慶熙宮(경희궁)

  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)
  • 慶熙宮(경희궁)

説明

※2019~20 韓国観光100選※

史跡第271号である「慶熙宮(キョンヒグン)」は、セムナン大闕、または西側の宮闕であることから西闕とも呼ばれました。朝鮮時代後期の離宮(有事の際に王が避難したところ)であった慶熙宮は、朝鮮時代の仁祖から哲宗に及ぶ10代の王が居住していたところ。低い山の傾斜の地形を利用して建てられ、伝統美と歴史的由緒を誇る宮廷です。当時は徳寿宮とつながる歩道橋があり、政殿である崇政殿をはじめ資政殿、寝殿である隆福殿、会祥殿など約100棟に及ぶ大小の建物がありましたが、日帝強占期に日本人学校である京城中学校(現在のソウル高等学校)が建てられたため、ほとんどの宮廷が壊され移転したという経緯があります。1987年にソウル高校が江南に移転した後、公園になりました。公園内にはソウル市立美術館、散策路などがあり、新羅ホテルの正門として使用されていた興化門は元の場所に戻され、崇政殿の復元は1994年11月に終わりました。


ホームページ

慶熙宮 http://www.cgcm.go.kr/GHP_HOME/jsp/MM00/main.jsp(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-724-0274~6

駐車場施設 : ソウル歴史博物館駐車場(有料)

休みの日 : 月曜日、1月1日

利用時間 : 9:00~18:00


詳細情報

入場料
無料

トイレ
あり

位置

ソウル特別市 鍾路区 新門安路55 (新門路)