国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)

  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)
  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)
  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)
  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)
  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)
  • 国立4.19民主墓地(국립4.19민주묘지)

説明

三角山(北漢山)の麓にある国立4.19墓地は李承晩政権打倒を叫び1960年4月19日に起きた4.19革命(民主化運動)の際、犠牲となった224人の合同墳墓です。犠牲となった人々を称える記念塔が建てられ、記念塔の中央には志半ばで犠牲となった人々を讃える碑文がきざまれています。

135,901平方メートルの墓地の境内には松やイブキ、イチイやカエデなどが多く美しい景観で、1,752平方メートルの広さを持つ記念館や韓国式の木造建築で331平方メートルの規模を誇る犠牲者の遺影を祀る遺影奉安所などがあります。

その他、象徴門、民主の根、正義の火花なのど彫刻作品や蓮池があり、歩道のブロックをきれいに敷詰めた散策路や野外ベンチなどもあります。

桜が咲く春、公園から臨む三角山は母親の胸のような温かさと華やかさを同時に感じることができ、夕陽が沈む光景も素晴らしい場所です。


お問い合わせ

国家報勲処 4.19国立墓地管理事務所 +82-2-996-0419


ホームページ

国立4.19民主墓地 http://419.mpva.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 国立4.19民主墓地管理所 +82-2-996-0419


位置

ソウル特別市 江北区 4.19路8キル 17 (水踰洞)