ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)

  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)
  • ソウル岩寺洞遺跡(서울 암사동 유적)

説明

1925年の漢江大洪水で遺跡が発見されて以降、発掘調査を重ね、1979年7月26日に「岩寺洞先史住居址」として国家指定文化財史跡第267号に指定された新石器時代の最大集団集落で、2011年に「ソウル岩寺洞遺跡(アムサドンユジョク)」に名称が変更されました。
約23,600坪ほどの敷地には芝生や木が茂り、556坪の2ヶ所の原始生活展示館、野外の9つの竪穴式住居および観覧客が直接入って新石器時代の人々の生活ぶりを見ることのできる開放型「体験竪穴住居」が設置されています。
原始生活展示館には、6000年前の家の跡地、櫛目文土器、石器、石斧など新石器時代の遺物および先史時代の映像を放映するのための約50席の映像室、新石器時代の人々の生活ぶりが見られる各種立体模型、発掘当時の現場縮小模型、自動作動62インチ3D映像プロジェクションTV、資料検索用タッチスクリーンコンピュータ、体験できる火おこし道具、記念写真撮影のための原人模型などが展示されています。
岩寺洞遺跡は韓国で最もよく整備された新石器時代の遺跡であり、特に出土遺物のうち、新石器時代の代表的な土器である櫛目文土器が有名です。


ホームページ

ソウル岩寺洞遺跡 sunsa.gangdong.go.kr(韓・英)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-3425-6520

駐車場施設 : あり

休みの日 : 1月1日、月曜日(月曜日が祝日の場合火曜日休館)

利用時間 : 9:30~18:00(入場締め切りは閉館30分前)
※朝の運動時間無料開放 10月~3月 6:00~9:00/4月~9月 5:30~9:00


詳細情報

入場料
大人500ウォン

利用可能施設
第1展示館、第2展示館、復元竪穴住居

トイレ
あり

位置

ソウル特別市 江東区 オリンピック路875 (岩寺洞)