ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)

  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)
  • ソウル 旧ロシア公使館(서울 구 러시아공사관)

説明

ロシア公使館は朝鮮時代末期の韓露修好通商条約が批准された1885年に着工し、1890年に完成しました。ルネサンス様式のレンガ造りの2階建てで、ロシア人建築家サバティン(Sabatine)によって設計されたといわれています。公使館が建てられた場所は、朝鮮の第10代国王である燕山君が都城の外へ出掛けるときに便利なようにと設けた3つの馬場のひとつです。朝鮮の第26代国王である高宗が、日本をけん制するためにアメリカ領事館、イギリス領事館、ロシア公使館を徳寿宮の近くに置いたという話が伝わっています。ロシア公使館は俄館(アグァン)と呼ばれ、韓国では高宗の俄館播遷(アグァンパチョン/高宗がロシア公使館に移り住み、執政をとったこと)でよく知られています。

乙未事変で明成皇后が日本軍に殺害されて親日内閣になると、景福宮に幽閉された状態であった高宗を親露派の李範晋やロシア公使のヴェーバーが保護することを目的に1896年2月1日、王世子とともにロシア公使館に移りました。そして金弘集内閣を崩壊させ、親露の朴定陽内閣を組織するなどの国政を執り行い、翌年2月20日、慶運宮(徳寿宮の以前の名称)に移るまでの一連の流れを俄館播遷といいます。

※面積:1,102平方メートル


ホームページ

http://www.junggu.seoul.kr/tour/(日本語あり)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-3396-5882


位置

ソウル特別市 中区 貞洞キル21-18 (貞洞)