涵碧楼(함벽루)

説明

陜川八景のうち第五景である「涵碧楼(ハムビョンヌ)」は高麗忠粛王8年(1321年)に陜州支軍金某(キム・モ)が創建し、数回にわたって修造されました。吹笛峰のふもとにあり、黄川と正陽湖を眺めることのできる美しい風景で多くの文人墨客が風流を楽しんだ場所で、退渓李滉(イ・ファン)、南冥曺植(チョ・シク)、尤庵宋時烈(ソン・シヨル)などの文字刻まれた扁額が楼閣内部のかけられています。岩壁に刻まれた「涵碧楼」の文字は宋時烈によるものです。


ホームページ

http://www.cha.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-55-930-3178


位置

慶尚南道 陜川郡 陜川邑 竹竹キル80