普信閣(보신각 터)

  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)
  • 普信閣(보신각 터)

説明

宝物第2号に指定された「普信閣(ポシンカク)」は、ソウルの繁華街・鍾路(チョンノ)の交差点にあります。この普信閣の鐘は朝鮮時代、時を知らせる役目をした鐘で、当時ソウルには人々が出入りする4つの大きな門があり4時に33回打てば城門を開き、午後7時に28回打つと閉め、都への出入りを規制するといった役割を果たしていました。
元々の普信閣鐘は壬辰倭乱の時火に溶けて無くなりましたが、1468年(世祖13年)に再び作り直され国立中央博物館に保存されています。現在鍾路にある鐘は全国の人々からの寄付により集められたお金で1985年に作られたものとなっています。
普信閣のある鐘閣はソウル市が1979年に作ったもので、普段は進入禁止となっていますが、毎年12月31日に行われる打鐘式には毎年たくさんの人が訪れ33回の鐘の音を聞き一年最後の締めくくりをします。


お問い合わせ

+82-2-2148-1822


ホームページ

鍾路文化観光http://tour.jongno.go.kr/(日本語あり)
文化財庁http://www.cha.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 鍾路区文化課(文化財管理チーム)+82-2-2148-1822

駐車場施設 : なし

休みの日 : 年中無休


詳細情報

入場料
無料

位置

ソウル特別市 鍾路区 鍾路54 (貫鉄洞)