大浦港(대포항)

  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)
  • 大浦港(대포항)

説明

雪岳山(ソラクサン)の麓の美しい海辺に位置する大浦港(テポハン)は、南から束草(ソクチョ)市へと入る際の関門となっているところで、雪岳山が一躍観光地として注目されると高級魚の集散地として有名となった港です。しかし束草が港として開ける以前には大浦港の方が広く知られた港でした。日帝強占期、そして韓国戦争前後に発行された韓国の地図には、束草の方は小さな町程度の扱いか、表示されないこともままありましたが、大浦港の方は東海(トンへ)の海岸の辺りをたどってみると、釜山港、浦項、大浦港、長箭港、元山港などというように大きな漁港と並んで表記されていたことからもそのことがよく分かります。ところが1937年7月1日付で襄陽郡道川面大浦里にあった面役場が束草里に移転し、続いて束草にある潟湖・青草湖(チョンチョホ)を整備し束草港が誕生したことから大部分の貨物船や漁船が束草へ移動してしまいます。その後、1942年10月1日には束草の街が拡大し束草邑へと昇格、一方、大浦港の方は漁船数隻が行き来する侘しい港になってしまいました。近年では漁港としての機能より観光スポットとしての大浦港の方が脚光を浴びています。大浦港が雪岳山や尺山(チョクサン)温泉、東海の海、青草湖や永郎湖(ヨンナンホ)などの美しい自然が近くにあることから訪れる人が増加し、また定置網にかかるヒラメ、ブリなどの高級魚のかなりの量が大浦港を経て取引されることから新鮮な魚を求め観光客が大浦洞の刺身店に集まってくるようになり、観光地としての大浦港がクローズアップされるようになりました。


お問い合わせ

+82-33-633-3171


ホームページ

http://daepo-port.co.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-33-633-3171

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休


位置

江原道 束草市 大浦港キル64 (大浦洞)