榧子林(비자림)

  • 榧子林(비자림)

説明

天然記念物に指定されている「榧子林(ピジャリム)」は、樹齢500~800年のカヤの木が2,800株も密集して自生しているところです。木の高さは7~14メートル、直径50~110センチメートル、幅10~15メートルになり、世界最大規模のカヤの森林と言われています。この森林は村で神に捧げる祭祀をする時に使ったカヤの種子が四方に広がって育ったものと推定されています。
森林の中には済州道で最も古い木といわれる樹齢800年以上になるカヤがあります。高さ25メートル、周囲6メートルでカヤの先祖の木ともいわれています。また、森林の中には珍しい蘭と植物も自生しています。昔はカヤの実を駆虫剤として使ったり、油を絞って使ったりもしました。済州市が1992年、「榧子林」を散策路として整備し、森林浴が楽しめるようになりました。


ホームページ

http://www.visitjeju.net/


位置

済州特別自治道 済州市 旧左邑 榧子スプキル 55