清平寺(春川)(청평사(춘천))

  • 清平寺(春川)(청평사(춘천))
  • 清平寺(春川)(청평사(춘천))
  • 清平寺(春川)(청평사(춘천))
  • 清平寺(春川)(청평사(춘천))
  • 清平寺(春川)(청평사(춘천))

説明

五峰山に抱かれた千年の古刹。973年に白岩禅院として始まり、何度か改名され修復を経て、清平寺となって今日に至ります。高麗時代の学者・李資玄(イ・ジャヒョン)は、官職を捨ててここに落ち着き、自然の地形をそのまま生かして庭園を造りました。高麗時代の池の原型をとどめる影池などが、その痕跡を示しています。残念ながら歳月を経る中で朝鮮戦争も経験し、多くの遺物が失われました。現在まで残っている遺物には、清平寺回転門(宝物第164号)、清平寺三層石塔(江原道文化財資料第8号)、真楽公浮屠などがあります。清平寺の誇りである回転門は四天王門に代わるもので、輪廻転生を悟るという意味を持つ門です。清平寺には、お姫様と蛇に関する昔話が伝わっています。蛇に付きまとわれて苦しんでいたお姫様が、清平寺に来て供養をしたら蛇が離れたという伝説です。そのため、清平寺三層石塔は「公主塔」とも呼ばれています。清平寺の境内は大きくありませんが、周りの自然環境が美しく、そこに建物や影池などの人工的な要素が美しく調和しています。そのため、清平寺一帯は名勝第70号に指定されています。清平寺は陸路はもちろん、昭陽江ダム船着場から船に乗って行くこともできます。


お問い合わせ

+82-33-244-1095


ホームページ

cheongpyeongsa.co.kr


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-33-244-1095

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中開放

利用時間 : 00:00~24:00


詳細情報

入場料
(大人)2,000ウォン
船着場遊覧船(大人)往復7,000ウォン/片道4,000ウォン

位置

江原道 春川市 北山面 五峰山キル 810