圜丘壇(환구단)

  • 圜丘壇(환구단)
  • 圜丘壇(환구단)
  • 圜丘壇(환구단)
  • 圜丘壇(환구단)
  • 圜丘壇(환구단)
  • 圜丘壇(환구단)

説明

「圜丘壇(ファングダン)」は天に祭祀を捧げた祭天壇です。韓国の祭天儀礼は三国時代から豊作を祈ったり雨ごいを行うことから始まりました。『高麗史』によると制度化された圜丘祭は、高麗・成宗の時からと伝わっています。朝鮮初期には祭天儀礼はさほど重要性を持つことができず抑制され、世祖の時代には王権強化のために圜丘祭を復活させたものの世祖10年には廃止されました。高宗が大韓帝国の皇帝に即位すると天子(皇帝)として祭天儀式を行うようになりました。今の圜丘壇は1897年(高宗34年)、高宗の皇帝即位式と祭祀を執り行えるように、昔の南別宮址につくられた壇地です。その後、壇地内には花崗岩でつくられた基壇の上に3階八角屋根の皇穹宇を1899年に増築して神位版が奉安され、1902年には高宗即位40周年を記念して皇穹宇横に石鼓壇がつくられました。日帝強占期に圜丘壇の一部を取り壊し朝鮮ホテルが建設され、現在は皇穹宇、石鼓、3つのアーチを持つ石造りの三門が残っています。


お問い合わせ

+82-2-3396-5882


ホームページ

中区文化観光http://www.junggu.seoul.kr/tour/jpn(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 公園緑地課(文化財)+82-2-3396-5882


位置

ソウル特別市 中区 小公路112 (小公洞)