ソウル貞洞教会(서울 정동교회)

  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)
  • ソウル貞洞教会(서울 정동교회)

説明

ソウル貞洞教会は韓国で最初のプロテスタント系の教会です。1885年、アメリカのメソジスト監理教会の宣教師アペンゼラーは、韓国に入国し培材学堂を建て、近代教育を始めました。彼は学校で宗教活動をしましたが、礼拝のための建物も購入し、ベゼル礼拝堂と名付け、1887年から礼拝を始めました。教員たちが増えるにつれて500名ほどを収容できる規模の教会の建設が必要になり、1895年に工事をはじめ、1897年12月26日に奉献式を開きました。この建物は現在まで唯一残る19世紀の教会建築です。
建物の構造は1階建てですが、天井が高く2階建てに見え、南側の鐘つき堂は3階建てです。アメリカ式の単純化されたゴシック様式で、建設当時の写真を見ると、近所の瓦屋や徳寿宮とも調和しています。ここでは多くの討論会や音楽会などが開かれ、キリスト教文化の受容と民族意識の鼓吹に大きく貢献しました。竣工当時は十字型で115坪だったものを1926年に両側部分を建て増しし、現在は175坪ほどになりました。建て増しという形式のため、竣工時の建物は当時の姿のままで、損傷はありません。建物はレンガ造りで、所々にアーチ型の窓を作りゴシック様式の単純化された教会堂の姿を作り出しています。レンガをまっすぐに積んだ造りからは、朝鮮時代の木造建築の職人の技が垣間見えます。この教会堂の鐘は装飾のない内部の柱とともに素朴な雰囲気を持っています。全体的に素朴な雰囲気を持っている北米系統の単純化された教会建築です。

所有者:監理教財団
面積:1,143.8平方メートル


ホームページ

chungdong.org(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-753-0001~3

駐車場施設 : あり


詳細情報

入場料
無料

位置

ソウル特別市 中区 貞洞キル46 (貞洞)