草梁イバグキル(초량 이바구길)

  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)
  • 草梁イバグキル(초량 이바구길)

説明

釜山広域市東区(トング)にある「草梁(チョリャン)イバグキル」は、釜山の歴史と文化が息づくテーマのある道。
イバグとは地元・慶尚道の方言で、話・ストーリーと意味することばで、いわば「話の道」「ストーリーのある道」という意味。
このイバグキルには、19世紀末の釜山港の開港を皮切りに、日帝強占期(1910~1945年)、1945年の植民地支配からの解放からしばらくして勃発した韓国戦争(1950~1953年・休戦)により多くの人々が避難民として逃れ釜山に生活の場を築き始めた1950年代から60年代、高度経済成長に沸いた1970年代から90年代の釜山にまつわる逸話がたくさん残っています。
総延長1.5kmのイバグキルは、釜山駅の向かい側にある釜山初の物流倉庫・南鮮倉庫跡を起点に、旧百済病院の建物、草梁初等学校の塀に設けられたイバグギャラリー、井戸、168階段、金敏夫展望台、堂山(タンサン)、 望陽路(マンヤンノ)へと続いています。
中でも、歌曲『待つ心』を作詞した地元・釜山市東区出身の詩人・金敏夫(キム・ミンブ)氏の名を刻した金敏夫展望台は釜山港を一望できる最高のスポットで、その眺望が美しいと評判のところです。
医療奉仕活動を積極的に行った韓国のシュバイツァーと名高い医師・張起呂(チャン・ギリョ=1911~1995年)博士の貢献を称え建てられた張起呂記念館には健康支援センターがあり、また急な道という意味の慶尚道の方言・カッコマクから名付けられたカフェ・ゲストハウス「カッコマク」では山腹道路ツアーや体験プログラムも実施しています。
イバグキルの端にある2階建ての建物にある「イバグ工作所」は地元の歴史館のような施設で、マウル(村)資料館、展望デッキなどもあります。


ホームページ

http://tour.busan.go.kr/index.busan(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-51-441-3121


位置

釜山広域市 東区 草梁上路 49 (草梁洞)