双磎寺(河東)(쌍계사(하동))

  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))
  • 双磎寺(河東)(쌍계사(하동))

説明

聖徳王21年(722年)に義湘大師の弟子である三法が創建した双磎寺(サンゲサ)は、全羅南道求礼邑から21キロメートル地点の、慶尚南道河東郡花開面花開里から雲樹里までの6キロメートル桜の木が並んでいる智異山の南の麓にあります。初期の名前は玉泉寺でしたが、その後、文聖王2年(840年)に真鑑国師 が再建した後、887年定康王が、禅寺の徳を仰いで双磎寺と改称しました。今の建物は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)のときに消失したものを再建したものです。
双磎寺の春の桜は特に有名で、渓谷の澄んだ水と奇岩、古木が優れた景勝を作り出しています。境内の見所としては崔致遠の親筆である双磎石文、真鑑禅師大空塔碑(国宝47号)を過ぎ、北側500メートルほど行くと国師庵の庭に天然の楡の木、また東側に2キロメートルほど行くと青鶴峰と白鶴峰のふたつの渓谷を有する高さ60メートル幅3メートルのプリル瀑布(智異山10景のひとつ)などの名所があります。
また、 双磎寺はお茶とゆかりの深い場所で、新羅・興徳王3年(828年)金大廉が唐の国に使臣として行って帰国した際、初めてお茶の種を持ち込み、王令で智異山の南側、双磎寺一帯に植え、最初の栽培地と言われています。そのため、お茶の栽培地記念碑(道記念物第61号)もあります。


お問い合わせ

+82-55-883-1901


ホームページ

www.ssanggyesa.net(韓国語)


ご利用案内

体験のご案内 : テンプルステイ

お問い合わせおよびご案内 : 双磎寺 +82-55-883-1901
双磎寺入場券売り場 +82-55-883-7019

駐車場施設 : あり


詳細情報

入場料
大人2,500ウォン

トイレ
あり

韓国語案内サービス
可能

位置

慶尚南道 河東郡 花開面 双磎寺キル59