ワールドカップ公園(월드컵공원)

説明

2002年5月1日に開園した「ワールドカップ公園」は、1978年から15年の間集められた9,200万トンのゴミで埋め立てられた蘭芝島にワールドカップ大会を記念して造成されました。6年にわたってゴミの埋立地から発生する環境汚染物質に対する処理を徹底的に行い、1年以上の歳月をかけ造成作業が行われ、平和の公園、蘭芝川公園、蘭芝漢江公園、ハヌル(空)公園、ノウル(夕焼け)公園というそれぞれの特徴を持った造りとなっています。105万坪の敷地に、週末にもなると大勢の人々で賑わうソウル市民の憩いの場となっています。

平和公園 : ソウルワールドカップ競技場から一番近いところにある公園で、池や庭園、遊具などがあり、ピクニックにも最適です。

蘭芝川公園 : 蘭芝川周辺の開発に合わせて造られた公園です。ゴミから出た汚染物質のあった89000坪の敷地を完璧に清浄化して美しい公園に再造成しており、今では野外ステージや各種運動施設でスポーツを楽しむ人々で賑わっています。

蘭芝漢江公園 : 蘭芝漢江公園は漢江沿いに開発された公園で、キャンプ場やサッカー・バスケットボールコート、芝生の広場の他、遊覧船の船着場もあります。

ハヌル(空)公園 : ワールドカップの5つの公園のうち、一番高い場所にある公園です。ゴミの山だった所に青い丘と22の展望台が設けられています。5つの風力発電機で公園と管理事務所の電力全てを供給しています。
ススキ祭り期間中は夜間でも一般開放されています。

ノウル(夕焼け)公園 : 9ホールのゴルフ場があるこの公園は10万3千坪の埋立地にできた公園です。環境汚染問題の無い埋立地をめざし、長い年月をかけて造成されており、今では漢江の風景と共に自然が調和した美しい公園となっています。


お問い合わせ

+82-2-120


ホームページ

http://parks.seoul.go.kr/template/sub/worldcuppark.do(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : ダサンコールセンター+82-2-120

オープン日 : 2002年5月1日

駐車場施設 : あり(有料)

利用時間 : 夜間は生物種保護のため立ち入り禁止
詳細はホームページの利用時間参照


詳細情報

入場料
無料

利用可能施設
公園施設
ワールドカップ公園展示館 - 蘭芝島イヤギ、蘭芝蓮池、風力発電機、探訪客案内所、ハヌル階段、ノウル階段
こどもの遊び場、蛍観察園、カイコ生態体験場、自然水遊び場、噴水、展望台
ノウルキャンプ場、ドッグラン

体育施設
ワールドカップパークゴルフ場、人工芝球場、多目的球場、テニスコート

各広場
ユニセフ広場、ビョルチャリ広場、平和芝生広場、蘭芝芝生広場、平和広場

テーマ庭園
平和の庭園、ピクニック広場、植物園

テーマキル(道)
メトロポリスキル、メタセコイアキル、蘭芝循環キル、希望の森

その他の施設
ワールドカップ競技場、蘭芝美術創作スタジオ、麻浦資源回収施設

トイレ
あり

位置

ソウル特別市 麻浦区 ワールドカップ路243-60 (城山洞)