伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)

  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)
  • 伴鴎亭と黄喜先生遺跡地(반구정과 황희선생유적지)

説明

伴鴎亭(パングジョン)は、高麗時代末期から朝鮮時代第4代の王・世宗(セジョン・即位1418~1450年)の治世に至るまで長きに渡り王を輔弼し89歳という長寿を全うした清廉潔白な官吏・ 黄喜(ファン・ヒ=1363~1452年)が晩年、官職を退き、故郷に戻り、鴎を友とし過ごした、臨津江(イムジンガン)下流の絶景の場所に建てられた亭子(東屋)です。そのすぐそばの少し高くなった場所には六角屋根のもうひとつの亭子・仰止台(アンジデ)もあります。
南北分断の現実を実感できる鉄条網が伴鴎亭のある丘と臨津江の間を遮り、また陽が落ちる頃になると寂しさと美しさが同時に感じされる、そんな場所が伴鴎亭です
朝鮮時代中期の文臣で学者でもあった許穆(ホ・モク)の『伴鴎亭記』ではこの場所を「朝汐の時になると白い鴎は川上へ群れをなし集まり、砂原はいっぱいとなる」と描写しています。

1452年黄喜がこの世を去り黄喜の遺徳を称えるため建てた厖村影堂(パンチョンヨンダン)や、祭祀を行う景慕斎(キョンモジェ)が同じ敷地内にあり、臨津江を眺める黄喜の銅像も立っています。
また慶尚北道(キョンサンプクド)尚州(サンジュ)にある玉洞書院(オクトンソウォン)や全羅北道(チョルラプクド)長水郡(チャンスグン)にある滄渓書院(チャンゲソウォン)でも同じように黄喜を祀る祭祀を行っており、黄喜の墓は伴鴎亭から同じ京畿道北部にある汶山(ムンサン)の方へ向かった京畿道(キョンギド)炭県面(タンヒョンミョン) 金縄里(クムスンニ)の山の稜線にあります。
黄喜は左遷、罷免、配流など数々の苦難に遭遇しながらも、60年にわたる官職を貫き、法律や制度の整備、世宗大王のハングル創製に尽力するなど太平の御代を打ち立てる偉業を成し遂げました。

この場所とは異なりますが、同じように鴎を友とするという名称がついた亭子・狎鴎亭(アックジョン)もソウルの漢江(ハンガン)縁に建てられ、世宗大王の時代の文臣・韓明澮(ハン・ミョンフェ)が自らの号を取って狎鴎亭と命名しました。 現在ではその亭子は姿を消し、地名のみが狎鴎亭洞という形で残っており、その跡地は現在のソウル特別市江南区狎鴎亭洞にある現代(ヒョンデ)アパート11棟の裏手付近に当たります。


ホームページ

坡州文化観光 http://tour.paju.go.kr(韓国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 坡州市文化芸術課 +82-31-940-5831

駐車場施設 : あり(30~40台)

休みの日 : 月曜日(月曜日が公休日の場合は翌日)

利用時間 : 夏期(3~10月) 9:00~18:00
冬期(11~2月) 9:00~17:00
※ 入場は終了時刻30分前まで


詳細情報

Restrooms
あり

Parking Fees
無料

Facilities for the Handicapped
専用駐車エリアあり

Admission Fees
個人 - 大人 1,000ウォン/子ども 500ウォン
団体 - 大人800ウォン/子ども 400ウォン
※ 大人(満19歳~満64歳) 子ども(満6歳~満18歳)
※ 団体料金適用:大人30人以上、子どもなどは10人以上から適用
※ 入場無料:満65歳以上、あるいは満5歳以下の方

Korean Info. Service
可能

位置

京畿道 坡州市 汶山邑 伴鴎亭路85番キル 3