興国寺(高陽)(흥국사(고양))

  • 興国寺(高陽)(흥국사(고양))
  • 興国寺(高陽)(흥국사(고양))

説明

興国寺の建立は新羅時代の西暦661年(新羅文武王元年)に当代最高の高僧であった元暁大師が北漢山の元暁岩で修行中、北西の方角で縁起のよい機運が起こるとみて山を下りここにたどり着いたことが契機となりました。

瑞気を発している石造の薬師如来像を観た元暁大師が因縁の道場と考え、本殿に薬師如来を奉り「縁起のよい光が発せられるところゆえこれから数多くの聖人が輩出される」として寺の名前を興聖庵とし、今日の興国寺が建立されたと伝えられています。

その後、寺の歴史をかいまみる史料がなく詳しい変遷については分からない面もありますが、1686年(朝鮮時代の粛宗12年)に改修された事実や朝鮮時代の英宗が即位したあとの時代に大きく発展したという記録が残っています。以降さまざまな僧侶が寺を修繕するなどして今日に至っています。



お問い合わせ

興国寺 宗務所


ホームページ

興国寺 http://www.heungguksa.or.kr (韓国語)
興国寺(テンプルステイ)http://heungguksa.templestay.com (韓国語)


ご利用案内

体験のご案内 : [テンプルステイ]
(休息型) 心の休止符を打つ(最大7泊まで)
・寺院で自由に自分だけの時間をもつプログラム
・365日常時実施

(当日型)テンプルステイ
・短時間に仏教文化を味わうプログラムで茶道体験、寺院案内、108拝及び写経などさまざまな体験のうち2~3つを選択
・文化体験(蓮花工芸、数珠作り、らくがん作り、子ども僧イラスト塗り絵、般若心経拓本など)、修行瞑想(108拝、座禅、写仏、写経)、茶談(僧侶との対話)など選択可能
・5人以上の団体申請時個別日程実施

(体験型)本当の自分を捜して
・毎週末1泊2日の日程で実施/団体や機関など申請時、平日でも実施可能
・寺院での礼節習得、108拝及び短珠作り、供養、蓮花灯作り及び仏教儀式参加、瞑想、写経、境内散策、茶道体験など実施。

(予約問合せ) http://www.templestay.com/
  テンプルステイ事務室+82-2-381-7980


お問い合わせおよびご案内 : +82-2-381-7970
+82-2-381-7980(テンプルステイ問合せ)

駐車場施設 : 駐車可能

休みの日 : 年中無休


詳細情報

外国語案内サービス
不可

位置

京畿道 高陽市 徳陽区 興国寺キル 82 (紙杻洞)