ソウル大公園(서울대공원)

  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)
  • ソウル大公園(서울대공원)

説明

ソウル動物園
ソウル動物園は動物及び自然保護の意義を広める目的で設立されました。また同時に動物たちのために、より自然に近く快適な環境を確保し、動物が幸せに、そして観覧する人々も幸せになれる動物園を目指すとともに、動物園本来の機能である展示・保全・教育・研究にも力を入れています。また貴重な動物を次の世代に確実に引き継ぐという重要な動物保護・研究の役割も担っており、国際的に希少な動物のみならず韓国国内で絶滅危惧種となっている動物の保護や繁殖に関しても体系的かつ科学的な研究を行っています。同時にこのような活動と歩調を合わせ、さまざまな動物保護教育プログラムも推進しています。ソウル動物園は国際的にも野生動物の保護を目的とした活動・業績等において高い評価を受けており、韓国国内では唯一、ISIS(国際種情報システム)及びIUDZG-WZO(世界動物園機構)の正会員の資格がある動物園となっています。

ソウル大公園植物園
1985年に開園したソウル大公園植物園は鬱蒼と茂る森に囲まれた清渓山(チョンゲサン)の麓にあり、2015年6月にソウル市の機関として初めて公立樹木園に登録されました。主な施設としては温室植物園、植物標本展示施設、テーマガーデンなどがあります。植物園には観葉植物、サボテン、多肉植物、食虫植物、シダ類、バラなど1,262種41,989本の植物があります。温室植物園には熱帯・亜熱帯植物が栽培されており、多くの珍しい植物があります。植物標本展示室には植物標本及び写真が展示されており、テーマガーデンにはバラや野生花が栽培されています。またバラ園祭り、食虫植物展示及び植物教室、森体験教育などさまざまなプログラムも実施しています。

ソウル大公園テーマガーデン
ソウル大公園植物園の主要施設のひとつであるテーマガーデンは色とりどりのバラがたくさんあるバラ園や人懐っこくかわいい動物の住処であるこども動物園があります。幻想的なバラ園祭りや他の植物園では見ることができない植物展示、季節によりさまざまな花が咲く花虹園、動物教室、レベルの高い公演など多くの見どころや楽しさを提供しています。

ソウル大公園治癒の森
ソウル大公園治癒の森は公園の周囲を囲む清渓山(果川市莫渓洞)一帯に広がる森です。1984年、ソウル大公園の造成時に現在の治癒の森辺りに住んでいた約10世帯を別の場所に移転して更地にした後、本来の森を復元しており、ソウル近郊では見受けられない自然環境がよい状態で保護されています。毎年4月末から11月末まで(冬期は閉鎖)山林治癒プログラムを実施しており、主な施設としては治癒の森の道、水・風・陽光治癒場、香り庭園、森の中の広場、訪問者センターなどがあります。

森林浴場
ソウル動物園の周りの山中にある森林浴場は第8回美しい森全国大会で「美しい森の道」部門で受賞したことがあります。松、アズキナシ、ダンコウバイ、モンゴリナラなどの木など約470種の植物や、リス、野ウサギウサギ、イタチ、タヌキが生息している自然学習に最適な空間です。総延長8キロメートル(幹線6.9キロメートル・支線1.1キロメートル)にも及び、4つのわき道(オーストラリア館後方、南米館わき道、貯水池わき道、猛獣舎わき道)に分かれ、短いコースは30分、長いコースは3時間ほどあり森林浴を十分楽しめます。仙女池(ソンニョモッ)がある森、 交流の森など11のテーマコースがあり、清渓山中腹に上り坂、下り坂、平坦な散策路が適度にあるコースとなっています。そのためソウル近郊で森林浴を楽しもうという人々に人気です。特に「考える森」のそばには裸足で歩ける450メートルほどの道があり、癒しの空間となっています。

ソウル大公園キャンプ場
1986年11月に開場したソウル大公園キャンプ場は清渓山(チョンゲサン)の清流や鬱蒼と生い茂った森の中にあり、野営及び炊事、レクリエーション、ピクニックなどを楽しめる自然の空間です。主な施設としてはキャンプ場(150棟、1日収容人数1,500人)やバレーボール・バスケットボールコート、売店、シャワー室、駐車場などがあり、毎年3月から11月までの極寒期を除いた期間に開設されます。


ホームページ

http://grandpark.seoul.go.kr(韓・英・中)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-500-7335

駐車場施設 : あり(約6,750台/※お問い合わせ+82-2-502-7632)

休みの日 : 年中無休

利用時間 : 動物園
3月~10月9:00~19:00
11月~2月9:00~18:00

キャンプ場
日帰り利用9:00~19:00
テント利用時13:00~翌日11:00

テーマガーデン
3月~10月9:00~19:00
11月~2月9:00~18:00


詳細情報

入場料
公園
大人(満19歳~満64歳)5,000ウォン
青少年(満13歳~満18歳) 3,000ウォン
子ども(満6歳~満12歳) 2,000ウォン

テーマガーデン
大人 2,000ウォン
青少年 1,500ウォン
子ども 1,000ウォン

キャンプ場
大人 2,000ウォン(満65歳以上は1,000ウォン)
青少年 1,500ウォン
子ども 1,000ウォン

リフト
大人 6,000ウォン、青少年 4,500ウォン、子ども 4,000ウォン
※お問い合わせ +82-2-504-5657

象列車(園内バス)
大人 1,000ウォン、青少年 800ウォン、子ども 700ウォン
※お問い合わせ+82-2-3418-0998

位置

京畿道 果川市 大公園広場路 102 (莫渓洞)