長さ3,960メートルの周留城(チュリュソン)は、百済の遺民らが王子・扶余豊(プヨプン)を擁立し、3年間かけて百済復興運動を展開した始まりの地としても有名です。
遺物としては1689(粛宗5)年に鋳造された全羅北道有形文化財・銅鐘や重建寺蹟紀があります。


ホームページ

http://www.gaeamsa.org
http://gaeamsa.templestay.com


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-63-581-0080

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休

利用時間 : 9:00~18:00


位置

全羅北道 扶安郡 上西面 開岩路 248