アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))

  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))
  • アートバレーと抱川石(漢灘江国家地質公園)(아트밸리와 포천석(한탄강 국가지질공원))

説明

※2019~20 韓国観光100選※


抱川石(ポチョンソク)と呼ばれるアートバレーの花崗岩は韓国国内で大変有名な造景石として珍重され、現在でもアートバレー周辺の採石場から採掘されています。
この花崗岩はおよそ1億9000万年から1億5000万年前に最も激しい火成活動として知られている大宝(テボ)造山運動によって生成、この時期に大規模のマグマが数回にわたり貫入し形成された花崗岩類を大宝花崗岩と呼んでいます(キ・ウォンソ外、2005年;ファン・ジェハ、キム・ユホン、2008年)。

アートバレーで見られる特長的な地質構造は節理発達による塔状の岩・トア(Tor・塔岩または立岩)があります。トアは地下から圧力を受けた岩盤が地表に露出する際その圧力が開放され、水平・垂直節理が発達するようになります。その後、節理に沿って水や風による風化が進行し、岩石が風化によってもろくなり生成した土壌・サプロライト(saprolite)や真砂土ができます。このような球状風化(spheroidal weathering)により岩盤の新たに突出した部分が岩塊として残り、この部分がトアになります。
<出典:漢灘江地質公園>


お問い合わせ

+82-31-538-3483


ホームページ

抱川アートバレー http://artvalley.pocheon.go.kr/(韓・英・中)
漢灘江地質公園(ジオパーク) http://www.hantangeopark.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 抱川アートバレー +82-31-538-3483
漢灘江地質公園(ジオパーク) +82-31-538-2312

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休

利用時間 : 9:00~19:00(最終入場18:00)


詳細情報

入場料
大人5,000ウォン

位置

京畿道 抱川市 新北面 アートバレー路234