安東 臨清閣(안동 임청각)

  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)
  • 安東 臨清閣(안동 임청각)

説明

臨清閣(イムチョンガク)は、中宗の時代に刑曹佐郞を務めた李洺(イ・ミョン)が建立しました。韓国に現存する住宅のなかでも最大規模で500年の歴史を持つ安東固城李氏の大宗宅です。
臨清閣という堂号は、陶淵明の「帰去来辞」のうち「登東皋以舒嘯、臨清流而賦詩」からとったものです。李重煥の『択里志』には「臨清閣は、帰来亭や映湖楼とともに村の名勝である」と記されています。


お問い合わせ

+82-54-859-0025


ホームページ

http://www.imcheonggak.com
http://www.tourandong.com
http://www.cha.go.kr/


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-859-0025


位置

慶尚北道 安東市 臨清閣キル63