慶州 南山 神仙庵磨崖菩薩半跏像(경주 남산 신선암 마애보살반가상)

説明

慶州の南山は遺物、遺跡の宝庫と言えます。ここに行くと三国時代から統一新羅後期までの仏像すべてを見ることができます。そのうちのひとつ磨崖菩薩半跏像は高さ1.4mで七仏庵の上にまっすぐに立っている南側の岩に刻まれています。まるで雲の上に座っているかのように見えます。頭に三面宝冠をかぶっていて菩薩像であることがわかります。表情が豊満で目をそっと閉じて考え深い姿で雲の上の世界から衆生を見ているようです。右手には花を持っていて、左手を胸元まであげて説法する様子を表現しています。天衣はとても薄く、身体の屈曲が見えて衣服のすそは台座を覆っています。統一新羅時代8世紀後半の作品であるとみられています。


お問い合わせ

慶州市 +82-54-779-6079


ホームページ

慶州文化観光 http://guide.gyeongju.go.kr(日本語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 慶州市 文化観光課 +82-54-779-6079



位置

慶尚北道 慶州市 七仏岩キル201 南山洞