国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)

  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)
  • 国立5.18民主墓地(국립 5.18 민주묘지)

説明

* 光州民主抗戦を称える場所、国立5.18民主墓地 *

国立5.18民主墓地は光州(クァンジュ)広域市北区にある公園で、5・18墓域とも呼ばれています。
文民政府(金泳三政権=1993~98年)発足とともに、5.18光州民主抗戦に対する再評価事業が行われ、また5.18民主化運動による犠牲者の墓地を民主化の聖地として作ろうという声が志ある国民から上がりました。光州広域市は韓国政府の支援を受け、光州広域市北区(プック)雲亭洞(ウンジョンドン)山34番地にある165平方キロメートルの敷地に、5.18墓地を造成しました。墓域内には5・18民主化運動で犠牲となった英霊の墓764基(2017年現在)が祀られており、このほか建築物7棟(民主の門、遺影奉安所、歴史の門、崇慕楼、追念門、管理棟、休憩室)や歴史空間、民主広場、参拝広場、展示空間、象徴造形物、光州民主化運動追慕塔、7つの歴史広場(義兵、東学、3・1運動、光州学生運動、4・19革命、光州民主運動、統一広場)、献樹記念碑、竣工記念塔などがあります。


* 忘れることができない現代史の痛み、5.18光州民主抗戦について *

5.18民主抗戦は1980年5月18日に始まりました。その前年の1979年10月26日に起きた朴正煕大統領暗殺事件後の政情不安の中で発生した後の大統領となる全斗煥少将らによるクーデター・12月12日事態、そしてこのクーデターにより政権掌握をした新軍部の陰謀に対し市民らが猛反発し民主化運動を韓国全国で展開、このような全国的な広がりを見せた市民らの抵抗運動を新軍部が鎮圧する過程で恣意的に行われた代表的な反民主虐殺事件がこの5.18光州民主抗戦です。この墓地は5.18民主抗戦の過程で犠牲となった光州市民の精神を称え、この地に再びこのような道理に反した出来事や独裁を許してはならないと戒めるとともに、生きた歴史の現場として活用されている場所です。また民主聖地を自らの手で作り上げるため始まった民主の木・献樹運動は5.18民主抗戦の崇高な精神を国内外に広く知らしめる機会にもなりました。


* 5・18民主化運動追慕塔*

5・18墓地の中央に位置している 5・18民主化運動追慕塔。四角い柱である塔身は40mの高さを誇り、韓国の伝統石造物で寺院の入口などに立てられた旗竿を支える2本の幢竿支柱(タンガンチジュ)を現代風にアレンジし形状化しました。追慕塔上部は2本の塔身が楕円形のオブジェを手で包み込むような形となっており、この形状は新しい生命の復活を象徴しています。時々刻々変化する太陽の光が追慕塔に反射する光の様子はあたかも希望の証となっているかのようです。


お問い合わせ

+82-62-268-0518


ホームページ

国立5.18民主墓地 http://518.mpva.go.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 5.18墓地管理事務所 +82-62-268-5184
光州総合観光案内所 +82-62-233-9370


詳細情報

入場料
無料

駐車料金
無料

位置

光州広域市 北区 民主路 200 (雲亭洞)