紅流洞渓谷(홍류동계곡)

  • 紅流洞渓谷(홍류동계곡)

説明

紅流洞(ホンリュドン)渓谷は、伽倻山(カヤサン)国立公園入口から海印寺(ヘインサ)に至る全長およそ4kmの渓谷で、秋の紅葉が真っ赤に変わり、渓谷の水が深紅に見えるということからつけられた名称です。

渓谷の周囲にある松林の間を流れる清流が、奇岩奇石にぶつかる音は新羅時代末期の文人であった孤雲(コウン)崔致遠(チェ・チウォン=857年~未詳)先生の耳を遠くさせたといい、先生がカッという笠子帽と履物だけを残して、神仙になり消えたという伝説を物語るかのように、籠山亭(ノンサンジョン)や、詩句が刻まれた大きな岩があります。

紅流洞には重要文化財の籠山亭や落花潭(ナッカダム)、噴玉(プノク)瀑布など19の名所があり、特に籠山亭の向かい側には岩刻された崔致遠先生の親筆が刻まれた岩もあり、最も有名な名所となっています。
またこの紅流洞渓谷はは陜川(ハプチョン)八景のうちの第三景色に当たります。


お問い合わせ

国立公園管理公団伽倻山管理事務所 +82-55-930-8000


ホームページ

伽倻山国立公園 http://gaya.knps.or.kr (韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 伽倻山国立公園事務所 +82-55-930-8000

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休


詳細情報

入場料
無料
※文化財観覧料別途

トイレ
あり

位置

慶尚南道 陜川郡 伽倻面 伽倻山路 1502-9