江陵 船橋荘(강릉 선교장)

  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)
  • 江陵 船橋荘(강릉 선교장)

説明

船橋荘(ソンギョジャン)は、江原道(カンウォンド)地域で最もよい状態で残されている品格を感じる上流階級・士大夫(サデブ)の家屋です。
江陵市(カンヌンシ)から鏡浦(キョンポ)方面に4キロメートル程離れたところにある船橋荘は、朝鮮時代の上流階級の邸宅を代表する建造物で、国家指定重要民俗資料(現・国家民俗文化財)第5号に指定されました。
船橋荘という名前は、鏡浦湖が現在の水面より広かった時代、湖の出入りに船を利用していたことから、この地域を船橋の村(船橋里=ソンギョリ)と呼んでいたことに由来しています。

船橋荘は朝鮮時代後期・朝鮮王朝第21代の王・英祖(ヨンジョ・1694~1776年)の時代の1703年、孝寧大君(ヒョリョンデグン)の子孫・李乃蕃(イ・ネボン/1703~1781年)が、イタチの群れを追いかけていたところ偶然見つけた風水地理的に素晴らしい土地・明堂(ミョンダン)に建てた邸宅で、現在でもその子孫が住んでいます。
延面積は1,051.24平方メートル(318坪)で、敷地入口の大門の左右に建つ長い行廊(ヘンナン=伝統的な屋敷で表門の両側にある部屋で、仕える者が居住)に囲まれた母屋や舎廊(サラン)チェ、東別堂(トンビョルダン)という家族が集まる部屋や祖先を祀る家廟(カミョ)などが整然と残っています。
門外には数百坪の広さを誇る池に浮かぶ活来亭(ファルレジョン)という東屋があり、また美しい庭もある完璧なまでの邸宅となっています。

船橋荘は建物のみならず、朝鮮時代後期の暮らしぶりや生活用品を研究する上でも大変貴重な史料となっており、周辺の景観とあいまり、素晴らしい風景の場所です。
船橋荘の舎廊チェの建物は悦話堂(ヨラダン/ヨルファダン)と呼ばれ、この建物には朝鮮王朝の歴代の王の事績を詠った叙事詩『龍飛御天歌(ヨンビオチョンガ)』や高麗史など、数千冊に及ぶ書籍、書、絵画が収められています。

*母屋
母屋は1700年代に世宗(セジョン)大王の兄にあたる孝寧大君の10代目の子孫・李乃蕃が建立した建物で、船橋荘の建物の中で最も庶民的な造りとなっています。居間とその向かいの部屋の間には広い板の間があり、さらに台所が居間と床続きとなっています。

*悦話堂
悦話堂は男主人専用の舎廊チェの建物として李乃蕃の子孫・李厚(イ・フ)が純祖15(1815)年に建てました。
建物の悦話堂という名称は、中国の詩人・陶淵明の散文『帰去来辞』にある「悅親戚之情話」という一文からとって名づけたと言われています。
悦話堂は三段になった長台石の基礎に建てられた楼閣形式の建物で、非常に風情のある造りとなっています。

*東別堂
東別堂は母屋につながる形で主人専用に建てられた別棟の建物で、李厚の子孫に当たる李根宇(イ・グヌ)が1920年に建てた「フ」の字型の建物です。東側に2室、西側に1室のオンドル部屋を設け、建物前面には広々とした板の間が、建物後方と東側には小さな縁側があります。

*活来亭
活来亭は船橋荘の庭内に掘られた人工の池の中に造られた東屋で、純祖16(1816)年、悦話堂に次ぎ建てられました。活来亭という名称は、朱熹の漢詩『観書有感』の一文「爲有頭源活水来」から取られたものと言われています。活来亭の建物は、池の中に石の杭を打ち池の上に浮いているように建てた「フ」の字型の楼閣形式の東屋です。活来亭は側面の各柱とのすべての間が4枚からなる格子戸となっており、部屋と板の間をつなぐ廊下の脇には客人をもてなす茶室もあります。

*その他
母屋と悦話堂の間にある書斎と書庫を兼ねて使われていた西別堂(ソビョルダン)は、過去、焼失の憂き目にあいましたが、1996年復元に漕ぎつけました。建物の正面には行廊チェの建物があり、また建物の横には元々倉庫として使われていたものの、開化期になり西洋から入ってきた新しい学問を教育した東進学校(トンジンハッキョ)の跡があります。


お問い合わせ

+82-33-648-5303


ホームページ

http://www.knsgj.net(韓国語)


ご利用案内

体験のご案内 : 伝統文化体験
※詳しくはホームページまたはお電話にてお問い合わせください。

お問い合わせおよびご案内 : +82-33-648-5303

駐車場施設 : あり

利用時間 : 夏期(3月~10月): 9:00~18:00
冬期(11月~2月):9:00~17:00


詳細情報

入場料
個人 - 大人 5,000ウォン / 青少年 3,000ウォン / 子ども 2,000ウォン
団体 - 大人 3,500ウォン / 青少年 2,000ウォン /子ども 1,000ウォン

※ 大人(満19歳~満64歳) / 青少年(満14歳~満18歳) /子ども(満8歳~満13歳)
※ 青少年料金 - 満65歳以上の高齢者などは青少年料金適用
※ 団体は30人以上から適用 ※ 伝統文化体験館をご利用のお客様は入場無料

利用可能施設
江陵船橋荘博物館、生活遺物展示館、教育館、民俗木工房、宿泊施設

トイレ
あり

駐車料金
無料

外国語案内サービス
訪問7日前までに文化観光解説士の予約を申し込んだ方のみ可能(江陵市庁文化観光ホームページで予約)

韓国語案内サービス
訪問7日前までに文化観光解説士の予約を申し込んだ方のみ可能(江陵市庁文化観光ホームページで予約)

位置

江原道 江陵市 雲亭キル 63 (雲亭洞)